ピクシブ百科事典

ネギ星人

ねぎせいじん

漫画『GANTZ』に登場するキャラクター。数居る星人の中のひとつである。
目次[非表示]

ガンツの解説

原作

  • 特徴:つよい くちい(くさい)
  • 好きなもの:ねぎ
  • 口癖:ねぎだけで十分ですよ


子供…1点 大人…3点

映画

  • 特徴:くちい(くさい)
  • 好きなもの:ねぎ


子供…1点 大人…3点

概要

一番最初に出てきた星人。
いつもを食べているせいかとても臭く、追いつめられると臭い液体を発射する。
指先には刃物のような切れ味を持つ鋭い爪があり、怒った際にはその爪で攻撃する。

劇中では子供のネギ星人の他に、大柄な身体を持つ大人のネギ星人が確認されている。
パワーも桁外れで、人間の頭を握りつぶすほどの握力を持ち、爪の攻撃力も人体を容易く両断するほどの威力に至っている。
耐久性に関してはヤクザのヘッドバッドが通用しないどころか、拳銃で撃たれても大したダメージにはならなかった。
しかし、最初だけあってかなり弱い部類に入り、ガンツスーツさえあれば負けることはない。

ちなみに、Xガンを通して見た骨格は、人間ではない。

経緯

子供ネギ星人はマンションに住んでいたところをガンツの参加者たちに発見され、追いかけ回される。
臭い液を吐きかけたり、激昂して爪で抵抗を試みたものの、逆上したヤクザを筆頭に参加者たちの一斉攻撃で爆発四散する。

その後、大人のネギ星人(ジュニアの父)も登場し、ジュニアを殺した参加者たちを皆殺しにする。
その際腕だけとなったジュニアの亡骸を拾い上げ、血涙を流した。
その場に居合わせた加藤勝にも攻撃を仕掛けるも、紆余曲折の末、ガンツスーツを着た玄野計に力負けして敗北。
その後、戦意喪失したところを西丈一郎によってYガンで拘束され、上に転送された。
映画版では無惨に射殺され、息子と同じ末路を辿った。

関連イラスト

子供

友達に描いたものですがw②



大人

ネギ星人_01



関連タグ

GANTZ ネギ
初音ミク…葱つながり。中にはミクとコラボさせたイラストもある。同じ週刊ヤングジャンプに連載された『週刊はじめての初音ミク』でも当然ネタにされた。

関連記事

親記事

GANTZ がんつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネギ星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38845

コメント