ピクシブ百科事典

ミスルチ

みするち

スマホゲーム『魔法使いの約束』に登場するミスラ×ルチルのBLカップリング
目次[非表示]

「もう、ミスラさんのクソ馬鹿!!」

「覚えていますよ。あなたは俺が守ります。」


概要


魔法使いの約束に登場するミスラ×ルチルのBLカップリング。
北の国の魔法使いでオズに次ぐ強さを持ちケダモノと言われるミスラと、南の国で教師をしていて優しくのんびりとした性格のルチル。
真逆な性格な2人だが、実は重大な繋がりがあり……。


プロフィール


ミスラルチル
誕生日2月8日7月1日
身長 187cm 176cm
所属北の国南の国
魔法道具水晶のドクロ羽ペン
特技死体を操る創作
呪文アルシムオルトニク・セトマオージェ
お互いの呼び方ルチルミスラさん、ミスラおじさん
CV高橋広樹土岐隼一

メイン、親愛ストーリーでの2人


メイン、親愛ストーリーのネタバレを含みます。





人間の父と大魔女チレッタを母に持つルチル。しかし母親のチレッタは自分の死期を予言していた。
当時幼かったルチルはそれを母から知らされて泣き出しそうになってしまったが、そんなとき母の知り合いの魔法使いが変なお守りを渡してきてこう約束してくれたと言う。
「あなたとあなたの弟は俺が守ります。」

予言通り母親が亡くなり、その後父親も亡くなって兄弟2人だけになってしまうが、ルチルはその魔法使いとの約束を心の支えにして生きていた。
そしてその魔法使いこそ、北の魔法使いのミスラであった。

賢者の魔法使いに就任し、ルチルはそこで出会ったミスラがかつて自分と約束をしてくれたミスラおじさんではないかと気にし始める。しかし本人に接触を図り聞いてみるものの、覚えていないのでどうでもいいと一蹴されてしまう。

そんなミスラだったが、スノウとホワイトとの会話からルチルとミチルが自分の師チレッタの子供であり、自分が約束をした相手だと気付く。急いで敵に襲われていたルチルの元に向かい間一髪で救出をした。
その後、ミスラは自分の弱点にも繋がる約束なんてしなければ良かったと言うものの、ルチルと話していくことで約束をした時の気持ちを思い出し、和解をする。

エンディング後にミスラの厄災の傷が不眠だと発覚し、安眠グッズを持っていくと言っていたルチルだったが、親愛ストーリーやキャラエピで度々ミスラの部屋に通っている様子が見られる。
ミスラの部屋にある月の抱き枕はルチルからのプレゼントである。


・親愛ストーリー
ミスラの親愛ではルチルに貰った抱き枕を賢者に自慢してくるミスラと、ミスラの頭を撫でるルチルを見ることができ、2人をつなぐキーパーソンであるチレッタの話も聞くことができる。
またルチルの親愛では、彼を怒らせてしまったミスラが仲直りをしようとする姿を見ることができる。
余談であるがミチルの親愛では、ミスラさんは兄様に馴れ馴れしいし好きじゃないですと言われている描写もある。

過去のイベントでの2人


以下、ネタバレにつきこれから解放キー利用予定の方はご注意ください。

ミスルチの関係性が変わった、

  • 孤高な盗賊のエチュード
  • 雨宿りのカエルのエチュード
  • 1st Anniversary きみに花を、空に魔法を

2人のやり取りが見られる季節イベント
  • 青春と花嵐のノスタルジー
  • サマーバカンスの贈り物

を記載しております。






・青春と花嵐のノスタルジー

プロット:都志見先生 シナリオ:小鳥子先生

2020年のエイプリルフールにて、0時丁度からトップ画面に白ブレザーのアーサー、緑ブレザーのルチル、学ランのミスラが現れ、その2日後から開始したイベント。

元は別々であった進学校と芸能校と不良校の3校を合併した私立フォルモーント学園がイベントの舞台であり、ルチルは元芸能校の生徒会長、ミスラは元不良校の生徒会長としてイベントに参加。
このイベントではミスラがトップモデル、ルチルが漫画家兼タレントをしており、2人は同じ学年の芸能人同士である。
他校出身なのに仲が良いけれど元から知り合いだったのかと賢者に聞かれた際に、ルチルは「はい」と答え、ミスラは「いいえ」と答える。ルチル曰く、子供の頃に会ったことがあるのにミスラは忘れてしまったということだった。
子供の頃の出会いについての詳細は、ログインストーリーでも公式ツイッターでも触れられていないため不明である。

