2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「当然よ!わたしはなんでもできなくちゃいけないの!」

プロフィール

英語表記Astrea・Anthem
年齢13→15
誕生日8月26日
身長143㎝
体重35㎏
出身地ブラッドレルム 旧帝国領 帝都 グロズヌイ
趣味財にものを言わせて買ったゴルドニアファミリーを見せびらかすこと
好きな食べ物桃のタルト、甘酒(飲むと酔う)
嫌いな食べ物フォアグラ、イモムシ
好きなアイドルスウィートレルムズ エヴァ
苦手なもの動物(特に犬)
声優貫井柚佳
周年人気投票4位→7位→1位→1位(殿堂入り)


概要

Happy Elementsのカカリアスタジオによって配信されているゲーム『ラストピリオド』の登場人物の一人。

13歳の誕生日に母親にアンセム家に代々伝わる魔装を引き継ぐ。

それが彼女の成長記の始まりであった——。

人物

負けず嫌いなとこだろ?辛いのに強がってたりするとこだろ?あとは・・・・・・まぁ一番は家族思いなとこだな!

現在のブラッドレルムの中核を担う7大諸侯のアンセム家の一人娘であり、次期領主にあたる13歳の女の子。
母は旧帝国の皇帝であり現領主であるアンセム。アストレア専属のメイドであり、ボディーガート兼教育係にはかつての帝国の宰相であるオラトリオがついている。父親は誰かは不明である。
普段は教育係のオラトリオと一緒にいることが多い。そのためアンセムは若干羨ましがっている。

アンセム家の一人娘の女の子で、プライドが高く高飛車な振る舞いがよく目立つが、かなりの努力家である。その努力は学業でよく見られ、テストでは常にトップといった形で結果が出ている。
なぜここまでプライドが高いかと言うと、家柄や次期領主としての重圧、何をしてもどこに行ってもアンセム家の娘としか見られないこと、母から授かった大切な名前を誰にも呼ばれないことなどに苦しんでいること原因である。
しかし内面は同年代の女の子同様明るく無邪気な性格をしており、そこそこの面倒くさがりである。
そして普段は表には出さないが、家族や友人を人一倍愛しており、彼女の戦う動機にもなっている。
しかし、それが彼女にとって最大の弱点にもなってしまった。
彼女の高飛車な振る舞いは内に抱える寂しさをごまかすためである。
そんな彼女を時には厳しく、時には優しく正しい方向に導いてくれているのがオラトリオである。
ちなみに煽り耐性はほぼない。
そのおかげで問題を引き起こすこともあるが、その度に大きく成長している。

また、あまりにも大金持ちであるためか世間知らずなところがあり、間違った知識などを持っていることも多々ある。
その中でも特にひどいのが動物や獣人に対しての偏見などであり、一時期は見るのも無理というほどひどかった。
修学旅行の際は獣人の恰好している(限定アストレアの服装がそれである)。さらにフリージアにもさせた。
強引に着せたか、これは彼女なりにフリージアを護ろうとしているのかもしれない。
動物の中でも特に犬を嫌っている。アストレアは犬とイモムシならイモムシの方がましというほどである。
しかしイモムシは口に合わなかった

彼女は褒められたりした時に「これくらい当然よ!私は何でもできないといけないの!」と言うことが多い。
実際、オラトリオの教育のおかげで彼女はいろんなことができる。
しかし、そんな彼女にも苦手なこともある、いや苦手なものばかりである。
その一つは歌を歌うことである。
彼女は隠してはいたが(オラトリオにはばれていた)音痴であり、歌のテストが近づいて追い詰められた際はオラトリオに頭をさげて音痴を治すためにお願いしていた。
その時は“たまたま”家に侵入していた歌人に歌を教わった。その際、アストレアは非常に熱心に歌の練習に取り組んでいた。

また朝起きることも苦手である。彼女は朝に非常に弱く1人で起きれない為、いつもオラトリオに起こされている。最初は優しく起こそうとするオラトリオではあるが、全く起きようとする気がないため、頭を揺らしたり、大声で叫んだりして起こしている。その際、オラトリオに対して非常に激しく激昂する(自分が悪いと思うんですが・・・)。
さらに母親であるアンセムに叱られること、部屋の掃除や整理整頓をして綺麗にすることも苦手としてる。

更に母親共々金銭感覚が破綻しており、オラトリオがストッパーとして何とか機能している。

こんな彼女ではあるが、母であるアンセムやオラトリオを始めとした多くの民からも愛され、温かく見守られており、今日も母の背中を追い掛けて成長している。


主な関係紹介


  • アンセム
現在の旧帝国領主でありアストレアの母親。非常にクールで落ち着いた性格をしており、性格はまったく似なかったといわれるほど・・・・・・と思いきや、金銭感覚の破綻だけはそっくりであった。
オラトリオに教育係を任せたはいいものの、オラトリオばかりアストレアと仲良くしていること、お嬢様吸いなど自分だけできないことをしていることに嫉妬しており、距離感があることをかなり気にしてる模様。
容姿はアストレアにそっくりで、アストレアが大人になったような姿である。そのためか非常に若く見られてしまうため、親子と知らぬものからしたらアストレアのお姉さんにしか見られない。その代わりオラトリオがお母さんのように見られてしまう。
しかし、皇帝ということもあり、非常に威厳のようなオーラが出ている。
いまではママセムとユーザー、そして公式から呼ばれているが、秩序を守るために自身の感情を生贄にしていた経歴がある。幼い頃はアストレアのように明るく、笑顔が可愛い女の子だった模様。
怒るとかなり怖いらしく、アストレアへの説教の脅し話で獣人への苦手意識を作ってしまった張本人でもある。

