ピクシブ百科事典

ずらし放尿

ずらしほうにょう

股布をずらして放尿すること
目次[非表示]

水着下着等の股間部分の布地を横にずらした「股布ずらし」の状態でおしっこをすること。
一般に、男性の放尿ズボンを少し下げてペニス露出させるだけで済むため、本タグを用いられる場合は女性が放尿している場合が多い。
女性器が露出することが多いため基本的にはR-18に指定されている。

この放尿の際の衣服

ワンピース水着レオタードなどを着ている場合、服を脱いで放尿するのには時間がかかる上に、全裸で放尿をすることに抵抗を覚える女性も多い。
本タグはそれらを着ている時ので放尿を描くことが多い。
特に、夏場の海水浴場プールでは女子トイレが混雑しているため、男子トイレ男子と同時に一つの小便器で用を足して驚かせ、あるいは野外でこの放尿をして、覗き見る男の顔を赤くさせるのは定番のシチュエーションである。
しかし、スカートを穿いている場合でも、おもらし失禁)してしまいそうな切迫した状況では、放尿時にパンツを下ろす手間を省くために、たくしあげスカートの端を口でくわえて、両手でパンツのクロッチをずらしてこの放尿をすることもある。
放尿のために座る時間すらも惜しい場合は、股布をずらして立ちションを行う。
ズボンをはいている場合は、パンツだけではなくズボンもずり下ろす必要があるため、後述する特殊なシチュエーション以外は本タグが用いられることは考えにくい。

意外な目的

女性がパンツ下ろしの状態で座って放尿すると、放尿中とその前後は女性器や肛門を露出してしまい、この時間は野外では出来心を起こした良からぬ輩に対して無防備である。
その対策を目的として、短時間で放尿を行えて肛門を晒さずに済むずらし放尿をすることもある。
更に、ずらし放尿といえど座った状態ではどうしても周囲への警戒心が薄れて、無防備な背後から組み伏せらる危険性がある。
しかし、股布をずらした立ちションでは、敵の奇襲に気がつけば、最悪衣服を尿で汚すことと引き換えに走って逃げることができるため、より安全性が高い。

欠点

ずらし放尿はこのようなメリットがあるが、女性は放尿の際に尿道口の周りからふとももまでもを尿で汚してしまうことがあるため、衣類を尿で汚してしまうと、おもらしを防げても、尿から衣類を守る目的を果たせなくなってしまう。特に、ホットパンツを無理やりずらして放尿する場合にはそれが顕著である。
そのため、脚を大きく開いてふとももと鼠蹊部の密着を防ぎ、衣類股布恥丘の端まで大きくずらし、クリトリスが露出するくらいに小陰唇を大きく開く等をして、尿が恥丘に垂れることなく放物線を描くように放尿することが推奨される。(この時の尿の理想的な軌跡を、黄金放物線という(大嘘)。)クリトリスを勃起させて陰核亀頭を上を向かせると、陰核亀頭の鈴口と癒着している小陰唇が上に吊られて、尿道口が大きく開き、尿が女性器の周りに垂れ落ちにくくなるとされている。
また、の周りが衣類で圧迫された状態であり尿の出が悪く、男性のようにペニスを振って残尿を切ることができない欠点もあり、尿を出し切ったことを確認してから股布を元の位置に戻す必要がある。

熟練すれば・・・

尿道口の角度を上体の傾きで調整して真下に排尿することができれば、スカートをはいている時には女性器や肛門を外に晒さずに安全な花摘みを終えることも可能である。
…とはいえ、尿の軌跡が確認できないため衣類を汚すリスクが高く、スカートをはいて居る時にずらし放尿をするのは時間に余裕の無いときであるため、よほど慣れていない限りパンツやスカートを尿で汚してしまうだろう。

過去に存在した専用の下着

また、大昔のドロワーズ旧ドロワ)や過去のくノ一の下着は、放尿のためにあらかじめ中心に切れ込みが入れており、パンツをはいていてもオープンショーツのように尿道口の周りの女性器を露出させられる構造になっていた。
これらを穿いている場合は、股布をずらして、下着を脱がずに汚すことなく放尿できた。(旧ドロワでは、立って用を足すのも一般的だったようである。)
やはり、ずらし放尿は立ちションと切っても切り離せない関係である。とはいえ、描かれる下着の股割れの広さ次第で、股布をずらさなくても下着を汚さずに放尿できることもある。

思春期の少女のコンプレックス萌えシチュエーション

他にも性徴を迎えて自我が性分化する前の少女が、手間のかからない男性の立ちションへの自由さや、男性器と違って複雑な形の女性器を持つことに対してコンプレックスを抱く事があり、それらを克服するために男性用の小便器で、男性の真似をする形でこの放尿を行うこともある。少女と小便器
ズボンを履いている場合は、ズボンのボタンをはずしてチャックを下ろして放尿すると、パンツをずらすための十分な空間を作れない。更に小陰唇を大きく開くことができないことに加えて、尿道口の真下がズボンであり、腰を前に突き出さなければ尿の最後にはズボンに向かって尿を撒き散らすことになる。そのため、大抵の場合は衣類を汚す醜態(ただし、我々の業界ではご褒美です)を晒し、性へのコンプレックスをより大きく深めてしまう結末を迎える。
ホットパンツやレオタード、スクール水着などを履いている場合は、鼠蹊部と太ももの空間を作るため、ずらした衣類と反対側の脚を上げることも多い。その場合は黄金放物線が上げた脚の方向に傾くため、体を傾ける必要がある。レオタードを着ている女性はバレエなどで柔軟な体を持つため、Y字バランスを取りながら小便器へと放尿する「水芸」をすることもある。これらの衣類を着ている場合は、慣れさえすれば男性と同じように立ちションをすることができる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ずらし放尿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 868181

コメント