ピクシブ百科事典

マジョカ†マジョルナ

まじょかまじょるな

2012/5/30にGree版がサービス開始 アプリ版はサービス終了日2016/1/29日 略称「マジョ」iOS版、Android版ではサーバが違っていたため、同一アプリであるのに異なるOS間での協力、トレードは出来なかった。 。
目次[非表示]

マジョカ†マジョルナとは Happy Elements 株式会社の提供していたカードゲームである。今はサービス終了している。公式ページは今は【無】くなっている。サービス終了しているが、一部キャラはラスピリに登場している。

ゲーム概要

  • 2012/5/30にGree版がサービス開始 アプリ版はサービス終了日2016/1/29 略称「マジョ」iOS版、Android版ではサーバが違っていたため、異なるOS間での協力、トレードは出来なかった。
  • 何気にガチャコ、チョメコに声優がついたのはあんガル総選挙名誉初代のこよいつゆりそらの3人よりも早かったりする。
  • 一部のキャラはラスピリにも登場している。アプリ版の最終イベントは「そしてゼロになる世界~World End~」である。
  • 十輝石、大罪、未来編、四賢者の主要キャラ以外はほぼ1回こっきりもしくはそもそもストーリに出てないキャラが殆どである。またチュートリアルで十輝石の誰か1人と必ず会う。

ゲームシステム

  • 殆どのカードが最低5枚集めで最終進化でレア度が1つ上がり、最終段階をLvMaxにすると大幅に絵が変化し、ブースト図鑑にブーストした魔女の3サイズ及び紹介文がのり、ブースト魔女数に応じて、ガチャチケ、アイテムが貰えた。一部カードは各段階で絵が大幅に変わるのもあった。各段階は最初の絵の左右反転、色違いが殆どである。
  • カードは3属性あり満月、三日月、半月で実際の月齢と連動する形で期間中強化される属性が決まっていた。満月が青、三日月が赤、半月が金のカード枠。
  • カードのレア度は最終的にN,HN,R,HR,SR,SSR,UR,UUR,LR,LLR,WR,WWRの12種類。HNはN、LLRはLR,WWRはWRをブーストしたもののみだったので実質9種類。2人で1枚扱いのカードは殆どがLRであるが、一部のUURは2人セットのもある。
  • トレード機能があり、カードとカード、カードとアイテムの交換が可能であった。その為、ガチャを引くより、青ポーションか赤ポーションに課金したほうが確実に欲しいカードが入手出来ることが多かった。価値として青ポ>赤ポだが、双六前や最中は逆転することもあった。
  • イベントのパターンはどれもモンスターを討伐してptを競う点は共通。通常イベ、月齢イベ、双六イベが主な形式。通常イベはクエストが月齢によって前半、後半などにわかれており、それぞれの完走報酬でSSRチケ、回復アイテムが貰えた。双六は旧あんガルのものより鬼畜であんガルではpt減だが、落とし穴でそのステージやり直しというものだった。
  • 殆どのイベントボーナス、ランキングボーナスのカードは最終的には通常ガチャに実装されていた。
  • 対人バトルのアリーナがあり、勝利数やアリーナランクによってメダルがもらえアイテムと交換できた。長らく対人対戦イベ(旧あんガルのバトイベ相当)はなかったが末期に実装された。イベストは末期に旧イベストが読めるようになった。

ストーリー

主人公(マスター)は紅月の魔物に幼馴染のラヴィを殺される。そのときジンという魔女があらわれ紅月の魔物に復讐すると誓い、共に復讐の旅に出る。大きく分けて、本編、輝石編、大罪編、未来編である。

