ピクシブ百科事典

ジョルジュ・ビュルー

じょるじゅびゅるー

モロッコ在住フランス国籍(1910年 - 1987)の産婦人科医。『性転換ならモロッコ』のイメージを打ち立てた人物。

「私は男性を女性にするのではない、ただ外性器の形状を修正するのだ、大切なことは当事者の心の内にある。」

当時フランス領であったアルジェリアに生まれ(1910)、
モロッコカサブランカに移住し「パルク診療所」(Clinique du Parc)設立(1940)。
アメリカ人医師との協力や研究の末、独自の陰茎陰嚢皮膚翻転法の基礎を確立(1950's後半)。
世界各国から性別適合手術を希望し訪れるトランスウーマンたちのためメスを振るう。
スタンフォード大学医学部にて術法を公開し、陰茎陰嚢皮膚翻転法が世界的に普及(1973)。
※この時点で彼は600名以上のトランスウーマンのために性別適合手術を実施していた。

彼の没後は、ノウハウのある病院・医師の数が豊富なタイが性転換手術のメッカになっている。

外部リンク

ジョルジュ・ビュルー - Wikipedia

コメント