ピクシブ百科事典

ビーナスイレブン_びびっど!

びぃなすいれぶんびびっど

ビーナスイレブン びびっど! とは、株式会社Amazingが製作・配信しているAndroid/iOS/AndApp向けソーシャルゲーム。女子サッカーチーム育成シミュレーション。
目次[非表示]

概要

ビーナスイレブン びびっど! とは、株式会社Amazingが製作・配信しているAndroid/iOS向けソーシャルゲーム。女子サッカーチーム育成シミュレーション

製作会社は元々モバゲー携帯用ソーシャルゲームの、女子サッカーチーム育成シミュレーション『ビーナスイレブン』(旧。2014年サービス終了)及びカードバトルRPGビーナスランページ(2015年サービス終了)を配信していた。
本作はこれらの後継作と位置づけているが、本作では直接運営となり、Android版は Google Play の他Amazonアプリストアでも配信されている。iOS版は Apple Store のみ。

サービスインは2015年11月。当初Android版は Google Play と楽天アプリ市場での配信だったが、楽天アプリ市場が閉鎖されたため、新たにAmazonアプリストアでの配信が始まった。
なお、データは各配信版で共有であり、移行用コード(使い捨て)を使えばプラットフォーム間の移動も可能。AndApp版も移行可能だが、モバゲーIDと紐付ける際は諸注意をよく見ておいた方が良い。

作品タグはビーナスイレブンが多く使われているが、旧『ビーナスイレブン』展開中にすでにpixivが存在していたため、旧作時代のイラストもヒットする。

特徴

萌え萌えなキャライラストとは裏腹に、ゲーム内容は育成シミュレーション&シミュレーションサッカーゲーム。選手を育成し、試合に出場して報酬を得、さらに育成していくスタイル。

試合パートは(リアルタイムで動くサッカーゲームとは違い)ゲーム内設定の時間経過による戦術シミュレーションとなっており、SD化されたキャラが動くのを見ながら、アクションの指示を出して試合を進めていく。
「コンシューマゲーム版キャプテン翼みたいなシステム」といえばピンと来る人もいるだろう。

試合は“リーグ”と呼ばれる常設CPU戦、イベントCPU戦、“エキシビション”と呼ばれる対ユーザーチーム戦(操作はCPU)がある。
CPU戦はリーグやイベント、また難易度によって、数種類の定型パターンチームか、他ユーザーチームからの選抜か、になる。

課金圧はやや特殊であり、1回のスカウト(ガチャ)はビーナスハート(以下VH、課金通貨の事)400個と割高である分、VHの購入時に通常の購入分(有償用)に加えて無償分のVHが追加される購買枠が多数あり、そちらの方で得するよう課金のバランスが調整されている。特に期間パス(一定額を課金後、30日間かけて少しずつ無償分がもらえるシステム)は微課金勢にかなり配慮されており、日数こそかかるものの最終的に購入学の3.5、4.6倍程のVHを受け取れる。
有償分でしか買えないものも、他のソーシャルゲーム同様に「サプライズチケット」「スカウトチケット」等に当たるものになる。

試合は普通にプレイしていると1試合分で10分程度必要。緩和策として高速モードのON、OFFができたりアイテムを使って任意に試合を飛ばす(数秒で強制終了。但し勝ち点が下がる)事ができる
環境が充実してくると何試合もマラソンする事になるので必須となる。
また、稼働当初からキャラクターが多かった分全てののキャラへのフォローが回っておらず(その上、抜きん出た人気キャラクターへのフォローアップは頻繁に行われる)、お気に入りが不人気キャラクターだと鬱憤が溜まることになることも…
キャラの人数の多さに加えて各キャラの衣装の量もそれなりにあるので特定キャラの特定の衣装が目当てだと、場合によっては復刻をもってしても再出現に時間がかかる。特定の衣装を来た好みのキャラを狙い続けるのであれば、いつ復刻しても確保できるようにVH用と課金は準備しておこう。
妥協できるのであれば、衣装の種類はあまり気にせずキャラだけに絞った方が良い。

経営シミュレート

一応、サッカーチームとして拡充していくための“経営”シミュレーション要素もあり、「スタジアム」「クラブハウス」「会社」のそれぞれをレベルアップさせていく。
ゲーム内通貨(ゴールド)を使って拡張する他、キャラクターをこれらの施設に配置しておくと、試合時の収入や獲得ファン、経験値にボーナスが付く。どの施設に対し能力を発揮できるかのステータスは、サッカーのステータスとは別に設定されている。また、配置されたキャラには一定時間毎に少量の経験値が入る。また、この3つのステータスは固定されており、各キャラ毎に得意、不得意で表現されている(経営能力が高い設定のキャラは会社の値が高い等)

キャラクター保有システム

キャラクターそのものは重複所属できない。重複入手した場合は、レアリティポイントと呼ばれるポイントが上昇し、一定値以上になると上位のレアリティとなり、レベル及びステータスの上限が上がる。最終的に全キャラを最高レアリティ(Sビーナス)まで成長させられる。レアリティポイントは他に専用アイテムで上昇させることも出来る。
ガチャ(スカウト)等で未所属のキャラを当てた時はそのキャラの所属とデフォ衣装+衣装が、所属済みであれば衣装+レアリティポイントが手に入る。

好感度システム

この手のゲームでは定番のシステム。試合に出場したり、専用アイテムを使うことで上昇する。上昇するとキャラクターごとの固定シナリオを読める他、オーナールームでつついた時の反応が変ったりする

