ピクシブ百科事典

ブラックパール

ぶらっくぱーる

ブラックパール(パール)とはマジョ、ラスピリに登場する人物。マジョではキーパーソンである。ここでは主にマジョでのブラックパール(パール)を紹介する。
目次[非表示]

「くふふ・・・マジョカ†マジョルナは永遠です~。
みなさん、ずっと、愛してますよ~。」

「星も神も願いを聞き届かない
ただ唯一キセキを成すのは・・・
人の愛と妄執だけです。」

「だから・・・あなたは面白い。
とても面白い・・・
『観察対象』なんです~」

「すきなこと?すきなことですか~。そうですね~蟻の巣穴に水を入れて観察する
ことですかね~あなたも蟻さんみたいに愛してますよ~」

人物像

  • 表向きは十輝石の一人であるが、真の姿は終焉の魔女の一人かつ朧創設メンバーの一人。光魔法と時間操作の魔法を使う。時間魔法は代償として自分の寿命を削る。ペルラとパールでは光魔法の性質がやや違う。
  • 正体は帝国宰相オラトリオがアンセムを魔装の呪縛から解放するためにつくられた実験体の1人である別時間軸のペルラ。
  • 最初の世界軸でマスター、シェスを殺されために、それを取り戻すために何度も世界をループさせている。
  • ラスピリではどうやらペルラと完全同一人物である模様で、相変わらず盲目である。

概要

  • オラトリオのクーデターが失敗したことで、アルタ孤児院に預けられるが、魔物や魔女協会でアーキタイプが生まれる前に強力な魔力を持つ魔女を連れ去るという魔女狩りに狙われ、捕らわれて、ダイヤの魔法により失明する。ルビー、サファイアの魔女協会裏切りにより、魔女協会を脱出し、シェスの因果を逆転させる魔法を調べた結果、時間魔法を手に入れる。
  • 時間魔法を手にいれ、ジンを殺す、ダイヤを殺す、マスターとジンと合わないようにする、等の色々なルートを試すが、どれも上手くいかずに魔女協会の輝石のフリをしてしまえばいいという形で魔女協会の輝石のパールとなり、マスターを奴らから守る選択をする。その過程でデネブという災厄の魔女を蹴散らかしたり、等している。
  • パールとして十輝石として活動している一方、朧としてゼロ、ザクと協力し、七大罪のトレーク、アイテル、ガイツ、ヴォルスト、ツォーン、フェレライ、ネイトを集め、朧を結成。パールの思惑では朧の目的は魔女協会か奴らに対しての対抗戦力であった。しかし、ゼロが世界を【ゼロ】にするために暴走し、大罪を殺害。その結果、トレークにより更にループが発生、それを止めるためにゼロを殺害したようだが、ループが悪化しそれに巻き込まれたため、一部記憶を失ってしまう。ブースト図鑑の年齢が13?なのはおそらくこのせいである。結果的にトレーク、アイテル、マスターにより、ゼロを殺害するように因果改変をしたことでトレークによるループはとまったようである。
  • 奴らとの最終決戦時には朧を本来の目的である魔女狩りに来る魔女協会十輝石への対抗戦力として使い、奴らが現れるタイミングで魔女協会十輝石を奴らへの対抗戦力として使用。シェスの因果の魔法と自身の魔法との合わせ技により、奴らを葬ることに成功。アーキタイプの誕生しない世界をつくることに成功した。その代償として、異次元に消えたかと思えたが、どういうわけか戻ってきたようである。
  • しばらくはシェス、ペルラ、マスター、ブラックパール、大罪、輝石は穏やかで平穏な日常を過ごしていたようだが、ある魔女の目論みによりゼロが復活し再び世界が【ゼロ】になりかける。トレーク、他の大罪、旧大罪メンバー、シェス、ペルラと協力し再びゼロを撃破。その後時間魔法の副作用でマスターが異次元に飛ばされたようである。
  • マスターが異次元から帰還したときはブラックパールの膝の上であった。

