ピクシブ百科事典

グラークα作戦

ぐらーくあるふぁーさくせん

「mozu」に出てくる極秘作戦について記載する。
目次[非表示]

グラークα作戦

グラークα作戦とは、
物語開始(seson1の第一話)の5年前に、警視庁公安部が行った極秘作戦である。
この作戦の総指揮を執ったのが公安部長の室井玄(生瀬勝久)で、内閣危機管理監だった森原健吾(瑳川哲朗)の命令で作戦は実施された。
 公安警官の精鋭捜査官6名が送り込まれた。(倉木千尋石田ゆり子も含まれる)

目的

乗っ取られた国民監視システムの奪還。

失敗

作戦は失敗に終わり、操作に当たった捜査員6名が捕虜としてロシア側に捕まる。
捜査員たちは、身元を明かす猶予を72時間与えられたが、結局誰も情報を喋らなかった為、捜査員5名は殺害され、倉木千尋のみ殺されずに生還した。

作戦の真の目的

公安警察を裏切った明星洋人の拘束が目的である。
 潜入先は北海道の孤狼島に座礁したロシアの潜水艦だった。

season2

season2では、倉木が妻が精鋭部隊として参加した公安の極秘裏潜入捜査グラークα作戦の真相を追う話がメインストーリーである。

  • なぜ6名の潜入捜査官の中で千尋だけが生還したのか。
  • 空白の72時間の真相を解く手がかりを知るロシアのスパイ、イワン・タイラーとは何者か?。
  • グルジブ共和国に詳しいジャーナリストの名波汐里(蒼井優)は何を隠している?。

注記

- 国民監視システム  - 孤狼島
- イワン・タイラー  -グルジブ共和国
の用語に関しては、幻の翼内の ”4 用語” を参照。

関連記事

親記事

幻の翼 まぼろしのつばさ

コメント