ピクシブ百科事典

テスタメントシュピーゲル

てすためんとしゅぴーげる

冲方丁によるライトノベル作品。角川スニーカー文庫より刊行。

イラストは島田フミカネが担当。
オイレンシュピーゲル』『スプライトシュピーゲル』の続編にあたる。

上記二作の登場人物が互いに関わり合い、語られなかった物語の核に迫っていく、完成系にしてシュピーゲル・シリーズ完結作である。

同シリーズ特有のクランチ(バラバラ)文体はそのままに、オイレンシュピーゲルと同等かそれ以上に凄惨な描写が多く、更には社会問題、国際紛争など、ストーリーそのものが深い部分にまで踏み込んでいることが特徴。

また、ライトノベルであるにも関わらず挿絵が少ないことも特徴で、今のところカラーページ以外にはイラストが存在しない。
さらには、あまりにも登場人物が多いため、登場人物紹介に2ページ、舞台設定や専門用語の解説にも2ページ分が割かれている。こちらは実際に見て確認して欲しい。

2009年12月に1巻が発売されて以来、数年間続刊の情報が無かったものの、約4年後の2014年に企画の再始動が発表され、kindleにて連載が開始。翌2015年に5月から、2か月連続で「テスタメントシュピーゲル2」上下巻が発売された。
現在、既刊3巻。

テスタメントシュピーゲル1は、オイレンシュピーゲルのMPB側から描かれ、息をつかせぬ怒涛の展開が繰り広げられるとと共に、物語の根幹に関わる伏線が散りばめられている。
一方テスタメントシュピーゲル2は、スプライトシュピーゲルのMSS側からテスタメントシュピーゲル1と同じ時系列を展開していく形となっており、前巻で明かされなかった謎が明らかになっていく。
そして、2015年夏より、シリーズ最終章『テスタメントシュピーゲル3』の連載予定――だったが、色々あって劇中と同じ2016年に書き下ろしで刊行予定。

本作は『冲方丁最後のライトノベル』と称されており、冲方丁氏は、このシリーズの完結を持ってライトノベル作家からの引退を示唆している。

関連タグ

オイレンシュピーゲル
スプライトシュピーゲル
冲方丁

pixivに投稿された作品 pixivで「テスタメントシュピーゲル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56272

コメント