ピクシブ百科事典

ヤンデレ夫婦

やんでれふうふ

キュン妻氏が描く、ヤンデレ夫婦の実録漫画の事である。メディアファクトリーよりコミックス全2巻が発売されている。
目次[非表示]

概要がね

キュン妻氏がヤンデレ夫との生活を美化200%で描く、“自称”実録漫画である。

登場人物でね

キュン妻

ヤンデレな夫と結婚、二人の男の子を授かり幸せな生活を送っている。
父親が厳しい人だったので、死ぬほど愛してくれるようなヤンデレが好き。

軟禁生活を送っているためか常識に欠ける場面・発言が多々見受けられ、ツイッターなどで度々炎上している。
また、一日に3回漫画を更新することに異常な執着を見せており、義実家に帰省中にも関わらずPCや液タブを持ち込み、義母に「電話をしてくる」と偽ってまで更新するほど。

アダムスファミリーのようだ、と揶揄されるほど色白で華奢とのことだが、アメブロに掲載された本人の写真を見る限りでは至って健康的な肌色・体型である。 

ツイキャスにて、DV被害の相談に対し専門の機関に相談するべき、としたうえで「(DVは)私にはご褒美です、相談にならない(笑)」と発言し炎上した。

夫(けながいたち)

キュン妻の夫。ヤンデレで、この漫画のタイトルの根幹となる人物。
PHP研究所からエッセイ本を出版している。

ヤンデレのはずだが、その実態は性欲まみれでコスプレ好きのモラルハラスメント男である。
自称プログラマー兼ライター。しかし、ツイッターにて連携アプリによるアカウント乗っ取りに引っかかってしまったり、「光悦の表情」を始めとした誤字、誤用が目立つなど、その経歴を疑問視する声も少なくない。

妻への愛を叫ぶブログを更新しているが、その記事のほとんどが妻に対し性的に興奮して叫んでいるだけの下品極まりない内容である。

妻を取り巻く様々な人や物、挙げ句の果てには我が子にすら嫉妬する場面があるが、子供によって妻との性行為ができないことを「やらせねーよ隊」「セコム」呼ばわりしたり、妻が幼い子供にお菓子を買い与えることについて「俺の稼いだお金を男に貢いでいる」と発言するなど、「ヤンデレ」では到底片づけられない父性に欠けた行動や言動が見受けられる。漫画の中ではよく泣く。

長男

キュン妻と夫の息子。キュン妻一家の中で一番の常識人であると思われる。
2017年現在小学1年生になるが、平日休日関係なく、両親のいちゃいちゃタイムの為に弟と20時には寝かされてしまう。

親思いの良い子だが、母親には妄想のネタにされ、父親には嫉妬の対象として疎まれることもある。
結婚記念日のお祝いに外食した際には幼稚園を休ませられない、という教育方針を理由に彼だけ連れていってもらえなかった。

次男

キュン妻と夫の息子。
食べ物で遊んだり、いたずらをして怒られても、キュン妻に対して可愛く振る舞えば「かわいいから許ーす!」と、許してもらえることを心得ているなかなかの策士。

2歳にしてヨーグルトを1日に400g平らげる。

まとめwikiなのである

キュン妻に関する諸問題がまとめられています。
http://www25.atwiki.jp/kyuntama/pages/1.html

関連漫画

大喧嘩した話まとめたもの
日刊ヤンデレ漫画「河原に行きました編」まとめ


日刊ヤンデレ漫画「デート編」まとめ
日刊ヤンデレ夫婦漫画「コメント返し まとめ①」



関連タグ

ヤンデレ 夫婦 人類には早すぎた 作者は手遅れ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤンデレ夫婦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64716948

コメント