ピクシブ百科事典

ファスティバ

ふぁすてぃば

ファスティバとは、Cygamesが提供しているスマホ用ソーシャルRPG「グランブルーファンタジー」に登場するキャラクターの一人。「愛の伝道者」ファスティバ。
目次[非表示]

フレーバーテキスト

  • SR

人々を沸かす逞しき決闘士の強さは、怪力無双の力だけに非ず。
いついかなる時も決して忘れない、誰よりも慈しみ深い心があってこそ。
溢れだす力の根源は愛に在り。

  • クリスマスSR
聖夜の衣装に身を包んだ漢女は、その温かな愛で冬の寒さから家族を、仲間達を、いや全ての人々を守る。
無限大の愛を抱く彼(女)に、人々もまた笑顔と愛を向けるのだ。
  • SSR
愛ゆえに人々へ誠実に接したいと願った漢女は、古巣とファンに別れを告げようとした。
だが彼(女)の紡いできた愛と絆は、別れの先に再会を約束する。
さぁ行こう、空の彼方へ。無限大の愛と共に!

概要

レアリティSR/クリスマスSR/SSR
属性土(通常SR・SSR)/光(限定SR)
タイプ/武器攻撃・格闘
種族ドラフ
身長202cm
趣味家事全般、編み物
好き愛、子供など可愛らしいもの全般
苦手暗い顔、下品なヤツ
CV稲田徹

カジノ艇「ジュエルリゾート」の花形デュエリスト。
深い愛情を持って人々を助ける「愛の伝道者」。
レジェンドガチャで『メタルグローブ』を手に入れるとSR、『レインボーハンド』入手でSSRは。
期間限定『ホーリーグローブ』入手でクリスマスバージョンそれぞれが加入。

容姿

ドラフ特有の角と、恵まれた体躯を持つ巨漢(乙女)。
赤い衣装にチャンピオンベルト?のような物をつけ、マスクを被るとまさにレスラーそのものだ。
なお、髭。
クリスマスバージョンはさらに大胆な衣装に。真っ赤なお鼻のトナカイさんよろしく包容力が増している。特に解放後は必見だ。

2m超えの巨漢ではあるが、プレイアブルキャラになっているドラフの男性としては最も小柄であったりする。女性的な性格の一因だろうか。
(なお、女性として扱う場合は、プレイアブルキャラの中で最も巨漢である)

性格

愛の伝道者というだけあり、とても優しく、包容力のあるお漢女さん(おねえさん)。
元はジュエルリゾートが支援をしているとある島の孤児院出身であり、そのためか特に子供やお年寄りなどの弱者に向ける愛情は誰よりも深い。
困った人には「お仕置きタイム」が待っているが、愛のままにわがままに人を傷つけたりはしない。

性能

土SR

奥義

ラヴマックス・ボンバー土属性ダメージ(大)
アビリティ
漢女心100%自分の攻撃UP/防御UP/敵に魅了効果
愛のサブミッション敵に3回土属性ダメージ/防御DOWN/魅了効果
抱きしめてア・ゲ・ル!敵に土属性ダメージ/魅了効果
サポート
イッツァ、ラァアアヴ!パーティの男性の数に応じて攻撃UP
リミットボーナス被ダメージ時に稀にカウンター
自分の攻防アップ、敵の防御ダウン、敵にダメージとアビリティにも優れており、その全てが魅了効果持ち。
さらにはサポートアビリティにより「パーティの男性キャラが多ければ多いほど」火力が増す。

クリスマスバージョン(光SR)

奥義

ラヴマックス・ボンバー光属性ダメージ (大)
アビリティ
漢女心120%自分の攻撃UP/防御UP◆敵魅了時に攻撃大幅UP(1回)
慰めのレインメーカー敵に光属性ダメージ/魅了効果
愛のヘッドバット敵に光属性ダメージ/防御DOWN◆敵魅了時、魅了を解除して恐怖効果
サポート
イッツァ、ラァアアヴ!パーティの男性の数に応じて攻撃UP
リミットボーナス男性キャラの攻撃UP
SR初の恐怖持ちという破格の性能で登場。秒数は少ないが活躍してくれるだろう。
なお、地味に漢女力が上がっている。

