ピクシブ百科事典

タイカヅ

たいかづ

KING OF PRISM by PrettyRhythmのBLカップリング。
目次[非表示]

概要

KINGOFPRISMbyPrettyRhythm及びKING OF PRISM -PRIDE the HERO-に登場する香賀美タイガ仁科カヅキのカップリング。

学年はタイガが中3、カヅキ高3(キンプリキンプラにおいて)。誕生日はタイガ5/4、カヅキ5/5で一日違い。タイガは誕生日が一日違いであることをカヅキに隠していた様子(カヅキ&タイガお誕生日先付け)。同じA型。ふたりともストリート系。担当カラーはタイガがライトグリーン、カヅキがグリーン。サインは酷似している。
初期の頃は「タイガがOverTheRainbow(以下オバレ)のファンである姉に無理やり連れて行かれたライブで初めてカヅキのショーを目にし、ファンになりその後カヅキに近づくため上京しエーデルローズに加入した」とされていたが、後に「タイガが幼い頃何度か東京を訪れており、その時高架下でカヅキにプリズムショーを教えてもらった。その後一度地元青森に戻り、エーデルローズに入るためまた戻ってきた」ということになった。今のところ前者の出会い方が有力な様子。どちらにしろ上京した理由はカヅキである。雑誌のタイガ紹介文や監督曰くタイガはカヅキLOVEらしい。

エーデルローズに同じストリート系が入ってくることはかなり珍しいので、カヅキはタイガのことを非常に可愛がっているらしい。一方タイガはカヅキが好きすぎるあまりツンとした態度をとってしまう。

本編:キンプリでのふたり

以下の文は雑誌や舞台挨拶などで発表された準公式設定を含むためそのような類が苦手な方は注意して頂きたい。また、「KINGOFPRISMbyPrettyRhythm」を「キンプリ」、「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」を「キンプラ」とする。

オバレを結成してからのカヅキはメディア露出が増えファンが増えていった。もとよりタイガは「アカデミー系はチャラついていて好きじゃない」と言っていたがストリート系ダンサーで憧れているカヅキがいるからという理由でエーデルローズに入った。それなのに最近のカヅキはドラマやライブで女に媚を売るようなチャラチャラしたことを…とカヅキの変化に怒りを感じていたようす。彼はカヅキさんは俺のものと思っているらしくカヅキがほかの人に馬鹿にされたり、女の子にキャーキャー言われるのは心底嫌とのこと。

高架下で特訓していたカヅキに厳しい言葉を浴びせたりするが、大和アレクサンダーがカヅキを「バラバラにするぞ」など挑発した際にはカヅキのことを庇っていた。
ちなみにアレクの登場から十王院カケルの登場までカヅキはタイガの肩に手を置いたまま。

その後、エーデルローズ主催のローズパーティーにて無期限活動停止を公言したオバレタイガはカヅキとお揃いの緑のブレスレットを見つめながら「カヅキさんのいないエーデルローズなんて…」と悲しい顔で寂しさを露にしていた。本編終了後の次回予告?にてカヅキがエーデルローズをやめることが明かされた。タイガは高架下のシーンですでにカヅキからエーデルローズを去ることを告げられていたらしい。


本編:キンプラでのふたり

高架下でタイガはカヅキから「エーデルローズのストリート系はお前に任せたぞ」と託されていた。

カヅキは元祖ストリートのカリスマ:黒川冷に弟子入り志願のため毎日Prism Stoneを訪れていた。いつも冷から「俺に教えられることはない」と帰されていたカヅキであったが、ようやくプリズムショーを教えてもらえることに。一方タイガは「毎日こんなチャラチャラした店にきやがって…」とカヅキの後をつけていた(※公式ノベルにてカヅキに会うためにPrism Stoneを訪れていたことが判明)。このあとタイガはネストオブドラゴンまでカヅキを尾行していた。

プリズムキングカップの出場者発表時にはカヅキがタイガを推薦してくれていたことがわかった。またその大会でタイガはカヅキのショーを観て涙を流したり、カヅキから「お前のプリズムショーすっげぇフリーダムだったぞ!」と褒められたりしていた。

EDのイラストではあんとわかなに追いかけられるカヅキを助けるためにさらにそれを追うタイガというものがある。

アプリ「KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE」にて

このアプリのメインストーリーの内容はキンプリからキンプラまでの間に起こった出来事である。またブロマイドを取得しレベルを上げる事によって各キャラのストーリーが解放される。以下一部紹介。

