ピクシブ百科事典

コルテックス

こるてっくす

コルテックスとはクラッシュバンディクーシリーズに登場するキャラクター。

スタートボタンを押すのだ

CV:飯塚昭三秋元羊介(日本語版)
ブレンダン・オブリエンクランシー・ブラウンレックス・ラング(英語版)
ユスト・マイヤーマーセル・ヨンカー(ドイツ語版)

概要

クラッシュ・バンディクー』シリーズに登場する悪の科学者。通称、ネオ・コルテックス
フルネームは「Neo Periwinkle Cortex(ネオ・ペリウィンクル・コルテックス)」。
「Periwinkle」はニチニチソウ、「Neocortex」は脳の新皮質を意味する英単語である。
携帯している光線銃、フライトボード、
額のNの文字(少年期は小文字だった)がトレードマーク。

遺伝子改造を施した動物たちや、巨大なメカを使い世界征服を企むマッドサイエンティスト
彼がこの野望を抱くようになったのは、科学界で除け者にされた恨みから(『1』より)らしいが、
『5』では、悪人を養成する学校「ワルワルスクール」で少年時代を過ごしていたころから
既にその研究に着手している、とされている。

『アドバンス』では地球をビー玉並みに小さくする「惑星ミニミニマシーン」、
『2』や『4』では巨大な宇宙ステーションを造るなど、その実力は計り知れないところがある。
参謀にエヌ・ジン、姪にニーナ・コルテックス
さらに大きな悪の黒幕ウカウカの元で働く同僚にエヌ・トロピーがいる。

性格はとにかくしつこく、諦めが悪い。だが、どこか憎めないところがある。
毎回クラッシュ一行に負けるたびに、ウカウカから
「このアホ!うすらトンカチ!」などの叱責をくらうのもお約束
また、どんな悲惨な目に遭わされようとも復活する、悪運の強さも持ち合わせている。
実際に、『1』でクラッシュに敗れた際に、上空から島へと転落しているが、
見事に生きていただけでなく、その中で偶然
以降のシリーズの鍵を握ることになる、パワーストーンを発見している。

『5』では、別次元から攻め込んできた悪玉「エビル・ツインズ」と戦うため、
一時的にクラッシュたちと手を組み、プレイヤーキャラになっているほか、
スノーボード代わりにされるなど散々な目にも遭わされている。

日本版では主に、特撮やアニメなどで多くの悪の親玉を務めた飯塚昭三が声を当てているため、
余計にコルテックスの憎めない一面が強調されている。
博士のお出ましじゃ~い!!」「ま、誕生会みたいなもんだ。お別れ会かもしれんがな…。」などのセリフは飯塚の持ち味が生命を与えている。

関連タグ

クラッシュバンディクー
科学者 マッドサイエンティスト
タイニータイガー ディンゴダイル:部下
エヌ・ジン ニトラス・ブリオ エヌ・トロピー:同僚
ウカウカ:上司

pixivに投稿された作品 pixivで「コルテックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13832

コメント