なお、4月前半の公式ツイッターを辿れば、このイベントに未参加のキャラクターも含めた設定を見ることができる。(ルチルが2年とされているが、誤植であることが追記で記載されている。正しくは2人とも3年)



・孤高な盗賊のエチュード

プロット、シナリオ:都志見先生

盗賊団の取り締まりを目的とした初任務、エチュードシリーズの北&西編。
他の北の魔法使いと飲んでいた際に最近様子がおかしい、南の魔法使いを庇っていないかと指摘されたミスラがその夜、ルチルとミチルを封印することを試みる。
顔を見て会話をしたら興がそがれるため眠っている間に封印しようと考え、夜にルチルの部屋に侵入したミスラだったが、寝ぼけながらも自分を歓迎しようとするルチルの姿に毒気を抜かれてしまい、結局封印に失敗してしまう。
なお、エチュードシリーズは初めての訓練の話であり、時系列としてはメインストーリー直後の出来事だと考えられる。



・雨宿りのカエルのエチュード

プロット、シナリオ:都志見先生

雨が止まない不思議な村での初任務、エチュードシリーズの南&北編。
約束がある以上ルチルとミチルを死なせられないと判断し、蔦で兄弟を拘束し軟禁をするミスラ。
2人にとっては約束のおかげで自分に守ってもらえるから良いだろうが、自分にとっては魔力を失うかもしれない不幸なものだと話す。そんなミスラに対しルチルは、自由も失いあなたの不幸になってまで生きていたくはないと言って自身の舌を噛んでしまう。
その姿に珍しく動転したミスラは慌てて駆け寄って蔦を外すが、舌を噛んだというのはルチルの噓だった。
そこで、自分たちも慎重な行動を心掛けるので、信頼しあいたいとルチルが提案する。
「不便で怖くてもあなたの幸福になりたいです。」

南と北のイベントなため、全体的に2人の絡みも多めのイベントであった。



・サマーバカンスの贈り物

プロット:都志見先生 シナリオ:雪乃下先生

西の国のリゾートが舞台の季節イベント。
ミチルへのお土産を買いに行くために、ルチルはミスラを誘ってバザールへ出かける。
しかしバザールの店員達はミスラの存在に気付くと、彼を恐れ、代金はいらないと命乞いをしはじめ、ミスラも自身の目当てである呪術道具をそのまま受け取ろうとしてしまう。
そこに止めに入り、お金を支払わないとダメだと言うルチル。ミスラもその意見を聞き入れ、その後も2人は金銭を支払いながらの買い物を続けていく。
ルチルがミチルへのお土産を選び終わると、ミスラも亀のミイラのお守りを購入していた。
それも呪術の道具かと聞くルチルに、このお守りはルチルにあげるものだと答えるミスラ。
ミチルだけではなく自分にもお守りをプレゼントしてくれたミスラに、ルチルは感謝を伝える。



・1st Anniversary きみに花を、空に魔法を

プロット、シナリオ:都志見先生

世界中で事件が起こり、グランヴェル城周辺にも変異が起こる1周年記念イベント。
称号組が2組ごとに分かれて戦うことになり、ミスラとルチルは年長者組とともにバルコニーと湖で共闘することとなる。

