ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オーブダークネス

おーぶだーくねす

オーブダークネスとは、『ウルトラギャラクシーファイト』に登場する悪のウルトラマン。
目次 [非表示]

データ

身長50m(※)
体重5万t(※)

オーブオリジンと同じ数値


概要

ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』に登場する悪のウルトラマン。

正式名称ウルトラマンオーブダークネス。 Episode6から登場。


エックスダークネスジードダークネスと同じく、ウルトラダークキラーが生み出したダークネスの一人ではあるが、エネルギーを十分に奪う前にウルトラマンビクトリーの妨害にあったため不完全な形で創造されてしまった。

そして創造されて間もなく、ウルトラ戦士の根絶やしにこだわる一同に水を差してきた謎の青い巨人に攻撃されてしまっている


不完全な状態ではあるもののその実力は既にオーブには引けをとらないとされており、作中でも実際に互角に渡り合っている(これはダークネスが奪った光の力を闇のエネルギーで増幅させているという作中のセリフから増幅させた分で補っていると考えられる)。


オーブと一進一退の激しい攻防を繰り広げたものの、最終的にはゼロへの思いを胸に再起したオーブ・エメリウムスラッガーのES(エメリウムスラッガー)スペシウムを受けて大ダメージを負ったところへ駄目押しの超ウルトラノック戦法で全身を切り刻まれて粉砕された。

あばよッ!!

それがオーブの手向けの言葉であった。


その後、他のダークネスと一緒にダークキラーによってまた生み出され、ダークキラーの強化のために吸収された。


容姿

オーブオリジンの姿を模している。

ほかのダークネスと同じく赤い目を持つほか、眼の下にはカオスウルトラマンのような涙を思わせる紫色のラインが引かれ、カラータイマー周りの4つの突起も紫色をしている。どことなく人相の悪くなったウルトラマンオーブといった風貌。

またエックスダークネスやジードダークネスとは異なり白い顔をしているが、これはエネルギー不足で不完全な姿のまま製造されてしまったことの影響と推察される。

本物のオーブが持つオーブカリバーに似た、ダークネスカリバーを武器とする。


端的に言えば紫色が増えたオーブダークである。


使用技

  • ダークネススプリームカリバー

Episode7で披露したオリジナルのオーブスプリームカリバーに相当する技。

光線の色が紫に染まっているほか、円を描くモーションが本物と逆(本物は反時計回りに描くのに対し、ダークネスは時計回りに描く)、円を描いた後にカリバーを天に掲げない等、発動のモーションも若干異なる。


  • ダークネスフレイムカリバー

Episode8で披露したオーブフレイムカリバーに相当する技。

ダークネスカリバーで描いた炎の円を敵に向けて放つ、どちらかと言えばオーブダークのオーブダークインフェルノカリバーに近いもの。


余談

ウルトラマンR/B』でチェレーザが変身したウルトラマンオーブダークに酷似しており、スーツを改造したものと思われる。

そうだとしたら、「オーブの光の吸収が中断されたため不完全な形で創造された」という設定もスーツの改造箇所を最小限にするための可能性もある(怪獣酒場のイベントやTHE LIVE等でオーブダークが出たため、撮影後オーブダークに戻されたと思われる)。

もっとも前述の通りあくまで推測で他のダークネスと異なる姿について設定面や大人の事情双方での公式での説明はない。

数えて3体目となる偽オーブだが、何気に初めて本物のオーブと戦って引導を渡された個体である。

なお、ダークネスでは唯一ソフビ人形が日本では発売されておらず、中国でのみの発売となっているほか、S.H.Figuartsも参考出品のみとなっている。


pixivでは、「もし完全な姿になっていたら?」という想像で描かれたイラストがある。


関連項目

ウルトラギャラクシーファイト

ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ


ダークネス(ウルトラシリーズ)

ウルトラダークキラー

エックスダークネス ジードダークネス ゼロダークネス

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30167

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました