ピクシブ百科事典

スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ

すわんそんぐさんぐばいあふぇいでっどくろう

Swan song sung by a faded crow、「死に逝く鴉の最期の舞台」。「ニンジャスレイヤー」の第一部エピソードオーのひとつ。逃亡生活を送るヤモト・コキと、彼女のメンターの一人であったカギ・タナカとの出会いと別れを描く。ニンジャスレイヤーは登場しない。
目次[非表示]

「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」、Swan song sung by a faded crowとは、ニンジャスレイヤーの第一部エピソードオーの一つである。

作品解説

第一部「ネオサイタマ炎上」の一つ。作中時期としては「ラスト・ガール・スタンディング」の少し後と推察される。メディアミックスではシヨンの第13話・14話に相当。

笑い爺が取り持つ依頼によって数々の武器の試し斬りをしつつサイバーツジギリ稼業を営んでいたニンジャカギ・タナカことシルバーカラスは、しかしニンジャの体力を以ってしても抗えない死病に冒され余命幾許もない状態であった。そんな中、いつものようにある武器を試した後に訪れたランドリーで、彼は家出娘と思わしき少女、ヤモト・コキと出会う…

「ラスト・ガール・スタンディング」で逃亡生活を始めたヤモトがイアイドーを身につけ、ウバステを振るうことになった切っ掛けを描く物語である。暗殺者の男と少女ニンジャの覚束無いやり取りと束の間の安息、そして最期に訪れる対決と別れに涙腺が爆発四散するヘッズが続出した。無力さを指摘されて涙ぐんでいたヤモトが、ラストバトルではそのインストラクションを忠実にこなして見事なイアイドーで華麗に戦う程に成長するなど、キャラクターとしても物語としても重要な立ち位置にあるエピソードオーである。

なお、本作にはニンジャスレイヤーは登場しない。ニンジャスレイヤーが登場しない数少ないエピソードオーの一つでもある。

登場人物


別名・表記ゆれ

「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」

関連タグ

ニンジャスレイヤー
ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン

コメント