ピクシブ百科事典

アレン・M・サムナー級駆逐艦

あれんえむさむなーきゅうくちくかん

アレン・M・サムナー級駆逐艦とはアメリカ海軍に所属していた駆逐艦の艦級である。
目次[非表示]

概要

アメリカ海軍ではワシントンロンドン軍縮条約の期限が明けてから、制限に縛られない大型駆逐艦の第一陣としてフレッチャー級駆逐艦の量産を開始した。
しかしより強力な艦を求めたアメリカ海軍は、12.7cm両用砲を6門搭載した駆逐艦の建造を開始した。

設計

サムナー級の船体はほぼフレッチャー級と同一のもので(全長が20㎝、全幅が5cm大きくなっただけ)、12.7cm連装両用砲を3基、さらにフレッチャー級同様の53.3cm5連装魚雷発射管を2基、更に40mm機関砲、20mm機銃を多数搭載している。

一方で装備を詰め込んだことで弊害も発生していた。機関部はフレッチャー級と同一のものを搭載することで航続距離の同一を図ったが、航続距離と速力は減少してしまい、さらにトップヘビーが進んだことで結果としてあまり成功した艦とはみなされず、100隻の建造予定が58隻で取りやめられ後継艦としてギアリング級が建造されることになった。

戦歴

第二次世界大戦では23番艦「メレディス」がノルマンディー上陸作戦で戦没したのを皮切りに、4隻が戦没している。

大戦後もギアリング級やその後継艦のフォレスト・シャーマン級駆逐艦とともに改装を受けつつアメリカ海軍の一翼を担う一方、西側諸国へも売却されていった。

朝鮮戦争を経た1964年、ベトナム・トンキン湾で哨戒任務にあたっていたサムナー級28番艦「マドックス」が北ベトナム海軍の魚雷艇による攻撃を受けた。このトンキン湾事件を皮切りに8年以上にわたるベトナム戦争が激化していくこととなった。

関連タグ

アメリカ海軍 太平洋戦争 ベトナム戦争

関連記事

親記事

駆逐艦 くちくかん

兄弟記事

コメント