ピクシブ百科事典

小便器

しょうべんき

小便専用の便器のこと。ほとんどは男性用である。
目次[非表示]

概要

 立小便に使う便器のこと。性器の構造上、一般的には男性用である。
 使用者はズボンを脱ぐことなく、ペニス社会の窓から出すだけで用を足すことができる。そのため、個室内ではなく男子トイレ男女共用トイレの共用スペースに設置されるのが普通である。まれに、屋外に設置されていることもある。また、女子トイレにも男児用の小さな小便器が置かれていることがある。
 用途は男性の小用に限定されるものの、スペースを節約できる上に回転率が高いというメリットが大きいため、広く普及している。一般的に男子トイレが女子トイレより少ないスペースでも混雑しにくいのは、小便器のおかげだといえる。

使い方

センシティブな作品



① 小便器の前に立ち、社会の窓を開けて男性器ペニス)を出す。
② 指でペニスを持って向きを定める。仮性包茎の場合は、包皮を剥いて亀頭を露出させる。
放尿する。
④ ペニスをよく振って、残った水滴を飛ばす。
⑤ ペニスをしまう。
⑥ 水を流す。現在では、その場から離れると自動で流れるタイプが多い。

女性とは異なり、男性は小便器を使った後に亀頭を紙で拭いたり水で洗ったりはしない。(不衛生……?)

プライバシー

センシティブな作品



プライバシーにはあまり配慮されておらず、男性器が他の人から見えないようなつくりにはなっていないことが多い。特に、海外で多いアサガオ型や壁型の小便器では、隣の人の性器が自然と視界に入ってしまうレベル。
男性同士、お互いに弱点を晒し合うことで信頼関係を築いているのだ……という説もあるが真偽は不明。

女性による使用

サニスタンド以外の一般的な小便器は、女性の使用には向いていない。
使用が不可能というわけではないが、前に向かって放尿する技術が必要であり、簡単ではない。少なくとも、野外などで練習を積んでから挑んだほうがいい。

つまり、女の子が小便器をごく自然に使えていたら……

センシティブな作品


女の子だと思っていたら実は男の娘でしたのパターン!

種類

ストール型

センシティブな作品



縦長になっているタイプ。現在の日本ではこれが一番多い。

朝顔型

センシティブな作品



お椀が斜めに置かれているような形状のもの。日本にもあるが、特にヨーロッパなどに多い。
マルセル・デュシャンが「」とタイトルを付け、ニューヨークアンデパンダン展(1917年)に出展し物議を醸した。

壁型

背景:便所(旧校舎風味)



コンクリートや陶器の壁があるだけという、とても簡素なタイプ。複数の人が横に並んで同時に用を足すことができる。
昔は学校公園ドライブインなどに多数存在した。特に田舎の学校では、このような壁型の小便器を備えた男女共用トイレが多かったのだが、目線を遮るものが何もないため、男子のイチモツが女子からも丸見えであった。
現在では減っているが、皆無ではなく、地方の古いトイレに残っていることが多い。

サニスタンド

かつて存在した女性用の小便器。
詳しくは個別記事へ サニスタンド

屋外設置型

フランスオランダの一部の都市では、立ちション対策として小便器が街中に何の囲いもなく設置されており、人々が行き交う街路で堂々と用を足す男性たちの姿を見ることができる。

関連タグ

男子トイレ 男女共用トイレ 少女と小便器 トイレッツ 立ちション 現代アート

関連記事

親記事

男子トイレ だんしといれ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小便器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13076080

コメント