登場キャラクター

主人公勢

  • マスター:主人公で決まった名前は【無】い様子。魔女の3サイズを知ることが趣味の変態。目視で3サイズを当てられるらしい。まさかの名前だけラスピリで登場しているが、単にマスターだっため、相変わらず本名不明。
  • ラヴィ:マスターの幼馴染で死んで魔物を生む魔物アーキタイプに転生していたがアーキタイプ化したのにもかかわらず忘却の魔法を使い、自身の存在をマスターの記憶から消した。口癖は「〜かな。」である。開始早々に死ぬ。単体でのカード化はプチのみで、アーキタイプのもう一つであるジンとのセットのカードはあった。

魔女協会

始まりの魔女

  • ジン:ラヴィを殺した紅月の魔物への復讐の旅の同行者だが、正体は幼馴染を殺した魔物そのものでかつ、魔女協会初代総帥。約千年前の魔物との戦いでアーキタイプを自分の命と引き換えに倒したハズだったが、自分が新たなアーキタイプ(ブリューゲル)に転生と皮肉な結末を迎えている。炎属性魔法の使い手だが、不死身で死んでもまた転生するというのが真の魔法であり、そのせいでブリューゲル(ジン)は不死身のハズだったのだが、ムゥが持っていた謎の剣を自分で刺したことで死亡した。
  • ムゥ:魔女協会創設メンバーの1人。きまぐれで適当な性格。カカッという特徴的な口調がある。元々は災厄の魔女でこれまた気まぐれで災厄の魔女エピデミアの縄張りに何故かいたが、エピデミアの討伐に来たジン、A.iに協力する形でジン一行の仲間になる。氷魔法を作った魔女。ペルラの目を治したりと氷魔法以外も使えるようであり、正確な年齢は恐らく千歳以上。なぜかラスピリではカリスマモデルとして登場。ラスピリの絵は比較的UUR1段階目に似ている。
  • A.i :魔女協会創設メンバーの1人。普段は魔力の制御が困難なため、風、雷とに分離している。本来はジンの命令無しでの合体不可だった。ぶっちゃけロボットである。合体機構は左右合体か上下合体かは不明。マジョでは約千年ぶりに再会したジンにボコられたり、コスモローズの世界滅亡計画に膨大な魔力を利用されたりと割と酷い目にあってる。段階ごとで風、雷に絵が変わり、最終のブーストの絵でA.iの絵になる。ラスピリでは風、雷に分離した状態でユニット化しており、再現率はかなり高いが、ラスピリコラボ星5で複数人で1つ扱いのがあるにその形で出さなかったのは謎である。

十輝石と現総帥

詳しくは十輝石を参照

他関係者

  • ガチャコ (CV:茅原実里):ガチャを引く時にはいつも見るキャラ。スキル強化素材 先祖は魔女協会設立の協力者
  • チョメコ (CV:花澤香菜):カード強化時にはいつも見るキャラ。経験値素材。
  • ゼルコ:引退させて即ゼルになる悲しい役割。マジョのキャラ強化費用の単位ゼルの名前はラスピリにも引き継がれている。先祖は魔女協会設立の協力者。A.i曰く金づるとのことでまあ、実際扱い的にも間違っちゃいない。
  • スライ:炎の禁術 ラスピリでは初期星5の一人だが何故か火でなく闇ユニット、着物バージョンも何故か火でなく光ユニット。臍出しファッションはこの頃から健在。ラスピリでの絵はUR1段階目に似ており、ラスピリのフル覚報酬の衣装はブースト後の衣装のようである。
  • ルーシ:二重人格。ジキル、ハイドの善悪の性格と両方の中間の性格がある。キレると悪の性格が出るようで相手に五寸釘を刺すという中々物騒な性格。魔女協会の暗部の担当で色々なところをスパイしているようである。ラスピリのあるキャラの設定の元ネタの可能性がかなり高い。進化段階で善、悪の性格絵に変わるとかなり凝っている。