ミスラは夢の森で捕らえ損ねた魔女と対峙し、バルコニー上空に移動した際にルチルがいることを発見。よそ見をしていた隙に攻撃をされ、墜落してしまう。更に敵からの追撃を受けるかというところで、ルチルが助けに入る。
「ばっ……馬鹿なんですか!?
あなたみたいな弱い魔法使いが俺を庇うなんて!」

戦闘中も何かとルチルを気にかけるミスラだったが、ルチルが囮になっている最中もフィガロが北出身なことを隠したいと言って本気を出さない(そしてそれを道楽と言った)ことに対して、苦言を呈する様も見せた。

後半に回復役としてフィガロが城内に向かう際にはサポートでルチルも連れて行くことになるが、ミスラは難色を示す。ルチルは彼に、自分もミチルも無事に帰るから大丈夫だと言う。
「ミスラさんをひとりにしません。」
それを聞いたミスラは、自分の魔力の心配をしているだけだと言いながらも、少し黙った後にルチルに無事でいてくれと伝えて送り出した。

また、今回のイベスト内だけでもミスラが複数回マウントを取りたがる姿を見ることができる。
・クックロビンさんかっこいい→俺の方がかっこいいですけど
・リヴァイアサン大きい→ただ大きいだけですよ
・フィガロ先生もミスラさんと同じくらい強いんですね→俺の方が格上です
・フィガロ先生かっこいい→俺の方が絶対かっこいいですけど
といったように、ルチルが褒めたものに対して4度も対抗意識を燃やしていた。




その他のイベントでも、彼らの様子が伺えることもある。
祝祭シリーズでは、ルチルに意地悪を言いながらも笛やお守りをミスラが渡していたり、「泡沫の夜の魔法にかけられて」ではミチルがルチルも祭りに誘ったもののミスラとの先約があるからと断られたと話す。その際、ボクにはまだ早いと言って教えてくれなかったと誤解を招きそうな発言をする。(真相は後述のログインストーリーでの用事だと考えられる)
「勇敢な開拓者のバラッド」では連携プレーをし、「誇り高き狩人のバラッド」の最後には帰ってからミスラに今日のことを話に行こうねとミチルに楽しそうに言うルチルが見られる。


ログインストーリー

・奇跡と祝祭のプレリュード(3)…ルチル、ミチル、フィガロ
中央の祝祭でミスラからもらったトカゲのお守りをどこに飾ろうかな♪と自室で楽しげに歌うルチル。そこに小説を返しに部屋を訪ねたフィガロに、そのお守りの外見から呪いのアイテムだと勘違いされてしまう。最初は自分も気持ち悪いと思ってたけどだんだん愛着が沸いて可愛く思えてくると説明するルチルだったが、その後に部屋に入ってきたミチルからもそのお守りを気持ち悪がられてしまう。


・月夜の城のショコラトリー(2)…ミスラ、ルチル
都志見先生書き下ろしのログインストーリー。
なんとルチルがバレンタインのチョコレートをプレゼントする。賢者の世界の文化に倣ってミチルと一緒に作ったというチョコレートを渡すため、ミスラの部屋を訪ねたルチル。しかしミスラはもらったチョコレートをすぐに食べてしまい、そこに書いてあった「ミスラさんありがとう」というメッセージにも気づかなかった。味が変わるわけでもないからいいじゃないかと言うミスラだったが、それを見たルチルは今度プレゼントを贈るときは食べられないように手紙にメッセージを書くことにすると意気込む。


・夢幻の城のコンフィズリー(3)…ミスラ、ルチル、ミチル、ムル
早くミスラさんが帰ってこないかなと楽しげに外で待つルチルと、それに少し引き気味なミチルをムルが発見する。どうやらルチルは、ミスラにバレンタインのお返しが欲しいとねだったらしい。
今度はホワイトデーのお返しということである。そんなルチル達の元にミスラが戻ってくるが、ミスラがお返しに用意したのは北の国の巨大な蛙であった。オーエンに教えてもらった、丸焼きにするとスイートな味がする蛙らしいが、プレゼントされたルチルとミチルはその蛙に襲われてしまいミスラに助けを求めることとなる。それを眺めながら、最高のお返しだね!と楽しそうに言うムルであった。


・泡沫の夜の魔法にかけられて(2)…ミスラ、ルチル、シノ
ミスラに訓練をつけてもらうことになったルチルとシノ。シノがたくさんミスラさんにお願いしたおかげだね、私も楽しみ!と、ルチルは楽しげにしながらシノと共にミスラの到着を待っていた。そこに現れたミスラに空間移動を教えてくれとシノは頼むが、そんなことしている暇はない、訓練内容は実践あるのみでとりあえずオズを殺しに行こうとミスラは言い出す。シノもシノでその提案にすっかり乗り気になってしまい、オズに迷惑をかけては駄目だと言ってルチルが必死に2人のことを止めようとする。


・エンジョイサマーキャンペーン(2)…ミスラ、ルチル、ミチル
ルチルとミチルが川遊びをしていると怪魚のような大きな影が近付いてくる。ルチルに早くここから逃げましょうというミチルだったが、その正体はミスラだった。川の中にどうしているのかと問うミチルに、なんとなくと言うミスラと、今日は暑いですからねとのんきに話すルチル。良かったらミスラも川遊びをしないかとルチルは誘うが、断るミスラ。むしろ溺れたら困るから川遊びもやめてくれと言って、2人が遊んでいた川を凍らせてしまう。ミチルは川遊びができなくなってしまったと落ち込むが、でもこれなら氷の上で遊べるねと喜ぶルチル。ミスラも一緒に氷の上で遊ぼうと誘ってくるルチルを見ながら、やっぱりどこかに封印しておきたいとミスラは呟く。


・誇り高き狩人のバラッド(1)…ミスラ、スノウ、ホワイト
朝にミスラの部屋を訪ねてきたスノウとホワイト。
彼らはミスラが部屋にいたことに驚いていた。いなかったらいなかったでベッドで跳ねたり抱き枕をぎゅうぎゅうしようと思ってたと言ったらミスラに無言で魔道具を出されたしまうが、南と東で危険な任務に行っているのでミスラもそれについていったと思っていたと説明をする。
ミスラはルチルからは、おとぎ話に出てくるような動物とたわむれに行くと聞いていたらしい。実際はおとぎ話の動物ではなく人の生き血を好む伝説の怪物ブデラグロッサじゃ、ルチルの話を適当に聞いていたのではないかと指摘され、ミスラは兄弟の元に急いで移動をしようとする。双子からは、フィガロ達がいるから大丈夫だと宥められそれに頷くものの、ならジュラの森を焼き払いに行くと言い出すミスラだった。
(同イベントのフィガロSR報酬カドストにて、ブデラグロッサについての一番詳しい内容が載っている文献はおとぎ話だったという話に触れられている。ルチルはフィガロにその本を渡されているので、ミスラにもそれを使って説明した可能性も考えられる)


・呪い屋と狐月のコンチェルト(2)…ミスラ、ルチル、オズ
オズに挨拶をするルチルの元に現れたミスラ。ミスラは、死にたくないならオズに近寄らない方がいいとルチルに忠告する。理由を尋ねると、ミスラはオズが性格が悪いやつだからと答え、それに対しルチルはそんな事を言うとミスラさんのほうが性格が悪いと思われちゃいますからねと窘める。俺のどこがオズより残虐で鬼畜な下衆だって言うんですかと憤慨するミスラに、そこまでは言っていないと焦るルチル。いつまでもお喋りを続ける二人にしびれを切らしたのか、オズは魔法でミスラをどこかに転移させる。突然消えたミスラに困惑するルチルだったが、会話を再開しオズと合同訓練の約束を取り付ける。オズが去った後、再びミスラさんはどこに消えちゃったんだろうと不思議がるルチルだった。


