ピクシブ百科事典

ウォータージェット

うぉーたーじぇっと

「ウォータージェット」とは、1.加圧された水を0.1mm-1mmほどの小さい穴などを通して得られる細い水流。2.船舶などで後方に高圧の水流を噴出する事で推進力を得る方式。『ウォータージェット推進』。
目次[非表示]

加圧された細い水流

300MPaほどに加圧された水を0.1mm-1mmほどの小さい穴などを通して得られる細い水流。
これを用いて切断などの加工を行うことを、『ウォータージェット加工』『ウォータージェット切断』『ウォーターカッター』(water cutter)と呼ばれる。

利点として、

  • 加工部に熱が加わらないので、熱に弱い物質の切断も可能。
  • 加工粉塵が空中に飛散せず容易に回収できる
  • 火炎や火花が出ないため、ガスなど爆発物や引火物がある場合に対して有効。
  • 水は比較的管理がしやすいため、運用費を安く出来る。

また流速を変えることで人体にも使用可能。
金属・鉄筋コンクリート・ダイヤモンド等硬い物に対して、水に何らかの研磨材を添加して高圧噴射で加工する『アブレシブジェット加工』も行われる。

ウォータージェット推進

船底から汲み上げた水を、主機(動力源)により動作する高圧ポンプで、後方のノズルから勢い良く吐出する事で推進力を得る方法で、『ハイドロジェット推進』、英語圏では『ポンプジェット推進 (Pump-jet)』とも呼ばれる。
スクリューに比べて推進効率は劣るが、高速推進に有効。

レジャー用の水上オートバイから、高速船、高速巡視船・巡視艇、テクノスーパーライナー、ミサイル艇、近年は船外機や原子力潜水艦等にも使用される。

主な使用例

ウェーブピアサー型高速船・「ナッチャンWorld水中翼船ジェットフォイル「セブンアイランド結」
北海道の要請で支援物資輸送に「ナッチャンWorld」臨時運航
東海汽船 新型 ジェットフォイル 結
インディペンデンス級沿海域戦闘艦シーウルフ級原子力潜水艦
無題
急速潜航
水上バイク
水上オートバイ


因みに、

  1. 『ウェーブピアサー』はオーストラリア・インキャット社が開発・製造。
  2. 『ジェットフォイル』はアメリカ・ボーイング社が開発、現在は川崎重工業が製造。(当初はボーイング社も製造。)「セブンアイランド結」は川崎製。

関連記事

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォータージェット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53

コメント