ピクシブ百科事典

サラ・ブラウン(ダンス・マカブル~西洋暗黒小史~)

さらぶらうん

ダンス・マカブル~西洋暗黒小史~の登場人物。
目次[非表示]

概要

「この町に魔女なんているのかな ねえメアリー?」

ダンス・マカブル~西洋暗黒小史~に登場する町娘でスマホやインターネットのバナー広告で嫌というほど見られた方は多いと思われる。

一人称は「私」。商人の娘で勝ち気な性格の黒髪のロングヘアーが特徴の美少女。黒か赤系のドレスを着ている。気は強いが本来は優しく温和でレズビアンと思われる。親友にメアリーという少女がいる。

町にやって来た魔女狩り将軍を自称するマシュー・ホプキンスにより産婆のアビゲイルが逮捕され、鞭打ちの拷問を受けたアビゲイルが咳の薬を貰っていたメアリーを告発してしまい、今度はそのメアリーが水を飲まされる拷問を受けサラの名前を自白した為に「魔女」として逮捕されてしまう。ホプキンス、ジョン・スターン、メアリー・フィリップスの目の前で全裸になるように強要され、メアリーに腋毛と陰毛を剃られジョンに魔女発見針で刺されながら全身を調べられる。ジョンとホプキンスに股間にあるクリトリスを「第三の乳首」であるという言いがかりをつけられ逮捕されてしまう。身元がしっかりしていたこともあり騒がれるのを懸念したホプキンスは気まぐれの恩赦により適当に痛め付けて釈放しようとする。その後両足が腫れ上がるほどの鞭打ちを受けた後、大勢の男達がいる公衆の面前で全裸にされ逆さ吊りで水に浸けられる拷問を受ける。その際に親友のメアリーと知り合いのアビゲイルらが殺害されたことに怒ったことでホプキンスの処刑対象となってしまう。

その後、不眠の刑という眠らせない拷問に苦しめられる。7日後、裁判で牧師による弁護で助かるかと思われたが、不眠により幻覚と幻聴を見ていた為、裁判中に叫んでしまいそれをホプキンスが使い魔を召喚したと言いその為魔女として認定されてしまう。最後まで信じてくれた両親にも魔女であると思われ、全てを失い絞首刑となる。しかしその魂は最後まで屈せずホプキンスに一生消えない恐怖を与え彼を苦しめ、無念を晴らすことに成功した。原作者もブログで認めているが容姿が神代マヤに酷似している

備考

  • ダンス・マカブルの売り切れが続出した理由は魔女狩り将軍の回のサラの容姿が世紀末オカルト学院神代マヤに似ているとあるスレッドで紹介され、マヤファンが購入した為である。


関連タグ

ダンス・マカブル~西洋暗黒小史~
魔女 ヒロイン
世紀末オカルト学院 拷問
君島陽子(仮面ライダーゴースト) 小林里乃

コメント