・1.5 Anniversary(6)…ミスラ、ルチル
都志見先生書き下ろしのログインストーリー。
お客さん向けに他己紹介の練習をするミスラとルチル。気の抜けた紹介をするルチルに対し、ミスラはもっと強そうに聞こえる紹介をしてほしいと訴える。ミスラは見本をみせてやりますと言い、「俺は北のミスラ。この人はルチル。この人に近づいたら殺します」と言い放つ。そんな物騒な事を言われたら、北の国の人は誰も私の友達になってくれない、踊り出したくなるような素敵な出会いが待っているかも知れないのにと言うルチル。ミスラは北の国の友達は俺で満足してくださいと言い、お手をどうぞと手を差し出す。驚くルチルに、踊りたいんでしょう?と答えるミスラ。そういう意味じゃなかったけどまあ、いいか!とルチルも手を取った。


余談

2人ともマイペースな性格で、喧嘩をしてもすぐに仲直りし、周りから恐れられがちなミスラの行動にもルチルは持ち前のポジティブさで対応していき、ほのぼのとした絡みも多い。
度々永久凍土に封印をしようかと考えるミスラだが、順調に絆されていっている様子も見られる。
しかしメインストーリーで語られた予言内容が2人にも大きく関わるものであるため、今後の2人の運命が気になるところだ。

2人を10回ずつ育成した際の称号は「縁ある二人を育てし者」
公式配布のスペシャル待ち受けでは、無情×慈愛としてセットにされている。
魔法舎では1Fの隣同士の部屋で暮らしている。

また意図されたものであるかは不明だが、ミスラの誕生日の誕生石はルチルクォーツという石である。


関連エピソード(攻略データベース)

・メインストーリー



・スポットエピソード

死の湖

  • ミスラへの印象(4)
  • スポットの名物

夢の森
  • 楽しい場所

病の沼
  • スポットメインエピソード6話

ティコ湖
  • ブレイクタイム(1)
  • ルチルへの印象(1)
  • ルチルへの印象(4)


・キャラエピソード

ミスラ

  • トカゲの声
  • のんびり屋さん
  • 兄弟話

ルチル
  • ミスラへの接し方


・覚醒4コマ


ミスラ

  • 白の魔法使い
  • 紫の魔法使い
  • 赤の魔法使い
  • 祝いの魔法使い
  • 雨降りの魔法使い
  • 正装の魔法使い
  • 冬のマーケットの魔法使い

ルチル
  • 赤の魔法使い
  • 祝いの魔法使い
  • 正装の魔法使い
  • パーティの魔法使い

アーサー
  • 学園の魔法使い

フィガロ
  • 正装の魔法使い

レノックス
  • 赤の魔法使い


・カードストーリー

※確認ができていないカードもある上に編集者の主観によるものが大きいです。随時編集して頂けますと幸いです。※

・特におすすめのカード

ルチル

  • SSR水沫を涙の代わりに
  • SR傷口に差し伸べる手

ミチル
  • SRお日様の下で
  • SSR一度でいいから ※2019年12月限定ガチャ

・上記ほどではないが絡みがあっておすすめできるカード

オズ

  • SSR綴られた想いは ※2020年4月限定ガチャ
ホワイト
  • SR神殿に祝福を
  • Rお子様にはクッキーを
ミスラ
  • N北の魔法使い
  • SSR招かれざる客
オーエン
  • SR獰猛な誘惑 ※イベント限定報酬
シノ
  • SSR孤独を照らす光 ※イベント限定報酬
ネロ
  • SR魔法のキャンディアップル ※イベント限定ガチャ
ルチル
  • SSR茜色に染まる笑顔
  • SSR春の日を切り取って ※イベント限定ガチャ


・カードエピソード

ミスラ

  • SR刺激的なひとときを「唯一の怖いもの」
  • SR願いを託した夕暮「部屋に置くのは」
ルチル
  • SSR水沫を涙の代わりに「仲良しの秘訣」


関連イラスト


まほやくまとめ(ミスルチ多め)


MHYK LOG 01


まほやくろぐ



関連タグ

まほや腐

関連記事

親記事

まほや腐 まほやふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミスルチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3411562

コメント