元魔女協会

  • コハク:ダイヤになる前の魔女協会総帥。かなり謎の多い人物。コハクの体制での輝石リーダはコスモローズだった。ルーシを使い、次期総帥として目をつけていたダイヤを連れ去るなどしている。
  • コスモローズ:元輝石のリーダーで、悪は倒さなければならないという極端な考えの持ち主。発想的にはゼロにかなり似ている。人が悪でない時があるだけと気がついたために世界を滅ぼそうとするがオニキス、オパールに敗北し、A.iの暴走した魔法に巻き込まれて死亡。うさ耳っぽいヘアースタイルに巨乳、ハイヒールとかなり可愛い見た目をしている。謎の宇宙生物を使役している。誕生日は13月13日と意味不明である。
  • クォーツ:先代輝石。親友のファーマコライトのために魔女協会を裏切る。土魔法の魔女。
  • アウィナイト:先代輝石。クォーツを連れ戻す任務を与えられるが、最終的に魔女協会を離れることになった。水魔法の魔女。
  • シトリン:先代輝石。クォーツを連れ戻す任務を与えられるが、最終的に魔女協会を離れることになった。雷属性魔法の魔女、

終焉の魔女

  • 終焉のゼロ:朧の総帥 セリフの厨二病度合いが凄まじい。具体例として【無】、【ゼロ】をやたらいう。ラスピリ未登場なのが残念で仕方ない。
  • ザク:終焉の魔女の一人 朧の幹部 毒のアーキタイプである。ガスマスクをつけているせいでシリアスな場面でも何かシュールになってしまう。ラスピリでは毒使いの木属性ユニット。ラスピリでのユニット絵は最終段階ブーストに一番似ている。マジョでの見た目は悪女感漂う外見だったか、ラスピリアニメでやたら可愛くなった。
  • ブラックパール:パールの真の姿。くふふ~。

大罪

  • トレーク:怠惰の大罪 ゼロを倒すために何度も世界をループさせた。ギッチョフンゴの生みの親。ラスピリで存在だけ暗示。
  • アイテル:放漫(駄肉)の大罪 大罪のいじられキャラ担当。あと駄肉。あるイベストでのおしっこネタは凄い。ブチキャラですらいじられている。ラスピリで存在だけ暗示。
  • ガイツ:強欲の大罪。二重人格で口癖は「はう」か「はうはう」。
  • ツォーン:憤怒の大罪。常に怒っている。
  • ネイト:嫉妬の大罪。自殺願望者。
  • ヴォルスト:色欲の大罪。発言がいかがわしいことが多い。
  • フェレライ:暴食の大罪。常に何か食べてる。

詳しくは大罪を参照

三国同盟

  • アンセム:帝国の皇帝。魔装scapegoatの所持者。魔装のある機能を使うと白と黒の2人に分裂する。本人はユニットとしては出てないがラスピリにも出ており立ち絵とSD画像もある。UUR版はアプリアイコンだった。
  • シャーロット:一言で言えばアンセムが大好きなヤンデレレズ。見た目がかなり怖い。UR版は限定ガチャカードだった。おとうさん、おかあさんというぬいぐるみと常に一緒にいる。
  • イブ:元アイドルで連邦の大統領。シャーロット曰くケバケバ女らしいが、ザクの毒攻撃を気合で乗り切るなど中々凄い。UR版は大魔道限定だったため劇レア。
  • オラトリオ:アンセムの片腕で帝国の宰相だったがクーデターを起こして失敗しアンセムに殺害される。別ループではクーデターに成功していたりもするようである。ラスピリにも出ており、他のマジョ由来ユニットよりも絵の原作再現率が高い。ラスピリでは苦労人ポジ。