・カヅキがタイガを渋谷に誘っていた(インタビュー:〔日常〕タイガ)
・タイガがカヅキと風呂に入りたいと言う(プリズムボーイズ♯2)。イベント「わたしを温泉へ連れてってください」ではカヅキとふたりで風呂に入ることができたが風呂の端っこに居た。その後お互いに背中を流しあった。またタイガは「カヅキと一緒に旅行できて嬉しい」と素直だった(PR:Good Sleepカヅキ♯2)。
・イベント「ときめきサバイバル合宿」
 オバレが強化合宿を企画。合宿先であるカケルの別荘のシステムがすべてダウンし全員で協力して食料や水などを調達することに。カヅキとタイガは二人で水を汲みに森の中へ入っていったがカヅキが道を間違え迷子になってしまった。カヅキがタイガに道を間違え迷ってしまったことを謝罪すると自分もカヅキにすべて任せてしまっていたとタイガも謝った。その後タイガが得意の木登りで合宿所を発見し、カヅキの役に立てたと喜んでいた。特別編ではタイガを最高の自慢の後輩と褒めていた(PRバーニングマスター カヅキ、SRクライミングタイガー タイガ)。
・イベント「PRISM KINGDOM」
 十王院グループがVR技術を使ったMMORPGを開発。ゲーム内でタイガは一番にカヅキに会えたことを喜ぶ。パーティーを組もうとしたら操作を誤りタイガは現実世界に帰ってしまう。とりあえず消えてしまったタイガを探すため冒険を開始するカヅキ。結局ゲーム内では最後まで会うことはできなかったが、カヅキはタイガに「次は一緒に組もうな」と声をかけた。(SR剣士カヅキ、PR盗賊タイガ)
・イベント「輝けミスシュワルツNO.1」
 コウジが女装コンテストの出場をみんなに提案。タイガは女装コンテスト(ミスコン)には絶対出場しないと言っていたが、カヅキが自分に期待してくれていることを知り出場を決意。ミスコン本番でカヅキは女装したタイガを「クールビューティーって感じだな」「すげー似合ってるぜ」と褒めた。(SR津軽娘タイガ)


タイガのソロ曲「レジェンド・ワールド」


エーデルローズ研究生は個性的な曲にそれぞれありったけの愛を乗せて送るというテーマのもと曲を作った。タイガは挨拶でカヅキのことを思い出して歌ったと発言。こちらをどうぞ。

ユニットソング「NEO STREET STREAM」


全国各地にプリズムの煌きを届けるという目的で始まったユニットプロジェクト。2人1組で計5チームにわかれ、各地のビーチに行き歌を作り披露するというものであった。こちらのCDに収録されているドラマパートは映画の先付け映像へつながるものである。自分と組めて驚いたタイガに対して「そーかそーか!」と嬉しそうなカヅキや、タイガがカヅキの水着を(たぶん)想像して鼻血を出すなど…。タイガは鼻血を出した理由を「これは気合入りまくってるっつーか…」と誤魔化した。

到着編ではタイガがビーチを必死に探していたことがカケルからのメールで判明。またカヅキがタイガに「お前の肌砂浜ぐらい白いな」と発言。ビーチライブ編ではショーの呼び込みの手伝いをしていたタイガがカツアゲのようだったのでカヅキが「本当は優しいやつなんだから」とすごく優しく諭していた。このあとタイガは泣きそうになっていた。
帰り道編でタイガは寝言でカヅキの名前を呼んでいたり…。その後某雑誌にてカヅキがタイガの寝言を録音していたことが判明。

雑誌、グッズなどでのふたり


・HMMオリジナルみかえりデフォルメイラストで、タイガのイラストの足元をアップして見てみると、「仁科」の文字が。おそらくおさがり。
・台詞アクリルはタイガとカヅキで全2種
・大江戸温泉物語コラボではタイガとカヅキのみアヒルがついている。
・としまえんのタイガのパネルでつけているⓀのネックレス。
・プリズムキングカップ後の雑誌のインタビューでは数日経っているにも関わらず、まだカヅキのショーの凄さに放心しているタイガ
一条シンがタイガの部屋にはいった際、机の上にカヅキが掲載されている雑誌の切り抜きが置かれていた。
・いつもはタイガの胸についているKと✩の缶バッチ(カヅキ公式グッズ)だが、キンプラや抱き枕カバーイラストではなぜか✩の缶バッチのみカヅキのもとへ分離していく。
・某ホテルとのコラボではカヅキのロッカーからタイガのネクタイが発見された。

などが主に挙げられる。

関連タグ

キン腐リ

pixivに投稿された作品 pixivで「タイカヅ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 908953

コメント