ピクシブ百科事典

ブラッドレルム

ぶらっどれるむ

ラストピリオドに登場する6大国の一つ 魔女の国
目次[非表示]

概要

6大国の一つで魔女の国である。魔女協会というピリオド組織がある。月刊マジョマジョというファッション雑誌を発行している。総帥はダイヤ。十輝石のうちサファイアは月刊マジョマジョの専属モデル。ガーネットもモデルであるが扱いが残念らしい。主要キャラであるリーザの出身国。
かつてはいくつもの国があり戦争の末にブラッドレルムという1つの国になったようである。
元々は鎖国状態であり、その時でも唯一ヘルレルムとは貿易をしていたようで、ブラッドレルム本国では魔女協会の幹部クラス以外は知らない禁呪がヘルレルムに残っている事が判明した。
今はサービス終了したマジョカ†マジョルナ由来のキャラの殆どが所属している。

登場人物

  • リーザ:主人公勢の一人。水着バージョンもあり夏に限定復刻が今後も続くかもしれない。簡単にいえばツンデレキャラ。1章の途中で仲間にするキャラでガジェルとリーザの2択であるが、選ばなかったほうはサブストの達成報酬で入手出来る。ルビーとは知り合い。カーネリアとも知り合いだが、かなり苦手意識を持っているようである。育成ボードを埋めると着せ替えが入手できる。
  • C・ヴァージェス:海賊というよりは戦闘狂か冒険者というほうが適切。身体能力は尋常ではなく鎖を引き千切れるらしい。そしてノーパンであることが後に判明した。。初イベキャラである。コラボユニット以外では現時点で唯一の非マジョ由来星5である。
  • カーネリア:オニキスの相方ポジを狙っている魔女協会所属の火の魔法使い。ダイヤに月刊マジョマジョの回収を依頼されるが、その内容はダイヤのお子様な姿の写真であった。
  • フリージア:アストレア・アンセムを一方的にライバル視している。簡単にいえばツンデレである。
  • モードナ:初のブラットレルムイベで出てきたモブキャラ。外形が凄いおばあさん。
  • ダイキョウ:兄のダイキチといると不幸になるため別居している。シスコンである。兄のダイキチが血縁関係者なのにヒューマレルムと男ブラッドキャラをここまでして出さない姿勢はある意味凄い。
  • キャロリーヌ;体から不吉な花言葉の花が生えてくるという特異体質。
  • ミーナ:ユニットイラコンのキャラ。海の家を営業している。絶望的にギャグが寒い。
  • アシュリー:マジョマジョのカメラマン志望だったが、不採用となりムゥの専属カメラマンとしてスカウトされる。カメラの腕が駄目だったため、ムゥの強引なプロデュースでモデルとしてデビューすることになる。モデルになる前後で外見が別人と思えるぐらい違い、ユニットの絵はモデルになってからのほうの外見である。
  • ラグリマ:泣くと魔力が暴走して、物を壊すなどの被害を出してしまう魔女。サンタコス版も登場した。

