2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ごめんね、愛してる」

「いつか世界をその目で好きになる様に」

「楽しみだなあ」

プロフィール

名前小桜紫苑(シオン)
楽曲群青レイン
誕生日6月18日
身長168cm
体重45kg(リンゴ150個分の重さ)
血液型?型
好きな人お母さん
家族構成、夫、
CV岡村明美


概要

群青レイン」の主人公。「想像フォレスト」にも登場する。
マリーの母親で、メデューサと人間のハーフの女性。
アザミツキヒコとの間に生まれた娘である。

穏やかで優しく、娘のマリーを心から愛していたが、まだ幼いマリーがメデューサの力を暴走させないように「目を合わせてはいけない」「家の外へ出てはいけない」と言い聞かせていた。
シオンはマリーが成長したときに「メデューサは任意で力の制御ができる」ということを教えるつもりだったようだが、言いつけを破って外に出て人間に襲われた幼いマリーをメデューサの能力によって守った際、その負担に耐え切れず亡くなってしまい、マリーは真実を知らないまま引きこもることになってしまった。

上記のことから分かるようにとても娘想いで、また娘からも愛されていた母親だった。その証に、マリーの「好きな人」の欄には「お母さん」とハッキリと書かれている。
群青レイン」は 彼女から娘のマリーに向けた愛の歌である。

ちなみに、紫苑の花言葉は、「ご機嫌よう」や「追憶」、「遠い人を思う」や「君を忘れない」、「どこまでも清く」などの意味があると言う。

以下、ネタバレ注意





幼少期は、ツキヒコと共に「カゲロウデイズ」の中に姿を消したアザミを待ち続けて過ごす。

ツキヒコの死後も森の中で生活し、やがて人間の男性との間にマリーを授かる。しかし、マリーが「メデューサの血族」ということで人間から気味悪がられることを案じ、安全の為にマリーが大人になるまで森の中で生活する道を選ぶ。
しかし、ある日人間に襲撃を受け、マリーを庇おうとメデューサの血に残る「対象を石に変える能力」を使った際、その能力に体が耐える事が出来ず絶命する。

その直後、マリーと共に「カゲロウデイズ」に飲み込まれ、アザミと再会する。命の代わりとして「目を合体させる」蛇に適合するも、マリーにその蛇を譲り、外の世界へと送り出した。

関連イラスト

紫苑さん
家族いっしょ
群青レイン
私は幸せです。
シオンさん
愛してるって言いたいな



関連タグ

じん(自然の敵P) カゲロウプロジェクト
群青レイン 想像フォレスト 
マリー アザミ ツキヒコ
メデューサ一家

他の記事言語

Shion (Kagerou Project)

関連記事

親記事

カゲロウプロジェクトの登場人物一覧 かげろうぷろじぇくとのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シオン(カゲロウプロジェクト)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シオン(カゲロウプロジェクト)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 532057

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました