ピクシブ百科事典

マスターウルティマ

ますたーうるてぃま

マスターウルティマとは、「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」に登場する超人。
目次[非表示]

CV:櫻井トオル

概要

米国の天才科学者超人で、宇宙人と地球人のハーフである。外見は宇宙人のような姿をしている。
人類の科学力では有り得ない短時間で太陽系を行き来出来るロケットや高性能の戦闘機を開発するなど、高い科学力と超高度な技術を有し、さらに飛行能力や怪獣を捕獲する能力を有する。
米軍の暗部に関わっている模様で、USAロボやバイオデストロイヤーの開発に携わっている事からも窺える。
性格は寡黙で必要以上にしゃべらない。

神化42年には火星で捕獲した数種類の宇宙怪獣を地球に持ち込み、米軍に実戦配備、神化42年夏、怪獣軍団を乗せた米空母と共に日本に寄港しようとした際、アースちゃんに阻まれ、断念。
このことがきっかけとなり、世論は怪獣の戦争利用反対へと傾いていくことになる。

神化43年8月、クロードに呼応して日本に飛来、小笠原へと向かうガルボイ・ライカーを航空自衛隊と共に待ち伏せし、撃墜、府立八方高校の敷地内に墜落したガルボイを追って、爾朗クロードを奇襲、赤光と共にガルボイの遺体を回収。
それに反論する爾朗に対し、クロードの対処をするよう警告する。

神化44年9月、超人課に戦前、米軍が密かに捕獲した畑山稔を返還する事を連絡するが、それは畑山・森野家の解明不能な不老不滅能力を恐れて、まとめて消滅させようと目論み、奇Χ兵器「USAロボ」の生命体の分子結合を分解する特殊な化学薬剤「バイオデストロイヤー」で消滅させようとする米軍の策略であった。
一度は畑山・森野家の消滅に成功したが、一家の驚異的な再生能力により失敗してしまう。



ネタバレ

物語の重要な内容が含まれているため、観覧の際は注意を






















実は牧大鉄君誘拐事件で、天弓ナイトが保護した子供達を秘密裏に小笠原諸島のボニン島に連れ去り、超人研究所で行われた様々な人体実験に関わっており、長川神に超人の力を強化、制御させるヘルメットを与え、爾郎に相対させた張本人で、新宿擾乱の元凶でもある。
真の目的は爾郎の中に宿る「存在」のパワーであり、そのために長川神を爾郎の模造品として作り出すなど、影で様々な画策を実行しており、超人課顧問の人吉孫竹とは協力関係を持つ模様。

また、15話にて、地球外生命体フューマーと人間の間に生まれた存在である事が明かされた。

関連タグ

コンクリート・レボルティオ
人吉孫竹 フューマー
牧大鉄君誘拐事件 新宿擾乱

pixivに投稿された作品 pixivで「マスターウルティマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 551

コメント