ピクシブ百科事典

ヘルレルム

へるれるむ

ラストピリオドに登場する6大国の一つ 常夜の国らしい
目次[非表示]

概要

  • ラストピリオドに登場する6大国の一つ 常夜の国
  • 技術大国であり、学者と元々住んでいた亜人は互いに不干渉の協定を結んでおり、その為他の場所では倫理の問題で行えない実験が可能になったようである。実験施設はゲーゼルシャフトの地下施設にあり人口がキッチリ10万人と設定されており許可がないと入れない。
  • 学閥が3つあるようで、「終結」、「実在」、「構造」というのがあり、学閥同士の議論がどうやら政治と結びついているようであり、それぞれの学閥はあまり仲は良くない模様。
  • 国の体制は不明ではあるが、あるイベントでスペアレルムと組んで悪巧みをしようとしていたようで、メインストではラビュリュントスの復活にどうも噛んでいたようである。
  • スパイラル絡みで何か怪しい研究をしているようであり、その為に主人公一向はスペアレルムから一直線に帰らずに、ヘルレルムに寄り道した。
  • ピリオド組織もあるようである。
  • ブラッドレルムでは魔女協会の幹部以外での使用が禁止されている古代魔法の文献が残っており、確認できるものではウーシアの使用していたリヴァイアサンが唯一。他にもあるようでマジョでのパールが使っていた「螺旋の因果」が該当する可能性が高い。

登場人物

  • イル:魂と肉体の研究者。車椅子で病弱、体は女で中身は男と中々マニアックな属性をもつ天才科学者。車椅子を押している布がイルの姉である。主人公一行に謎の小包を知り合いに届けるという条件でゲーゼルシャフトを案内した。サンタコスバージョンが限定ガチャで登場。2周年でプチも登場した。
  • カノン:ブラッドレルム出身。イルのことを変態レベルで愛している。怪力で少々のことでは起き上がれるぐらい体が頑丈。イルに近づく輩にはすぐにキレる。
  • ウェブスター:スペアレルム出身。イルの研究を盗もうとして、酷い目にあうやられ役。。
  • チェルシー:ハデストラベルの社長。喧嘩を売られると逆上しやすい子供な面もある。
  • ルチアナ:ハデストラベルの添乗員。社長のストーカーで最早日課になっている様子。社長に虐げられることを喜んでいたりとやや危ない。あるイベストではリニュ直後のあんガルが林檎の審査に引っかかった事に対するメタ発言に取れるようなセリフがある。
  • メルディア:薔薇の亜人 チェルシーと組んでヘルレルムにハロィンの習慣を持ち込んだ張本人だったりする。初期星5の1人 プチもある。
  • イーアルウーリューサンスー:キョンシーの3姉妹。ウーリューのユニット絵の尻は中々凄く進化しても尻は相変わらず。最近の更新で3人仲良く全員に進化が実装された。
  • ルーイ;蛸の亜人で博識なのだが、変なところから説明しだすため、全然相手にされない事が多いようである。最近スキルが上方修正された。何気にイケメン枠である。最近専用着せ替えが追加された。
  • フラウ;洋菓子店リーベ・ディ・フラウの店長にして恋愛の研究家。アイアンメイデンを改造した魔炉でお菓子をつくれる。幅広い「可愛い」感の持ち主。
  • ミルカ;スペアレルム出身のフラウの助手兼リーベ・ディ・フラウの店員。ホール担当。元気っ子である。
  • リンツ;スカイレルム出身のフラウの助手兼リーベ・ディ・フラウの店員。清掃とホール担当。クールな感じ。ミルカ、リンツは見た目が似ているが、仲は良いわけではない模様。
  • マオルフ;フラウが拾った髑髏を魔炉に仕舞い込んだ結果蘇生した獣人の幽霊。性格が男前でイケメン。一度消滅したかと思われたが、復活した。
  • カルヴィナ;怪盗インヴィジビレの一人。マンティコアの亜人。影になる能力を持つ。盗みの担当。性格は根暗だが仮面をつけると変身する。ピリオドになるようにマルツに育てられていたが、逆の方向にいってしまった。
  • シータ;怪盗インヴィジビレの一人。マンドラゴラの亜人。大声を出しての陽動担当。先代が引退して半ば無理やり引き継いだようである。
  • マルツ;カルヴィナの親戚でピリオド。何度もインヴィジビレを逃して、引責辞職になりかけるが、インヴィジビレと協力し、怪しいスパイラル研究者の館にいたスパイラルを倒し、辞職は避けられた模様。
  • ベノム:最初期からの進化可能星3ユニット。スパイラルの研究者のようである。
  • アレーティア:スパイラルの研究者。本名:アレーティア=アナトミア。愛称はアーニャ。ファッティとスレンダーという奇妙な人形を連れており、両者とも終結のメンバーだった2人が名前の由来。今はスパイラルを捕獲して味見をしているという変人。もともとは真面目で自信がない子で外科の技術が専門だった様子。親に研究で認められたいという考えで無茶をすることがあったが、終結長老との最後の実験で人の絶望の記憶を消す実験の事故で記憶を失い、短期記憶すらままならない状態になってしまい、記憶が出来ないのであちこちにメモを貼っているようである。元々の姿(記憶を失う前の姿)とユニットの姿(記憶喪失後)見た目も性格も随分と違う。まるでどこぞかの漫画家のようなセリフがある。2代目起動画面で登場しており、よく見ると縞パンツである。
  • メメントモリ:通称メモリ 学閥は無所属だが、実質終結の助手。終結の長老の孫である。記憶を失ったアーニャにファッティとスレンダーを模した人形をプレゼントした。
  • スレム:通称スレンダー 過去に精神転移の実験で死んでおり、過去の記憶が欠落している。魂についての研究を行っている。元は終結のメンバーだった。
  • ファーガス:通称ファッティー 過去に奥さんを難病で亡くしており、薬学を主に研究している。元は終結のメンバーだった。
  • 終結の長老:本名不明。メインスト9章の時点では故人。両親に実在の学閥で半ば強制的に研究させられていたアーニャの様子を見かねて終結に移籍させた張本人。自分のように研究で家族を失わないようにとの配慮だった。記憶消去の実験の事故をうけて引責辞任し、終結代表の座をアーニャに譲り、アーニャ1人だけにし終結を事実上解散させた。イベボスのブレインメアの素体になった人でもある。
  • カースティ:カースティシティ支配者兼、カジノ・デンクワイゼの支配人。ゲーゼルシャフトの会員を巡ってギャンブルで主人公一行と戦う。天国と地獄というものを使い賭けに相手の大切にしているものを奪い集めるのはどこぞかの兄弟に似ている。結局チョコに根負けする。
  • アイオン:カースティの側近の1人。人形によく間違えられるようである。
  • ブレイラ:カジノ・デンクワイゼの従業員。カースティが勝負に負けたからという理由で実験体のスパイラルで主人公一向を殺害しようとした。
  • ウーシア:ゲーゼルシャフトの学閥会議の議長で「実在」の代表。は表の顔で実はノイズ構成で裏切り者。スパイラルと同化しており、ゲーゼルシャフトを破壊しようとするが、ハルのラストレガリアを喰らい死亡する。ブラッドレルムの古代魔法「リヴァイアサン」、牛の亜人の特性の未来予知等の能力を持っていた。
  • ゲシュタルト:「構造」の学閥の代表。人工太陽の理論を提唱したことで学閥代表にまで出世した。
  • コバルト、ニッケル:合金姉妹。ロボのようで合体攻撃もできる模様。
  • フランツ:ユニットとしては随分前に出てきたが、電流デスマッチの対戦相手として登場