パールの行動の目的

  • 簡単に言えば、シェス、ペルラ、マスターの3人が平穏に過ごせる未来を強引にでもつくることである。その為に何個もの時間軸を壊し、何人も殺しているようである。ちなみに真珠の石言葉は愛であり、まさに黒い愛といえる行動である。

各真珠について

  • 元はマスターから貰ったアクセサリーで、どういう過程かは不明だが、パールの武器のようになっている。
  • 山本さん;パール曰く過労死寸前でブラックな労働環境らしい。東の国の出身で勤勉であるらしい。因果を消せる黒い光を放つことができ、また今までのループの間の記録が保管されていた。ちなみにマジョ、ラスピリどちらでもパールの技名である。マジョのブラックパールさんでは山本さん改が技名である。
  • マルコビッチさん;色々な光を集めることが可能。性格は放送禁止らしい
  • ダイソンさん;吸引力が落ちないらしい。元ネタは有名な掃除機のようである
  • ライプニッツさん;イケメンだが、即ヘタレるらしい。元ネタは同名の哲学者、数学者かもしれない。
  • ボンダレンコさん;威力は低いが、持続性があるらしい。
  • カミラおばさん;単体殉職能力が高く塵一つ残さず殉職できるらしい。
  • ルーズヴェルトさん;広域殉職能力が高いようである。真珠の中では立場が一番偉いらしい。元ネタは同名のアメリカ大統領か。
  • シュバインシュタイガーさん;長距離攻撃特化。本当の名前は長いらしい。元ネタは同名のドイツ代表のサッカー選手かもしれない。
  • 服部さん;色々な光を感知可能な真珠。恐らく元ネタは有名な忍者であろう。
  • エツコさん;音波感知型。どこかで聞き耳をたてているようである。元ネタは家政婦は見たの初代の人かもしれない。
  • 西園寺さん;収束にして終息の真珠。発動すると複数の色を纏うから高貴な感じになるとのことで西園寺さんらしい。最終奥義のようで、ラスピリのブラックパールでは必殺技名になっている。黒い愛という意味ではこの西園寺さんが元ネタはあり得なくはなさそうだが不明。

余談

  • マジョのストーリ開始はマスターの幼馴染のラヴィが魔物に殺されるところから始まるが、それも何ループ目かのうちの1つである可能性が推定ではあるが極めて高い。
  • 推定ではあるが、マジョの未来編はパールさんの魔法の副作用で起きた可能性が高い。
  • 四賢者イベで出てきたブラックパールは、偽者である可能性が高い。本物のブラックパールはジンの時代の過去までしか干渉出来ないという制約があるためである。四賢者はジンの登場より以前である。
  • マジョのイベクエストではどういうわけかやられ役のボスとして戦うことが結構多かった。
  • 「くふふ」、「まじうぜえです」等はペルラとバレるのを防ぐためにわざとしていたようである。同社の別ゲームに同じ口癖のキャラはいるがリリース時期的にこちらが先であり、こちらが元ネタの可能性もあるが詳細は不明である。また同社学園ものゲームに似た能力持ちのキャラがいる。
  • マジョのブースト図鑑でパールとブラックパールでは3サイズが違う。着やせするタイプなのかもしれない。ちなみに露出度と3サイズはブラックパール>パールである。また、ブラックパールの形態だと右手に鉤爪のようなものがあり、頭上にリング状のものが出ている。
  • マジョでは実質の真ヒロインだった。ラスピリではどういう立ち位置になるか注目である。
  • マジョでペルラは満月、パール、ブラックパールは三日月と同一人物であるハズだが属性が違った。ラスピリではパールが光、ブラックパールが闇属性で見た目的に妥当な感じである。
  • パール、ペルラはマジョでは特殊進化可能なカードで最大512枚での進化が可能であった。まあ、非現実的な枚数ではあったが。また実用性皆無なWRの進化段階の絵の1つにペルラ、パール、ブラックパールの並んだ絵があった。


関連タグ

ラスピリ ラストピリオド マジョカ†マジョルナ ブラッドレルム

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックパール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2510

コメント