ピクシブ百科事典

概要

スポーツにおいて、アスリートドーピングをしていないか確かめる検査。
尿検査血液検査があり、前者が有名。

尿検査では、検査員がトイレに付き添って採尿をチェックする。
ドーピングをした選手が他人の尿を持ち込み、細いチューブや偽物の人工ペニスなどを用いてそれが自分の体から出ているように見せかけることがしばしばあるため、尿が間違いなく本人の体から出ていることを検査員が目視で確かめなければならないと規定されている。

採尿と目視の方法も、不正ができないように厳格に定められている。
まず、男女ともに下着を足元まで降ろし、上半身の衣服を胸までまくる。
その上で、男性小便器の前に立ち、体を少し横に向けて、ペニスが検査員からしっかりと見える状態でカップに排尿する。検査員はこれを横や上から見て、尿がたしかに男性自身のペニスから出ていることを確認する。
女性は個室で足を開いて中腰になり、股間の下にカップをあてて排尿する。検査員はこれを正面から覗き込んで、尿が実際に女性自身の陰部から出ていることを確認する。

なお、尿検査は本人と同性の検査員が担当するのが原則とされているが、実際には検査員の数が慢性的に不足しているため、男性の検査は女性の検査員が担当することもある。
(これに対しては、女性にペニスを見られながら排尿するのはいかに男といえども恥ずかしい、尿が出にくくなる、といった声もある。)


関連タグ

スポーツ ドーピング 尿検査 採尿

関連記事

親記事

ドーピング どーぴんぐ

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました