ピクシブ百科事典

アバカン

あばかん

1970年代末からソビエト連邦で行われた次期主力小銃の審査。AN-94が制式の座を射止めたため、そのまま同銃の愛称になった。

アバカン(Абакан)は、1970年代末からソビエト連邦で行われた次期主力小銃の採用審査計画。
計画名はシベリア南部の地名から。

コブロフ機械工場(Ковровский Механический Завод)のAEK-971や、ツニートマッシ(ЦНИИточмаш)のAO-63等が提出されたが、審査の結果ゲンナジー・ニコノフ氏が設計した『AN-94』が採用された。

現在では、銃器の「アバカン」といえば「アバカン計画」或いは同計画の勝者であるAN-94を指すことが多くなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「アバカン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 799

コメント