ピクシブ百科事典

ヨミ(ネシャン・サーガ)

ねしゃんさーがのよみ

ラルフ・イーザウによるファンタジー小説『ネシャン・サーガ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

ヨミとは『ネシャン・サーガ』において主人公ヨナタンの親友となる青年である。

背の高い痩せた青年。キトヴァールでヨナタンを乗せた「世界の風」号の船長カルデクの養子であったが、ハシェベトを英知の庭へと運ぶヨナタンの旅に同行し、彼の最初の旅の友となる。

関連タグ

ネシャン・サーガ










ネタバレ

元は実の両親と共にダロム=マオスという街で暮らしていた。
ダロム=マオスがテマナー軍に襲撃された際、両親とは生き別れになっている。3巻で両親と再会するまでテマナー軍に殺されたと思いこんでいた。
テマナー軍の将軍としてゼトアを激しく嫌っていたが、親の仇である将軍とゼトアは別人であることを知る。さらに、奴隷として売られた両親をゼトアが保護していたことがわかると、そのことをゼトアに感謝する。

関連記事

親記事

ネシャン・サーガ ねしゃんさーが

兄弟記事

コメント