ピクシブ百科事典

概要

HEROSAGA』のエピソードの一つ「オデッセイ」に登場する古代人。
その正体は、特撮番組『仮面ライダークウガ』に登場する「先代のクウガ」である。2000年前の日本で暴れ回っていたグロンギ族を倒すため、変身ベルトアークル」でクウガに変身し、これを倒していた。
しかしアルティメットフォームには変身できず、当然ながらその片鱗であるライジングフォームも持たない。
の見えないミオのためにリクはクウガとなって戦い続け、遂に最強の敵・ン・ダグバ・ゼバを始めとした全てのグロンギを九郎ヶ岳に封じることとなった。
そしてTV本編では、グロンギが解放されたと同時に息絶えた。享年2000と20前後
本編の回想シーンではクウガのスーツアクターである富永研司氏が先代クウガ(小説版におけるリク)を演じている。

漫画ではこの名は明らかにされていないものの、なんとミイラになってなおクウガに変身して闘っていた五代雄介アークルを見つける前に、九郎ヶ岳から抜け出したズ・グムン・バ最弱フォームであるグローイングフォームで倒すという活躍を見せるが、そこで生命エネルギーをすべて使い果たしてしまい、五代にクウガの力の全てを与え、この世を去った。

劇場版『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』でも九郎ヶ岳遺跡に安置されていた彼のミイラが登場。平成ライダーたちの消失をもくろむスーパータイムジャッカーティードによって2000年1月29日(『仮面ライダークウガ』第1話の放送開始日の1日前)に封印を解かれる。
ティードはリクを介してアナザークウガウォッチを、彼を追ってきたゲイツクウガライドウォッチをそれぞれ起動させ、自身の戦力とした。

このため結果的にではあるが、アナザーウォッチもライドウォッチも原典の作品の主人公からではなくその先代から力を受け取った(奪った)初の事例となった(ちなみに同じく先代のいるオーズは問題なく当代から力を奪っている)。

関連項目

仮面ライダークウガ HEROSAGA
クウガ アークル
グロンギ リント

関連記事

親記事

仮面ライダークウガ かめんらいだーくうが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リク(仮面ライダークウガ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント