ピクシブ百科事典

ブカッコウ

ぶかっこう

ブカッコウとは、『妖怪ウォッチ』シリーズに登場する妖怪(キャラクター)である(メイン画像右上)。
目次[非表示]

概要

CV:遠藤綾

No257
種族ブキミー
ランクC
スキル風あそび(自分が使う風属性のダメージがアップ)
好物パン
こうげきこづく
ようじゅつ竜巻の術
必殺技ださださスタイル(大量のいや~な霊魂を敵全体に発射。すばやさを大ダウンさせる効果もある)
とりつくぶかっこうにする(とりつかれた妖怪は、動きがぶかっこうになり、まもりがダウンする)

ブカッコウにとりつかれると、どんなにきちんとした人もぶかっこうになってしまう。ぶかっこうなことに本人もけっこう落ち込んでいる。(妖怪大辞典より)

初代に登場する鳥の妖怪でトホホギス(思わずトホホな失敗をしてしまう)や死神鳥(絶望のどん底に墜ちる)の色違い(カラーは緑色)。取りつかれえると不格好になってしまう。「とりつく」の効果を除けばトホホギスの上位変換である。

アニメ

第144話にて初登場。
憑りついた人をダサい格好にして、それを見た人の「カッコ悪い」とい思いを吸収して成長しようと企んでいたが、逆にダサい格好になった人のファッションが「カッコいい」と好評価を受けてしまい、そのせいで数が減って絶滅危惧種となっていた。ケータに憑りついた個体は、ケータのズボンのチャックを下ろさせ、その後卵を産む。「卵を孵すにはカッコ悪くなければいけない」とケータに上半身と下半身の服を逆に着させる体育の時間に転んでズボンが破れるという事をさせ、ケータのプライドをボロボロにした挙句、ケータに下半身に白鳥を付けたバレリーナの女装をさせて彼を悔し泣きさせる。しかしその時卵が孵り、絶滅の危機を回避したとケータ共々喜んだ。しかしジバニャンウィスパーには実は大量の個体が存在した事を気づかれてしまった。しかしケータはそれに気づかずに卵が孵った事を喜んでおり、ジバニャンとウィスパーもこの事実はケータには黙っていようと思ったところで物語は終了した。

関連タグ

妖怪ウォッチ 妖怪ウォッチの妖怪一覧 ブキミー族 不格好

pixivに投稿された作品 pixivで「ブカッコウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 930

コメント