ピクシブ百科事典

概要

CoD:BOCWに登場する主なプレイヤーキャラクター。
本名、性別、経歴、誕生日、人種、肌の色はプレイヤーが決めることができ、海外特有の性別の配慮からかどちらにも当てはまらないノンバイナリーも選ぶことができる。
本編では一切声は出さず、顔も目出し帽をかぶっているため素性がほとんどわからないようになっている。
同じCIAのラッセル・アドラーとはベトナムからの戦友であり、信頼関係も強い。

真実(ネタバレあり)

実際は彼(もしくは彼女)は元々CIAが追っていたペルセウスの部下であり、ペルセウスに気に入られていた彼に嫉妬したアラーシュによって同時刻、メイソン、ウッズ、アドラーがアラーシュ暗殺任務の最中に銃撃された際に車に乗っていた目出し帽をかぶった人物がベル本人である。
片割れはすでに死んでいたものの、ベル自身は一命をとりとめており、アドラーによって回収され、その優れた暗号化技術や言語能力から、CIAのMKウルトラ計画の実験台にされたのである。
その結果、彼(もしくは彼女)は偽物のベトナム戦争に従軍した記憶と偽りの経歴を刷り込まれ、「ベル」になったのだ。
そしてその洗脳を強めるのキーワードとしてアドラーは口癖のように「俺たちには使命がある。」と言っていたのである。
真実を知った彼(もしくは彼女)が成す行動はプレイヤーによって決定し、一つはアドラーを裏切ってメイソン、ウッズ、シムス、ラザーorヘレンを皆殺しにしてペルセウスに忠誠を尽くすか、もう一つは裏切る途中でウソがばれその場でアドラーに殺されるか、若しくは最初からアドラーに従ってアメリカと世界の危機を救うか、その三つの選択肢がある。
アドラーに従って核を止めた正史に進めば世界を救った英雄になれるが、CIAからもう既に不必要でしかなかった彼は最終的にアドラーに呼び出され、互いに銃を向け合うことになるがその結果は明らかにはならない。
しかし、BOCWシーズン1で正史でのアドラーの生存が確認されたため、アドラーに撃たれて死亡したor負傷したが奇跡的に一命をとりとめ今も生きている可能性がある。

関連記事

親記事

COD:BOCW こーるおぶでゅーてぃぶらっくおぷすこーるどうぉー

兄弟記事

コメント