ピクシブ百科事典

マティーニ

まてぃーに

ジンベースのカクテル。「カクテルの王様」と称される。
目次[非表示]

概要

ジンベースのカクテル
ドライ・ジンドライ・ベルモットをステア(別のグラスに注ぎ、攪拌する。シェイカーで振盪するのではないことに注意)して カクテルグラスに注ぎ、カクテルピンで刺したオリーブを飾る。

カクテルの中の傑作」「カクテルの王様」と称される。引き締まった辛口の味わい。

マティーニ


なお、このカクテルに関してはドライ、すなわちジンを増やした割合にする(現在のレシピではジン:ベルモット=3:1、通常のドライでは4:1、さらにジンの割合を増やすことがある。なお、Mediumにおいては1:1、しかもそのベルモットはスイートベルモットとドライベルモットが1:1いうレシピが存在する)ことがよく行われる。

タイプショートドリンク
グラスカクテルグラス
アルコール度数強い
ベースジン
テイスト辛口 / さっぱり
TPO食後
透明
製法ステア

有名なアレンジ

ボンド・マティーニ

ジェームズ・ボンドの「ウォッカ・マティーニを。ステアせずにシェークで」の台詞で有名なマティーニ。文字通り、ウォッカベースでシェークするのがベースで、ここから更にドライジンも入れたりベルモット以外のワインを用いたりとバリエーションがある。
007第一作「カジノ・ロワイヤル」で登場した、ジン・ウォッカ・ボルドーワインで作った物は、同作登場のボンドガールの名前にちなんで「ヴェスパー・マティーニ」と呼ばれる。
ただ、シェークすると口当たりがマイルドになる=シャープさが損なわれるので「邪道」と嫌うカクテル愛好家も少なくない。
あくまで都市伝説だが、使われている酒が英のジン・露のウォッカ・仏のワインであることから作者のイアン・フレミングの東西友好の願いが込められているとか。

チャールズ・マティーニ

ウィンストン・チャーチルが飲んでいたマティーニ…なのだが、これをカクテルと呼んでいい物なのか。
製法はベルモットの瓶を視界内に置いて冷やしたドライジンを飲む
甘くなるのを嫌っての事らしい。視界に置くのも甘く感じたのか、耳元で「マティーニ」と囁かせたという話もある。

関連タグ

飲み物  カクテル バー pixivBAR

関連企画

【ぴく酒】(酒擬人化)

外部リンク

マティーニ(Wikipedia)

関連記事

親記事

カクテル かくてる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マティーニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34625

コメント