判明済みマジョ由来ユニットとレア度の表

ユニット名レア度限定or通常ガチャ紹介
スライ星5ガチャ(着物は限定ガチャ)リリース直後は唯一のブラッド星5だった。専用着せ替えが何と2種類もあり、現時点で主人公組を除いては、常時入手可能な着せ替えでは最多の専用着せ替え持ちである。メダル交換の専用着せ替えは装備するとほぼ別人なぐらいに外見が変わる。またプチも含めれば同一キャラの別名義ユニットの数もラスピリで多いほうである
フィグ星3→星4リリース記念限定ユニットマジョでは主役を務めたイベがありその衣装が着せ替えで再現されている。リリース記念限定ユニットだが、スタートボーナスボードで1体は入手出来る模様
スイム星3→星4ガチャマジョでは最低レア度だった。水属性のヒーラ
たべもの星3→星4ガチャマジョでは最低レア度だった
ルビー星4→星5ガチャ初の火属性進化可能星4となった。いままで火の進化最上級ジェムは正直イラナイ子だったがようやく役立つようになった。リリース後2人目の追加進化可能星4となった。サファイアのことばかり称えるガジェルにキレたこともある。任務をピクニック気分だったりと性格は適当
サファイア星4→星5ガチャ初期ブラッド星4。相変わらずのツンデレ。ラスピリでは水属性ディフェンダーだが、マジョでは思いっきり肉弾戦で相手をボコってた気がする。リリース後3人目の進化可能星4。進化で髪の毛の色か服が微妙に変わる程度のユニットは多いが、何と服も、髪型も変わるのはかなり珍しい
ダイヤ星5ガチャパール曰く、ピンクになったり、黒くなったり多重人格は懲り懲りらしい。マジョでは別カラーバージョンがあった。またラスピリ初のイベ特ユニット。大人数を一気に足止めが出来たり相変わらず強力な魔法は使えるようである。何かと理由をつけてサボろうとし、サボリ癖が酷い。公式4コマの作者ギャース氏のお気に入りキャラのようで公式4コマではかなりの率で顔芸を披露する。専用着せ替えはおそらくマジョでのピンクダイヤ
パール星4(ブラックパールさんは星5)ガチャ(ブラックパールは限定ガチャ)本人曰く終焉の魔女ブラックパールは2Pカラーらしい。ラスピリ初のイベ特ユニット。マジョでは実質の真ヒロインだった。マジョでは同社のゲームのあるキャラとやってることと一部能力が似ているが、あちらと違い自分の思い通り(マスター、シェス、ペルラが平穏に暮らす)になれば世界がどうなってもいいという考えな点は大きな違いであり、まさに黒い愛と言えるであろう。「くふふ」や「まじうぜぇです」など、これまた同社のゲームに出てくるキャラの口癖だが、マジョのリリース時期的にはパールさんが先な可能性が高いが、詳細は不明である
エメラルド星4ガチャ風属性魔法。相変わらずの中二っぷりである。ユニットストではハルが呆れるレベル。リーザ的には厨二なのはいつものことらしい。オッドアイではなくカラコン。同社のゲームに中二でオッドアイなキャラはいるが今となってはどちらが先か不明。ラスピリでは木属性アタッカー
アクアマリン星4ガチャマジョの設定を活かして、水属性のヒーラ。本人曰く水着ではなくファションらしい。スイムのほぼ上位互換
ガーネット星4ガチャマジョの飛行可能設定がユニットモーションに活かされている。ラスピリでは火属性ユニット。初見ではスペアレルムユニットと見間違うぐらい見事な軍服姿である。自称は俺。一人でトランプタワー作りなどをしたりボッチ設定は健在
オラトリオ星4秩序の後継者イベボマジョとは違い存命。アストレア・アンセムの世話係り。アストレアのわがままに振り回される苦労人である。ザクと面識かあったかのような発言があるが詳細は不明
毒籠のザク星5ガチャマジョでは終焉の魔女の一人かつ毒のアーキタイプ。相変わらず毒環境以外は苦手な様子。朧の創設者の一人であり終焉の魔女なのは共通、毒魔法の設定が活かされたスキルを持っている。ガイツ以外の大罪は行方不明である模様。ボソボソ喋りは健在。初登場イベ名がジョジョ4部のサラリーマンを彷彿させるイベ名である
バベル星4ザクたんは静かに暮らしたいイベボ純悪の魔女 マジョでは冥界の住人でザクの同僚であったが、ラスピリではザクに喧嘩を売って、ある事情で運命共同体になってしまう。巨乳僕っ子である
ガイツ星4ガチャついに大罪キャラ登場。二重人格なのは相変わらず。何故か光属性である
モロモロリ星3イベ限定アート マジョでは海イベに出てきたエロカニで覗き見が趣味の設定だったが、その設定がなくなり毒カニとして登場かと思ったが、アート化したらエロいカニなのは健在の様子
ギッチョフンゴ星2ニーア亭(ヒューマレルム)か世界樹への道(アニマルレルム)99化はヒューマレルムのほうが容易。水着バージョンはブラッドレルム塔の30階クリア報酬。マジョでは通常、水着、サンタ、魔女服と何と4バージョンもあった。ブラッド塔40階クリア報酬はギッチョさんの帽子である
リリア星4ガチャノイネの双六キャラと同一人物かは不明だが同名キャラのブラッド所属
アストレア・アンセム星5ガチャ厳密には違うがマジョで出てきたアンセムの娘というキャラ。ドヤ顔が凄く似合う。ラスピリではオラトリオは存命でアンセムに仕えている。母から受け継いだ魔装は精神を蝕む中々ヤバイものであったが、変質してしまった。プチバージョンは他のプチと比べるとファンサービスの塊と言える
ムウ星5ガチャ始まりの魔女の一人。気まぐれな性格かつ、カカッという独特の口調は健在。ラスピリではカリスマモデルのようである。所々でジンの存在を仄めかす発言がユニットストにある
フウ星4ガチャマジョではライと合体してAiという始まりの魔女になるロボットだったが、どうも設定が変わっているようであり、双子のモデル。絵の再現率は高い
ライ星4ガチャマジョではフウと合体してAiという始まりの魔女になるロボットだったが、どうも設定が変わっているようであり、双子のモデル。絵の再現率は高い
アジ・ダハーカ星3イベ限定アート元マジョ勢には説明不要とも言える敵モンスター。マジョでは月齢イベでぶっ倒しまくったであろう紅月の魔物。マジョでは無印は正直雑魚の扱いでキングチョメコやアルファベットがつく奴のほうが格上だったが、ラスピリではそこそこ強い。何故か火属性


