ピクシブ百科事典

ダークスターカオス

だーくすたーかおす

ダークスターカオスとは、レッスルエンジェルスサバイバーに登場する女子プロレスラーである。

プロフィール(数値はサバイバー版)

名前ダークスターカオス
国籍アメリカ
誕生日4月26日
身長177cm
スリーサイズ118/80/99
得意技パワー技
必殺技ダークスターハンマー
CV小山裕香(ダブルインパクト)、高松由香(サバイバー)、臺奈津樹(サバイバー2)


アメリカ人覆面レスラー。初代およびそのリメイク作V1におけるラスボス。
ストーリー後半、突如として現れた素性不明の謎のレスラーで、IWWFヘビー級王者であったビューティ市ヶ谷からベルトを奪取。彼女からベルトを奪う事がゲームの最終目標となる。
その後はシリーズを通して全米トップヒールとして君臨。クリス・モーガンの方がわずかに格上とされるが、最強格のレスラーの一人である事は間違いない。
なお、文字数制限の都合により、スーパーレッスルエンジェルスでのみスーパーカオスのリングネームで登場。

初代のストーリーをベースにした「美少女レスラー列伝」でも同じ流れでラスボスを務めるが、それに加えて、カオスルートが存在(山田遥・小沢佳代・チェルシー羽田のいずれかでワールド女子に所属し、龍子とのタッグを二度拒否すると分岐)。

そのルートでは、マイティ祐希子にベルトを奪われた責任を取らされ、会社に理不尽な解雇を受けたマリア・ロードンが、再びリングに上がるためにマスクを被り、カオスとなる。
しかし、主人公とのタッグで挑んだ王座戦で負傷し、現役続行不可能に。そこで、「今消えればカオスは口だけのレスラーだったと言われる。それは許せない」と決意した主人公が、カオスのマスクと名を受け継ぐ……と言う、まさかの「プレイヤーがラスボスになれる」驚愕の展開が行われる。

マリアは列伝のみのキャラだが、それ以外のルートおよび他の作品ではカオスの素性にはほぼ触れられない(一部作品で素顔を拝む事は出来る)ため、「マリアがカオスの正体である」と言うのはほぼ確定とされ、後の愛2話でもそれをほのめかすシーンがある。

なお、列伝は漫画「ブリザードYUKI」とのコラボで作られたゲームであり、主人公をYUKIに設定してプレイすると、カオスの正体はYUKIの母親では……とほのめかす描写があるが、こちらの方は他作品絡みである事もあり黒歴史化している。

関連タグ

レッスルエンジェルス 女子プロレス

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークスターカオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27749

コメント