四賢者

  • ドロシー:四賢者の一人。白き月の民で魔法を世界に持ち込んだことによって、結果的に故郷である白き月が崩壊し、紅い月を建造する。ある意味物語の全ての元凶ともいえる。月の民の刺客であるブラックパール?に命を狙われ、逃げ延びるが恋人のトワイライトが昏睡になる。新たな魔法の元になるものを建造したメンバーの1人で、その結果できたのが紅い月であり、魔法のゆ歪みとして生まれるのが紅月の魔物である。また副作用でトワイライト以外の四賢者と東西南北の魔女が永遠の寿命を得てしまった。飼い犬のトトにはトワイライトの意識が宿っている。魔女協会設立にも協力したようである。
  • スケアクロウ:人造人間で四賢者の一人。紅い月建造のメンバー。記憶を鍵の形状をした装置で保管しており、頭の鍵に記憶を保管した鍵を刺すことで思い出すという変わった性質をもつ。初登場イベのオチは謎の紙切れの数字は自分の3サイズだったと中々酷くて笑える。
  • リオン:四賢者の一人。紅い月建造のメンバー。メメントを監禁する機械島の王という肩書きだが、無いようなもの。メメントのメサイアの直撃を喰らい蒸発してしまい、さすがに死亡したようで、冥界に行く。
  • トワイライト:四賢者の一人で唯一不死身でない。そのため、そこをグリンダ付け込まれに脅迫されるが、それを拒否した。ドロシーの嫁みたいなものである。

東西南北の魔女

  • トロイメライ:東西南北の魔女の1人。紅い月建造のメンバー。西の魔女。性格は一言でいうならクレイジーサイコレズで、ドロシーのストーカである。
  • レリアーナ:東西南北の魔女の1人。紅い月建造のメンバー。東の魔女でトロイメライの妹。性格は一言でいうなら病んだシスコン。どういう訳か使い魔がラスピリのアートとして登場。
  • メメント:東西南北の魔女の1人。紅い月建造のメンバー。南の魔女。設定上は機械文明に精通し、博識なハズなのだが、言動はグリンダ大好きなアホの子にしか思えない。破壊兵器メサイアを搭載する。東西南北の魔女の内で唯一味方になった。
  • グリンダ:東西南北の魔女の1人。紅い月建造のメンバー。北の魔女。一言で言えば腹黒童顔巨乳である。元来は魔法は使えず、手榴弾、銃などの物理攻撃である。ドロシーの力を奪い、紅い月の民になり、用済みになったメメントや四賢者、魔女協会の輝石をまとめて始末しようとし、調子にのりすぎたため帰らぬ人となった。

最終章キャラ

  • 奴ら:ラスボスみたいなもの。強い願いも持って死んだ人間がアーキタイプとして転生してしまう原因を作った張本人。ラスピリ未登場だがラスピリのイベストでまさかのアーキタイプ発言があったので今後登場の可能性がないとは言えない。
  • ペルラ:パールさんの正体 ラスピリのブラックパールさんフル覚醒報酬がペルラのぬいぐるみであり、間接的に登場と言ってもいい。
  • シェス:ペルラの兄弟みたいなもの ラスピリ未登場
  • エステル:アルタ孤児院のシスター。魔物に殺され、奴らに外見の情報を使われるとかなり不遇なキャラ。マスターといい感じの関係になったりもした。

災厄の魔女

  • エピデミア:元祖災厄の魔女。実験により紅月の魔物と一体化させられており、そのことを恨んでおり、世界を滅ぼそうとする。ジン、ムゥにより撃破される。
  • デネヴ:デネヴのお願い・・・聞いてほしいな。ルビーにデブっぽい名前と酷い名前の間違えられかたをする。ルビー、サファイアを苦しめたが、パールにボコボコにされいつの間にか冥界送りになっいた模様。また一時期のアプリ起動時に表示される魔女だったので、出番の割には知っている人も多いのでないだろか。あるイベではエピデミアと親友になっていた。

未来編

  • デキマ:未来編主要メンバーの一人 ギターが趣味 ラスピリ未登場
  • ノナ:未来編主要メンバーの一人 眼鏡キャラ ラスピリ未登場
  • モルータ:未来編主要メンバーの一人 野生児、その正体は・・・破壊神 ラスピリ未登場
  • デンバナール:未来編に出てきたキモくて臭いモンスター。名前をよくよくみてみると割りととんでもない下ネタである。擬人化されたカードがある。