  • オラトリオ
領主アンセムとは古い付き合いで、幼い頃から当時の帝国の秩序のためにともに活動していた。アンセムが母親となってからは、厚い信頼から彼女の子であるアストレアの教育係を任されており、ときに優しく、ときに厳しく容赦ない意見を交えつつアストレアを導く立場となっている。アストレアが生まれたときから傍に控え、成長を見守ってきたため、アストレアがアンセム家の色眼鏡から抱える孤独や重圧を理解しているが、その上で厳しくせねばならないと努めて振舞っている。また、アストレアが魔装に乗っ取られ暴走してしまった時は体を張って助けたりした。素直ではないアストレアのせいで誤解を生まないためにアストレアの本心を通訳したりしている。かなりの苦労人ではあるものの、アストレアからも非常に信頼されており、アストレアも常に自分を正しく導いてくれる存在であると認めている。ただ、アストレアが思春期のためか反発をすることも多い。それでもたとえ憎まれ役となろうと、アストレアが公の場で恥をかくことがないように厳しく接している。それは常に冷静沈着でクールな彼女なりのアストレアへの心からの愛情の表れである。
ちなみにアストレアと母親のアンセムの二人のストッパーになっている。

  • フリージア
自称アストレアのライバル。アストレアの数少ない友人の一人である。アストレアに対して殆どの同級生は媚を売ったりしているが、フリージアはアストレアを一方的にライバル視し、度々勝負を挑んでいる(なおアストレアには常に1歩先をいかれてしまっている模様)。言い争いや張り合いなどを良くしているため、一見仲が悪いように見えるが、二人とも心の底から親友であると認め合っている。と言ってもどちらも本人の前では絶対に言わないが・・・要するにどっちもツンデレである。
限定化イベントでは、アストレアと一緒の班で修学旅行を楽しむことになった。甘酒で酔ったアストレアを介抱したり、アストレアが寝ているときに見張りをやったりしたため、飲み水が無くなり脱水症状になった。
また、アストレアと一緒にサバイバルをする最中、イモムシを食べたり(アストレアを煽って一緒に食べた)、一緒に泣いたり、逃げたり…とにかく仲のいい二人である。
人形焼きイベントではエメラルドがいないため代表して先陣をきったアストレアに続いて儀式を行った。
余談だが限定版のフリージアと限定版アストレアはスキルの相性が極めてよい。

  • イヴ
ブラッドレルム及び、六大国のすべての人々を虜にした伝説の元スーパーアイドル。あまりの人気からブラッドレルム最大の人口を誇る旧連邦領の民にほぼ100%の得票率で選ばれた旧連邦領の領主。規格外のカリスマから、ブラッドレルムでは『暁を告げた光の鶏』と呼ぶ者もいる。
彼女は応援されてるならとんでもない力を発揮することが可能な魔法を使える。そこに彼女のポジティブな性格も相まって、とんでもない力をもって殴る戦闘スタイルをとる(アイドルなのに殴る戦闘スタイルなのか…)。
ツッこんでもツッコミ切れないのが彼女の良さである。
アンセム家の治める旧帝国領とは昔から親交が深く、アストレアからは「イヴおばさま」と呼ばれており、非常に仲がいい模様(元スーパーアイドルをおばさま呼び出来る数少ないキャラクターである)。

  • エヴァ
国際的アイドルグループのスウィートレルムズのブラッド担当のメンバー。
伝説のアイドルであるイヴを母に持つ少女であり、彼女自身も母にあこがれアイドルになったが、母ほどの人気を得られず悩んでいたところをスカウトされる。
母との差を知ったため少しひねくれているが、根は真面目な性格である。
アイドルは体力仕事とイヴから聞かされたため、イヴに負けないように毎日厳しい筋トレをしている。筋肉という形で努力が結びつくのが嬉しいようで、ますます筋トレをしているためか、「筋トレアイドル」として徐々に人気が高まっている(本人は恥ずかしい模様)。
しかし、イヴとの力比べでは負けてしまう模様(あいつは強すぎた)。
アストレアとは幼馴染であり、アストレアにとっては良き姉であり、エヴァにとっては可愛い妹である。
アストレアはエヴァのことが大好きであり、エヴァの一番のファンであると豪語している。
アストレア曰く、エヴァのダンスはキレがよく、かっこいいらしい。
名家のお嬢様としてではなく一人の女の子として、姉が大好きな妹としての貴重なアストレアがみることができる。


関連タグ

ブラッドレルム ラスピリ ラストピリオド

外部サイト

3周年人気投票
4周年人気投票

関連記事

親記事

ブラッドレルム ぶらっどれるむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アストレア・アンセム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15569

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました