ピクシブ百科事典

アルルの女

あるるのおんな

アルルの女とはフランス南部のアルルに住む女性、又はアルル出身の女性を指す。

「アルルの女」とは

  • フランス小説家ドーデの書いた短編小説、これを基にした戯曲、更に上演に際してビゼーが作曲した組曲タイトルである。中でも第2組曲第4曲の「ファランドール」が特に知られている。粗筋については……幼馴染の婚約者がいるというのにアルル地方から来た美女に心を奪われた男が、その美女が他の男と駆け落ちすると聞いて悲観して発狂、転落死してしまった、という話をする残された婚約者……という悲劇というか何とも救いの無いお話である。しかもその美女は劇中、登場しない。

  • ゴッホが1888年から1890年ごろにかけて描いた6枚の連作油彩画のタイトル。正しくは『アルルの女 (ジヌー夫人)』と命名されており、アルルにあったカフェの経営者をモデルにしていると言われる。

関連記事

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルルの女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント