ピクシブ百科事典

ケーニヒ・クロイツナッハ

けーにひくろいつなっは

ケーニヒ・クロイツナッハとは、ゲーム作品「チョロQHG4」に登場するキャラである。 ※ここでは、過去の彼について記載する
目次[非表示]

概要


ゲープコッチ島のニャキータウンの貴族で、クロイツナッハ家の子。

同じニャキータウンの貴族である【テレメゴール家】とも仲が良くノルキアとは幼馴染であるが

家柄という国境を越えて、兄妹のように育って行った。


突然の悲劇


グランプリの設立を決定したのは、クロイツナッハ家やテレメゴール家だけではなく ケーベルトのリュクセンドッフ家、アニアのキスババ家の四つの貴族が入念に議論していった。


ある日、サーキットの建設事業を進めていた自身の両親とテレメゴール夫妻が事故に遭い亡くなったことを知る。

早くに両親を失い天涯孤独の身に成ってしまうが 両親の遺産を引き継ぎ宮殿でノルキア、父の盟友であるヘリコストと三人で生活していった。

サーキット建設事業を引き継ぎ、ノルキアを始めとした多くの人々共にサーキットを建設していった。


時が経ち


レーサーとしてノルキアと共にレースに出場、名を世に知らしめる。 連戦連勝の不敗神話を築き、いつしか【レースの帝王】と呼ばれるようになり、伝説の【ゲープコッチ三本槍】というレーサーの一人としても名を馳せる。

ある日ポクイー出身のスーパーレーサーと出会い、そのレーサーと三人で上位を争う日々を送る。その時の瞬間は、とても心地よく 純粋に『楽しい』という気持ちで満たされていた。

ワークス制度が出来上がってからは、【ゲトラワークス】を結成しオーナーに就任。

しかし、グランプリレースで起きた大事件で友を失い 一人のレーサーと共にレースの表舞台から去って行った。

以後は、レース貴族を中心としたロイヤルカップの主催者として活動する。

※以後の活躍は、こちら

pixivに投稿された作品 pixivで「ケーニヒ・クロイツナッハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 440

コメント