名前、立ち絵、存在の暗示のみ出たマジョ由来キャラ

  • アンセム:ストでは立ち絵で登場。魔装Scapegoatの元所持者。マジョではゼロさんの影に隠れがちだが、魔装の各形態の名前と設定は中々の厨二っぷりである。ユニット化こそしていないが、何とプチアストレアのユニット画面でたまに登場するという形でSDグラフィックが登場。
  • シャーロット:名前のみ
  • イヴ:名前のみ
  • オニキス:名前のみ
  • オパール:名前のみ
  • マスター:名前のみ
  • ツォーン:憤怒の大罪 ガイツユニットストで暗示のみ
  • フェレライ:暴食の大罪 ガイツユニットストで暗示のみ
  • ヴォルスト:色欲の大罪 ガイツユニットストで暗示のみ
  • アイテル:傲慢(駄肉)の大罪 ガイツユニットストで暗示のみ
  • トレーク:怠惰の大罪 ガイツユニットストで暗示のみ
  • ネイト:嫉妬の大罪 ガイツユニットストで暗示のみ
  • ジン:ムウのユニットスト、フウ、ライのユニット紹介文で存在の暗示。

余談

  • マジョカ†マジョルナの元プレイヤーにとっては特別な思い入れがあるレルムであり、特に最初期ユーザには推しが多いのが大きな特徴。マジョ、あんガルがLvで高レアチケ、回復アイテムなどの連携もしていた過去から、ラスピリユーザにはあんガル勢、元あんガル勢はそこそこ多く、メルスト勢も多い。あんスタコラボは恐らく割と多い他レルムのイケメン枠を活かすためであろう。
  • アプリのユニット一覧のアイコンはマジョの毒籠のザクである。
  • 現時点では男キャラユニットは実装されていない唯一のレルムであり、兄妹と血縁のあるキャラが出てきても妹がブラッドなのに兄は何故か所属がヒューマンという徹底ぶりである。
  • マジョに出てきた十輝石のうちまだユニット化されていないのは、オニキス、オパール、アメジスト、トパーズの残り4人である。輝石の残り4人よりも先に大罪が追加された。
  • 大罪で追加される可能性は高いが残り6人はまだ実装されておらず、今のところ暗示のみである。
  • アプリの仕様変更でBGM変更機能が実装され、アンセムイベ時のBGMはあるがメダル交換入手である。(泣)曲名は迷走ラビリンス。ザクイベのBGMも追加されており曲名は幻感ヘイジーレジー。
  • ブラッド所属でないキャラでマジョにいたキャラと同一名キャラもいるが恐らく別人扱いが殆どである。
  • 終焉の魔女で登場していないのはゼロさんだけになった。ゼロさんの出番だけ「無」いなんて悲しいことは「無」いと信じたい。
  • ガイツ以外の大罪は行方不明の模様である。悪が無くなったからザク曰く悪滅で戦う必要は無いとの事だが今のところ残り大罪、ゼロの登場の気配がない。
  • 最近のラスピリ生放送で初期案ではかなりマジョカ†マジョルナのデザインにラスピリが近かったようである。初期案のキャラ絵にはアンセム、ムウ、オニキスらしきキャラがいたようである。
  • ブラッド勢で対水ボスでもマルチでアストレア・アンセムを使う人が何故か結構多いのと、フル覚ブラックパールか着物スライはかなりの確率で遭遇する。まどマギコラボ以降は悪魔ほむらとブラックパールさんの組み合わせをマルチでよく見かける。リダスキなのか両者が大差ないか分かってなのかは不明ではあるが。
  • コラボユニットすら含めて限定ガチャ星5が最多である。
  • まどかマギカの限定ユニットでは、ほむらの3形態、まどかの2形態が該当するが、何故かさやか、杏子、なぎさ2種類はヒューマ、マミさん2種類ともスペアと全員ブラッドが妥当なのに謎基準で分類された。余談だが、パール通常はリダスキ的にまどか2形態と相性がよく、ほむら3形態とは相性が悪いが、ブラックパールはまどか2形態とリダスキの相性が悪く、ほむら3形態とは相性がいい。
  • 一部のコラボ星5は複数人で1つ扱いのがあり、あたかもマジョのLRを彷彿させる仕様である。

関連イラスト

和服スライちゃん
アストレア・アンセム


空想
その後毒には敏感になったバベルたん


サファイアちゃん
スイムちゃん


関連タグ

ラスピリ ラストピリオド マジョカ†マジョルナ

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラッドレルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33371

コメント