冥界の住人

  • バベル 冥界の住人でザクの同僚。純悪の魔女で人を殺すのが趣味。巨乳で僕っ子である。ラスピリの再現率がかなり高い。ラスピリでの絵は初段階の絵の左右反転してるのとほぼ同じである。
  • ハデス いたずら好きで、ザクの過去を何故か知っている。ゼロの復活を目論んだりした。
  • ポルティエ 冥界の門番。ラスピリに同名キャラはいるが門番という共通点以外はない別人。

魔女見習い

  • フィグ:旧あんガルと連携していた時はあんガル側のバナーだったりしたキャラ。ラスピリの事前登録記念ユニットだったりする。うさフィグはイベ限定の劇レアカードだった。
  • マジョ子:公式Twitterのアイコンだったキャラ。入手手段が限られてたレアキャラ。メルストにコラボユニットとして出ている。口癖が「ゆん」であり同社のあるキャラを彷彿させるが真相はどちらもサービス終了な為不明である。
  • レンレン:マジョフェス時の有料ガチャでしか入手できなかった劇レアキャラ。実はギャング団のボスの娘で敵対組織に誘拐されたことがある。ほぼ同名キャラが同社のゲームにおり、チャイナドレスで格闘娘という点は共通である

東の国

  • ヨミ:母親の復活の生贄にする為に、各地の魔女を襲うことを開始する。マスター、カエデ、ツバキの協力で野望は打ち砕かれる。元はツバキの上司。メルストでコラボユニットとして登場している。
  • カエデ:魔女協会にヨミ討伐の協力を依頼してきた忍者。巨乳のほう。マスターに裸を見られたからもう結婚するしかない等の発言がある。海の家の手伝いもした。ツバキとセットのカードも合わせて3種類もカードがある。
  • ツバキ:魔女協会にヨミ討伐の協力を依頼してきた忍者。貧乳なほう。ヨミは元上司。ブーストするとカエデに比べて貧乳なことへの自虐的な紹介文がみれる。カエデとセットのカードも合わせて3種類もカードがある。

カルディラ海関係

  • スクィド:シンシアの国を襲ったイカの復活を目録む魔女。シンシアの活動により撃破された。余談だが、ラスピリの初イベは海賊魔女が出てくる。
  • ジャムロック:スクィドの手下。まあやられ役兼ギャグ要員。
  • シンシア:国を救った英雄だが、突然エロくなるというイカの触手の呪い?で国を追われた。再び国を救った後は国を救うお金を集める為に、海の家グランプリに参加したりしている。
  • プッチ:かぁいいもの(プチ)を集めるのが大好きな魔女で海の家をしており、シンシアと協力する。スキル名が「かぁいいよぉ〜」とラスピリでコラボした作品の某キャラを彷彿させる。プチが好きだというわりには海の家でこき使っていた。海の家での魔女協会の出していた店との対決では負けるが、シンシアと共にプチランドを築いた。

その他

  • たべもの:マジョでは最低レア度だが、ウォータウィッチ、きぐるみ先生のNと3人そろってのLRカードはあった。ラスピリでは進化可能星3と大出世した。
  • ファーマコライト:呪いの影響で病弱。最終的に呪いを解くことは出来ず、クォーツ、アウィナイト、シトリンと自分を含めての4人で呪いの影響を分散するということになった。