ガジェルに負けたようである。

  • カミーユ:「実在」の副代表。ウーシア死亡後には代表に就任いした。ユニットとしては随分前に登場していたが、10章では大活躍と言っていいぐらい活躍する。

余談

  • オカルト的な外見のユニットが多いが、一目ではヒューマレルム、アニマルレルムと全く区別がつかないようなユニットもかなり多いので公式のTwitterで上がるユニット設定絵を見てもヘルと判断できないことはきわめて多い。
  • どういう基準か不明だが海洋生物系、獣尻尾以外の尻尾がある、鳥以外の羽が生えているに該当するユニットはかなりの率でヘルレルムである。逆に獣尻尾はアニマル、鳥の羽はスカイの可能性がかなり高い。
  • リリース当初、他レルムは進化可能を含め星5が2体以上いたにもかかわらず、イルが追加されるまでは進化可能も含めて、星5がメルディア1人とある意味冷遇されていた。
  • ガチャでメイドマッチョで男というイロモノ枠のキャラがおり当初ヘルと予想されたが、まさかのヒューマレルムユニットだった。傾向としてイロモノ枠はヘル率がかなり高い。
  • メインストーリー9章、10章がヘルレルム編で、10章からメインストでも旧あんガルのSR、URかのような1枚絵が登場するようになった。
  • 最初期星5(メルディア、ゼクス、ネロ、スライ、オラクル、バルザック)は着せ替え可能部位が最近増えた。
  • 9章から敵が異常なレベルで強くなるので自信が無い場合はアルティメットすら控えたほうがよく、10章に至ってはスタンダードすらオートなら全滅しかねない難易度であり、10章ラスボスは最早病気なレベルの強さである。
  • 第二回人気投票では惜しくも一位はアニマルレルムのネロに譲ったものの、2位から5位まで独占した。

関連イラスト

【告知】ラスピリ公式アンソロ発売!
ラストピリオド


フラウさん
c&a


関連タグ

ラスピリ ラストピリオド

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルレルム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4524

コメント