ピクシブ百科事典

スカイレルム

すかいれるむ

ラストピリオドに登場する6大国の一つ 天空人の国
目次[非表示]

概要

  • 6大国の一つで天空人が住む国である。

体制

  • 住んでいる住人は羽が生えているのが特徴で山岳地帯にあり、元々は鳥の獣人だったものがスパイラルにより変質した為に、羽が生えるようになったようであり、実は羽があるほうが、神?にとっては不要なほうで、羽がないフォールンのほうが必要な存在だった。
  • 聖教という宗教により決められた聖律を絶対の掟とする政教一体の宗教国家である様子であり、聖律を破ったものは暗部という秘密警察組織のようなものによって粛清されるという中々にヤバイ感じの国で共産主義国に近いところがある模様。
  • 羽が小さい住人はフォールンと呼ばれ、差別の対象であり、一般住人が住むところとは違うところに隔離されているのは表向きの理由で、真の目的は神?と称されているスパイラルが自分の分身を生み出す為にフォールンを生贄に捧げるという非人道的な事そのものであり、それによって生まれたのがカンパネルラである。
  • 外界の住人は迂闊に入ると暗部の人間に粛清されかねい様子。特にスペアレルムとは犬猿の仲。過去にスペアレルムとは全面戦争までしているようである。
  • スカイレルム外にいるスカイレルム人は嫌気がさして故郷を捨てた人が多いようである。

登場人物

  • ペネトレイト:仮面を付けた怪しいおじさん。暗部のドン。神様の意向のためならどういうわけか聖律を平然と破る。あと羽っぽく見えるのは実は髪の毛だったりする謎多き人物。正月イベでのいじられっぷりは中々すごい。またストの登場時期的な意味では元祖敵側ユニットである。あんスタにコラボキャラとして登場することが決定。11章最後でカンパネルラを甚振っているような感じで登場、12章ラストでは謎の使い魔を連れていた。
  • セレアス:ある事情で聖律を破ってペネトレイトと戦い、スカイレルムを去る。去ったあとはヒューマレルムに住んでいる模様。水のセラフィムで使い魔はラウラ。ハロウィンコスの限定版が登場。今はヒューマレルムでヴィンゴ、ミアと共に疑似親子のように生活しているようである。レルムクエストではどういうわけか犬猿の仲であるハズのペネトレイトと一緒にボスとして出てきた。
  • ミア:1回だけ壊れたものを直せる能力がある。その設定のためかヒーラである。怪しい儀式のために誘拐されたところを救われ、スカイレルムを去る。去ったあとはヒューマレルムに住んでいる模様。アニメでは2話にセレアスらしき人物が登場。8話で水着姿で登場している。
  • ヴィンゴ;スペアレルム人。誤ってスカイレルムに入国してしまい、ペネトレイトに粛清されかけるが、セレアスの協力によりスカイレルムを脱出。ヒューマレルムで、セレアス、ミアと擬似的な親子に近い感じで暮らしている模様。あるイベストではリアル親子と勘違いしてしまう話がある。着せ替えで登場はしていないがハロウィンイベでの立ち絵は通常版とかなり違う。
  • オラクル:リリース当初唯一の星5回復持ちユニット。聖教会の最高預言者。預言は滅多に外れないようである。これまた正月イベでのいじられっぷりが凄い。プチユニットもあり、初期設定では開眼していたようである。イベのエクストラボスだと厄介なことに回復を使い、攻撃モーションが読みずらいと凶悪そのもの。何故かスパイラルの洗脳を弾いていた。サンタ版が登場したが、メインストでスカイレルムがとんでもない事になっているのにクリスマスを祝っている場合かよと一部ユーザから突っ込まれている。
  • ティアナ;聖教を守る沈黙の鍵という存在。あまり感情らしいものを持っていなかったが、感情を取り戻していく。衣装がかなりきわどい。
  • リッシュ;月刊ウォッシャーというB級雑誌の記者。内容が適当であるが、それが現実化してしまうという大事件を起こしてしまう。主人公勢と、ブラックパールさんの介入により事なきを得たようであるが、ネロの中二は解除されていなかった模様。
  • ラーム;元暗部で嫌気がさして逃げた。ペネトレイトは元上司。ティアナを保護し色々なことに巻き込まれる。
  • ファティマ;幸運の子と呼ばれており、フレーベルにストーキングされている。口がけしてよくない。
  • フレーベル;鋭い直感を持ち、それを使ってファティマにストーカに近いことをしている。
  • ラスール:イベスト未登場 星3ユニットでは最強クラスである。クエストオートには心強いWave毎回復持ちでかつ光ディフェンダーである。
  • バリス;イベスト未登場。リリース時からの進化可能星4 持っている人は進化でリーダスキルが大幅に変わるため、進化を悩んだ人も多いのではないだろうか。
  • クロエ:一般人だったが、成り行きで風のセラフィムに選ばれてしまう。使い魔が毛むくじゃらと言う理由で毛玉くん、毛玉ちゃんと割と適当な名前を付けている。レオナルドとは幼馴染でデスクワークを押し付けることもある模様。後にプチ版が登場した。2代目起動画面に登場しており、絵のサイズは控えめであるが、尻が中々凄い事になっている。12章ラストでは神の意思に従い、スペアレルムに戦争をしに行った。アニメで8話に水着姿で登場。
  • レオナルド:クロエの幼馴染で、教会のエリート。スペアレルムとの戦争で生きて帰ってきたようである。女性をナンパするのが趣味であり、ナンパがバレたらクロエのデスクワークを押し付けれえているようである。
  • アンブローザ:教会の人でドS。レオナルドの事を豚呼ばわりしている。
  • リズ:スト未登場。絶望的にハープの演奏が下手で聞くものを気絶させてしまう。その設定を生かしてか、麻痺付与持ちである。星4→星5に進化が実装された。
  • アルタイル:火のセラフィムで国民からヒーローとあがめられている。いつも笑顔で能天気者かというとそうでもない。デスクワークは苦手で式典を欠席することもよくあるが、あまりお咎めされていない。スペアレルムとの戦争で多くの武勇を残した。使い魔はフィア。スペアレルムとの戦いで一度は敗北するが、スパイラルの洗脳によってスペアレルムに殴り込みをかけに行く。
  • フレン:教会のピリオド。アルタイルの事をこころよく思っていなかったが、アルタイルの真意を知った後はヒーローを目指すようになる。
  • クレア:教会のピリオド。アルタイルにあこがれている。
  • アイリス:花売りの少女。
  • レイチェル:光のセラフィム 普段は聖教の教会の奥にこもっており、神(スパイラル)と交信できる能力と御使いを使わずともセラフィムとしての能力を行使できる。オラクルの神託ですら、最終判断を出すのは彼女であり、スカイレルムの事実上の最高権力者。世間の常識からかけ離れた感じで、御使いがいないせいか、セラフィムと信じてもらえないことが多く、神と交信できる能力である故、自身を神の代弁者といいまわりを困惑させることも。自身の血を武器として使用するのは前身アプリに登場した「嫉妬の大罪ネイト」に類似している。

