ピクシブ百科事典

概要

古代魚として有名な魚、アミア(ボウフィン)の仲間。
といってもこちらは絶滅種で、恐竜時代ただ中の白亜紀に生きていた。
 
ちなみにアミアは元々ラテン語でカツオを意味するが、もちろんカツオとは関係ない。

大きさ(30センチくらい。現在のアミアは50~80センチくらい)以外は現在のアミアとほぼ同じで厚くかたいウロコと大きな歯を持っていた。 
なお現在のアミアは北アメリカに生息するのみだが、恐竜時代当時は結構幅を聞かせていたようで、川や湖だけでなく海にも進出したものがいたらしい(現アミアもニッポンアミアも淡水魚)。

関連記事

アミア・カルヴァ
古代魚

関連記事

親記事

アミア・カルヴァ あみあかるゔぁ

コメント