ピクシブ百科事典

ぴく竜騎

ぴくりゅうき

王道系ファンタジー交流企画
目次[非表示]

正式名称:『PIXIV DRAGOON』
開催期間:2010年8月1日~
毎週土曜日に公式絵チャットが開催されている。
非公式・ぴく竜騎まとめ

企画概要

【企画目録】PIXIV DRAGOON【ぴく竜騎】



ドラゴンについて
異世界の来訪者の扱いについて
公式Q&A
公式バトルイベント注記
隔離タグについて
進化システムについて

あらすじ

"むかしむかし せかいには わるいドラゴンが すんでいました
わるいドラゴンは たかいやまのうえに すんでいました
ときどき むらにおりてきては ひとやどうぶつをたべて みんなをこまらせました
ひとびとをまもるため ドラゴンとこころをかよわせる せんしたちが
ドラゴンにまたがった ドラグーンとなり
わるいドラゴンをたおし せかいはへいわになりました"

世界観

世界に決まった名前が無く、舞台は約8割が未開拓の大陸に唯一存在する国「アコティリア」
アコティリアではドラゴンの家畜化に成功し、ドラゴンと共に生活している。
人間、ドラゴン、エルフが存在しており、人々の生活はドラゴンの存在でなりたっている。
※人・エルフ<ドラゴンという世界観。後述のキャラクター設定に関係あり。

ちなみに冒頭の物語は、アコティリアで最も有名な昔話である。


ドラゴンについて

ドラゴンにはそれぞれ属性があり、それに対応した魔力によりブレスを吐く。
属性は日月火水木金土があり、ドラゴン一種につき一属性を備えている。
種によっては様々な属性をもつドラゴンも確認されている。
各属性には有利・不利があり、また特定の属性を強めることもできる。

属性説明   有利な属性不利な属性強める属性
傷を癒す力-
火や熱を操る力
水や冷気を操る力
雷を操る力
毒を操る力
岩や砂を操る力
どの属性にもない力-
※エルフの使用する魔法も同じ属性関係。


参加方法

公式テンプレート(未透過版透過版キャラシ透過版ドラシ)を使って、キャラクターやドラゴンを投稿することが必須条件。ファンアートや背景のみの参加は禁止。

キャラクター/キャラクターシートについて

■名前、性別などの基本的な項目の他、職業も設定する。
 例:竜騎士、研究者、傭兵、医者、ブリーダー、商人etc...
■キャラ1人につき、乗れるドラゴンは一体まで。
■投稿したキャラシには、【ぴく竜騎:キャラクター】、【ぴく竜騎:職業】のタグをつける。
■企画目録にイメージレスポンス必須。
■キャラクターの投稿は参加者一人につき三人まで。

■エルフ/ハーフエルフについて
 長い耳、長い肢体が特徴の種族。ドラゴンとのコミュニケーション能力に長けている。
 ドラゴンと同様、一人一属性(上記参照)をもち、それに対応した魔法を使うことが出来る。(属性は遺伝)
 しかしドラゴンに比べて、魔力や精度は遥かに劣る。
 ※「人・エルフ<ドラゴン」という世界設定であることを忘れず!
 寿命は人間の2〜3倍。
 ハーフエルフの場合は、寿命は人間の1〜1.5倍。魔力はエルフの半分となる。

ドラゴンシートについて

■投稿されたドラゴンは、特定のドラゴン一頭ではなく、ドラゴンの一種類として識別される。
 (自動的に、投稿されたドラゴンは何匹もいる設定となる)
■竜人などの中間的な存在は投稿不可。
■別種の竜同士の交配は可能。その際は親二体の特徴を子が引き継ぐため特徴がかけ離れすぎないようにする。
■種族名、高さ(heightと明記されているが、全長を書いても可)の他にドラゴンシートのみの項目がある。

  • TAPE(属性):上記「ドラゴンについて」を参照
  • EVOLUTION LV.(進化レベル):ドラゴンが進化するレベル。閲覧数で設定する。
 これはドラゴンシートの閲覧数ではなく、そのドラゴンをパートナーとして選んだ参加者が投稿した交流絵(パートナーとドラゴンのペアが描かれているもの)の閲覧数が基準となる。進化した場合は、また新たにドラゴンを投稿することになる。(進化できる閲覧数に達しても進化するかどうかはパートナー参加者の任意)
  • ABIRITY(特殊能力):その種族がもつ特殊能力や必殺技。個々の属性に関するものや、体の特徴に関するものなど様々。
  • パラメータグラフ:体力、攻撃力、魔力、知能、親密度(なつきやすさ)、機動力の6つの項目を10段階で設定する。
ただしパラメータの合計が40以下になるように設定すること。
※パラメータの細かい判断基準はこちらを参照

関連タグ

企画目録 交流企画 ドラゴン ファンタジー

pixivに投稿された作品 pixivで「ぴく竜騎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258188

コメント