余談

  • 殆どが羽のあるユニットばかりだったが、そうでもないユニットも登場してきた模様。
  • アプリリリース当初は星5の回復持ちがいる唯一のレルムだった。
  • 今のところ傾向としてスカイメインのイベストは何故かカップル?率が高く男性側が女性キャラよりレア度が低いかつイベボ登場する傾向で、女性側が大体ガチャ星5ユニットである。
  • 羽がある関係で着せ替えでは背中につけるものがつけれないユニットが比較的多い。
  • 一部のコラボユニットは羽すらないのに何故かスカイレルムに分類されているのがあり、例として甘ブリのラティファ2種類、ひぐらしの園崎詩音、リゼロのエミリア等である。
  • 詳細は不明で推測ではあるが、セレアス初藤樹イベでセレアスはスカイレルムから逃走に近い形でスカイレルムを去っているので、クロエ、アルタイル初登場イベは時系列的にセレアス初登場イベより前の過去の話である可能性が高い。
  • メインスト11章はスペア、スカイの全面戦争編と思いきやブラッド編のようである。
  • セラフィムの使い魔がスパイラルである可能性も濃厚であるが、詳細は不明

関連イラスト

【ラストピリオド】ラスール
ペネトレイト!!!!!


親子だ…
スカイレルムの光と闇


関連タグ

ラスピリ ラストピリオド

pixivに投稿された作品 pixivで「スカイレルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 599

コメント