レンタルシステム

試合のうちCPU戦では、フレンドユーザーから1名キャラを借りることが出来る。自分から貸し出すキャラは、キャラクター育成画面から選択する。チームの編成などには影響されないが、チームアイコンはレンタル対象キャラになる。
ヘビーユーザーにフレンドになってもらえば、後発プレイヤーや無課金・低課金プレイヤーでも結構な難易度のところまでプレイできる。ただし1度使うと一定時間同じプレイヤーからキャラを借りることができなくなる。
また、当然ながらヘビーユーザーが求めているレンタルキャラも相応に有能なキャラを求めるもの。その枠を割いて好意で協力してくれる人に甘えこそしても、釣り合わない内から強引にフレンドを要請するのは控えよう。

着替えシステム

標準のビーナスユニフォームの他、追加のコスチュームが配信されている。着替えさせるためには好感度をMAXにする必要がある。着替えると、ホーム画面(オーナーズルーム)や育成メニューでの見た目が変わるだけでなく、別の種類やより強力な“スペシャルわざ”(シュート、ダイレクトシュート、パス、突破ドリブル、パスカット、ドリブルカット、キャッチ、パンチング)が使えるようになる。
コスチューム毎にスペシャルわざも変わるので注意されたい
ちなみに着替えと言っても、健全な作品なので性的な描写も衣装が破れるようなシーンも無い(衣装自体に際どいものはある)
他にもステータス強化としてのスキル枠がある。ここで各ステータスの長所、短所のカバーを行う。

びびっどボード

入手時の好感度シナリオの他に、更に蓄積された好感度ポイントを使ってキャラクターの固有追加シナリオを読めるシステム。ただし全キャラに解放されているわけではなく、後述の人気投票の結果によって順次追加されている。

常設人気投票

毎月人気投票が行われており、月前半が予選、月後半が予選上位10位による決戦になる。人気投票上位のキャラはコスチュームの追加とびびっどボードの設置が優先して行われるが、若干上位常連キャラが存在するのが世の流れ。自分の好みのキャラクターを推したいのであれば、ネット上やゲーム内で好みのキャラを積極的にPRするしかない。もちろん、自分でも最大限に投票する事。
なお、保有していないキャラにも投票できるが単発コラボキャラには投票できないので注意。

投票権は試合で得た“ファン”の数値から変換して入手できる。ライトユーザーでもガンガン投票できるぐらいには入るが、全ユーザーが1日毎の投票数に制限があるため、大量に溜まったからといって全てを注ぎ込めるとは限らない。上位が常連であっても投票数は同じである。

旧作からのキャラ継承

『ビーナスリーグ』・『ビーナスイレブン』・『ビーナスランページ』・『ビーナスアカデミー』からのキャラクターがスターシステムで参戦している。旧『イレブン』からのキャラはしれっと登場している他、中にはどう見てもファンタジーなキャラがいるのは『ランページ』からのキャラクター。出身地が異世界なキャラはもちろん、外国人としても紛れ込んでいる。
普通の生徒、学生、教師っぽい感じのキャラは『ビーナスアカデミー』からの登場が濃厚。
後述のコラボと異なり、『ランページ』のキャラと絡む「ランページリーグ」は常設となっている。また、ガチャ(スカウト)で出ることもある。また、追加コスチュームもあり、人気投票にもエントリーされている。

そして日本の伝統公式が病気

キャラの多さで人気を博したことに味をしめたのか、プレイアブルキャラクターがどんどん増える増える。常設シナリオ上のライバルチームのキャラクターやオーナーはもちろん、ファンショップの売店のロリっ子、はては序盤のチュートリアルゲームに出てくるモブキャラたちまでプレイアブルキャラクターに。
ちなみにこのもぶーず、今のところ衣装がデフォルトしかないためパラメータ的に苦しい反面(と言っても、ガチで育てるとパラメータオール4桁は行けるのだが)、「わざ」の燃費がいいため試合中の行動でポイントを稼ぐ式のイベントの際に有利だったりする。しかも入手も比較的たやすい。もちろん、そんなことは関係ねぇとばかりにガチに育ててあるもぶーずに遭遇ることはしょっちゅうある

頻繁な単発コラボ

結構頻繁な頻度で、それも著名作品とコラボしている。過去にはSNK格闘ゲームキャラや『BLAZBLUE』シリーズなどともコラボしていた。
単発コラボキャラももちろん最高レアリティまで成長させられるが、追加ユニフォームやびびっどボードなどは望めないので注意。

その他

キャラクターを出してアイテムを獲得してもらう“遠征”がある。この遠征に出せるキャラクターの枠は課金額によって増えるが、手に入るアイテムもそれほど貴重ではない上、一度出すと実に20時間という長い間そのキャラは他に使用できなくなる(課金アイテム等での短縮もない)ので、正直あまり気にしなくていい。

メディアミックス

アニメなどは現在まだ展開されていない。

イメージアルバム(サウンドトラック)は2016年12月に、Amazonと iTunes Storeから配信されている。電子版のみで、CDやアナログレコードなどでは展開されていない。

作中のキャラである詩奏音ことば(CV:荒浪和沙)と上下上下上(CV:上原あかり)による“★MONOCHROME☆”というシンガーユニットが結成されており、中の人によるライブ公演も開かれている。
また、2人の曲のカラオケ曲も配信されている。こちらも電子配信のみ。
ちなみに2人とも圧倒的人気キャラ。特にことばは比較的ラクに手に入ることもあって、準メインヒロインとも言える相崎るみを差し置いて広告バナーに出たりもしている。

関連作品

キズナストライカー! - 同じ製作会社による女性向け同ジャンルゲーム。

関連タグ

サッカー ソーシャルゲーム

表記ゆれ

ビーナスイレブンびびっど! ビーナスイレブンびびっど

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーナスイレブン_びびっど!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8389

コメント