SSR

奥義

ラヴ・サーブ・ボンバー土属性ダメージ(特大)/ラヴ・グラッピングが即時使用可能◆対象がグラッピング状態の時奥義性能UP
アビリティ
ラヴ・グラッピング敵にグラッピング効果を付与し熱い攻防に備える
魂のマグナムチョップ敵に土属性ダメージ/防御DOWN◆対象がグラッピング状態の時気絶効果追加
熱狂のファイティングソウル味方全体の連続攻撃確率UP/テンションUP◆グラッピング状態の敵がいる場合味方全体に通常攻撃ダメージUP効果追加
サポート
熱き攻防グラッピング状態の敵の攻撃行動のターゲットになったとき敵全体に土属性ダメージ/スロウ効果
本物のヒーロー敵のターゲットにされやすいが最大HPUP/グラッピング状態の敵がいる場合敵対心UP
リミットボーナスグラッピング状態の敵に対して自属性追撃効果
相手を掴んで強力な攻撃を繰り出す、プロレスライクなファスティバのバトルスタイルを再現したような性能。

なお、こちらのバージョンでは実況解説者が一緒についてくる。古戦場だろうと、ゾーイ戦だろうと場所を選ばず……。

余談

2019年5月22日更新の「ぐらぶるっ!」では、まさかのパワーワードである『ファスティバの触手プレイ』が生まれた。そして、イベントの予告バナーにも登場。もしかすると今回のイベントに連動した配役なのだろう。

グランブルーファンタジーヴァーサス



初期プレイヤーキャラのひとり。
多彩なコマンド投げを操る所謂投げキャラ
故に接近戦がメインになるが、動きが鈍いのがネック。

しかし投げキャラながらダッシュ可能、出れば強いジャンプ強攻撃、
システム共通技の回避行動、また僅かであるが無敵がついた突進奥義など、
通常の格闘ゲームの投げキャラに比べると接近手段は豊富。

また接近戦での投げと暴れ潰し、飛び潰しの択が非常に強力で、
発売最初期にマスタークラスになった三人のうち一人はファスティバというほど、投げキャラでも屈指の性能を誇る。

開放奥義で狙えスリーカウント!

Shadowverse

同じCygames制作の対戦型デジタルカードゲーム『Shadowverse』では、グランブルーファンタジーをテーマにしたカードパック「十天覚醒」にて参戦した。

カード名愛の大殿堂・ファスティバ
種類フォロワー
クラスドラゴン
レアリティシルバーレア
コスト6
進化前攻撃力:4 体力:6
能力交戦時 交戦する相手のフォロワーを-2/-0する。
ファンファーレ 相手の場にフォロワーがいるなら、自分のPP最大値を-1して、進化する。
進化後攻撃力:6 体力:8
能力進化前と同じ能力。(ファンファーレ 能力を除く)
CV稲田徹
収録セット十天覚醒
※交戦時…相手のフォロワーに攻撃したり攻撃されたときに発動する能力。
※ファンファーレ…手札からPPを支払って場に出たときに発動する能力。

ドラフということでドラゴンクラスで参戦。
交戦時に交戦相手の攻撃力を-2するため、高めの体力もあって倒されづらい。ファンファーレ能力はPPをマイナスするデメリットを持つが、自動的に進化するため交戦時能力を活かしやすくなっている。

デメリット能力はゲオルギウスが持つ能力で打ち消せるものの、構築戦では6という高めのコストが祟って若干使いづらい。
主に、盤面の取り合いが勝負の決め手になりやすい「2Pick」というフォーマットで使うことになるだろう。

関連タグ

グランブルーファンタジーの登場人物一覧 ドラフ ジュエルリゾート
クリスティーナ テレーズ レ・フィーエ:カジノ関係キャラクター
カリオストロ(グラブル):クロスフェイト持ち。お互いにGBVSにも参戦しているつながり。
ドロッセル(グラブル) モニカ(グラブル):2021年バレンタインイベで邂逅。後にラブリーモニカの伏線にもなるのだが……。

ノーレイン、ノーレインボー!:メインで登場するイベントシナリオ。

関連記事

親記事

ジュエルリゾート じゅえるりぞーと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファスティバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 646041

コメント