ピクシブ百科事典

ジェルメ

じぇるめ

モンゴル帝国に仕えた武将軍団「四駿四狗」の一人。ジュルメとも言う。

概要


ジェルメはウリャンハイと言う狩猟民(遊牧民説あり)に生まれ、チンギス・ハーンを産んだモンゴルのエスゲイに仕える者の家に生まれた。彼が産まれたとき、父(一部作品では祖父と言う書き方もある)のジュルチダイはジェルメを使えさせたいと申し出て、王子テムジンが成長した時に晴れて仕官がかなった。

彼は武勇に秀で、弟のスベエタイや弓の名人ジェベ、オアシス平定の功労者クビライ(チンギスの孫とは別人)と並ぶ猛者として四狗(4匹の忠犬)とあだ名される戦士に成長した。ジェルメの生没年は不明であるが、弟ほど長命ではなかったとされ、一説にはテムジンがチンギス・ハーンとして即位してから程無くして死去したと言う説もある。

逸話


  • ジェルメは勇気だけではなく、忠誠心と義理人情にも厚かったらしく、「三つの恩」のエピソードがある。一つはボルテが攫われた時、メルキト族から主人を逃がした奮戦。残りの二つはタイチウトとの戦いで毒矢を受けて死にかけたテムジンの傷から毒を吸い出した事と、渇きを覚えたテムジンのために乳製品と水を敵陣から奪い取って完治させた事である。

  • ユーモアと機転にも富んでおり、乳製品と水を奪う際に彼は着物を脱いで敵陣に忍び込んだ。それをテムジンに尋ねられると、「王子を棄てて逃げようとしたら裸にされた上で勾留されたが、ようやく逃げた」と偽装する作戦を立てていた事を話し、その機知を評価された。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェルメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5159

コメント