代表的な敵モンスター

  • ギッチョフンゴ:マジョのネタキャラ兼マスコット。水着、サンタ、魔女服など色々なバージョンの絵があり強化素材の為か各色ごともあるがイベ敵で出てきたのは青、赤の通常版のみ。何気に唯一の非ブーストLLRがある。メルストにコラボキャラ、ラスピリにアートと登場している。ラスピリの通常版は青の通常版、水着版は黄色の水着ギッチョフンゴ。魔女ではなく元々敵モンスターであるため、紹介文やストでは、トレーク、アイテル、ブラックパール等に殺害されたりと酷い目にあってる。
  • アジ・ダハーカ:月齢でボコッたであろうモンスターの1体。マジョではプチキャラがでていた。ラスピリではアートとして登場。ラスピリのボスとしての必殺技はまんまマジョ時代のアジ・ダハーカの漢字でのもう一つの名前だったりする。
  • モロモロリ:海イベで出てきた覗き見が趣味のエロカニ。ラスピリでは何故か毒沼の主的なモンスターになっていたが、やはりエロいカニではある模様。
  • ギーカー:未来編で嫌になるぐらいみる雑魚。またギーカかよ。

ラスピリとの関連性

  • 現時点でマジョ由来のラスピリキャラは6大国の一つブラッドレルム所属が殆どで、元モンスターはアートになっている。
  • 他レルムには男ユニットはいるがブラッドレルムには現時点でマジョ由来以外も含めて存在していない。
  • ラスピリでは魔女協会はピリオドの組織で、月刊マジョマジョというファッション雑誌の発行元という設定である。また一部のマジョ由来キャラは主人公組と知り合いだったりする。
  • ブラッドレルムはマジョに出てきた国々が幾度かの戦争の末に統一して出来たようであることがイベントで示唆されている。(ラスピリイベント:秩序の後継者)
  • ラスピリでは朧はほぼ解散状態でガイツ、ザク以外のメンバーは行方不明である様子。相変わらず魔女協会とはライバル関係のようである。

余談

  • サービス終了後だが、CRマジョカマジョルナというパチンコが出ている。
  • パチンコのマジョの歌は花澤香菜が歌っているようである。
  • 「そしてゼロになる世界~World End~」で3サイズのことで、あんさんぶるガールズかよというメタ発言があり、本イベ当時のあんガルのW60以上のキャラは20人、アイテルさんと同じW63は2人だったりする。尚更復刻時にはW60以上が21人、W63が3人と増えているが追加分は最後から数えて2番目の追加キャラの片方だったりする。
  • 主人公の幼馴染の口癖が「~かな」だったり、かぁいいもの(プチ)をお持ち帰りする魔女がいたり、口癖が「はう」の魔女がいたり等、ラスピリでコラボしたひぐらしのレナのパロディのようなキャラがいる。またラスピリでコラボしたまどか☆マギカに名前の雰囲気が似てる等のメタ発言もあった。どちらも今にして思えばプロデューサーの願望だったのかもしれない。また一部キャラのポジションがまどか☆マギカに似ており、パールとほむら、奴らとキュウベイは特に似ている。
  • Lvでアイテム、高レアチケなど相互連携していた関係もあってマジョ勢にはあんガル勢はかなりいた。
  • あるイベストでアプリ名がまどかマギカに似ているという自虐ネタがある。後継アプリで本当にコラボしてしまうとは。

関連イラスト

絶界のムゥ
魔眼のベアード


傲慢のアイテル
っす。


ギッチョフンゴさん
憂鬱のメランコリア


みんなのマジョコ
狂宴紅姫アドニス



関連リンク

マジョの一部のストが読めるサイト
http://ameblo.jp/akaituki3593/
カード一覧のサイト
マジョカ†マジョルナ カードDB
マジョカ†マジョルナ攻略wiki
一応残ってる公式twitter
【公式】マジョカ†マジョルナ@マジョコ

別名・表記ゆれ

マジョカマジョルナ マジョマジョ

関連タグ

ラスピリ ラストピリオド ハピエレ マジョカマジョルナ マジョマジョ HappyElements マジョマジョファンアート ブラッドレルム

pixivに投稿された作品 pixivで「マジョカ†マジョルナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164936

コメント