ピクシブ百科事典

一式砲戦車

いちしきほうせんしゃ

大日本帝国陸軍が装備した自走砲。本来の名称は一式七糎半自走砲だがこちらの呼称の方が有名。
目次[非表示]

解説

名称について

 この車両は当初、砲兵部隊の兵器として「試製一式七糎半自走砲」または「試製一式自走砲」(以下ホニと表記)という名で開発されていた。ところが、ホニの試作車が完成した1941年頃、戦車部隊側が「改良を加えて砲戦車として採用したい」という意見を提案し、さらに勝手に試験まで行ったため、ホニの所属を巡り砲兵部隊と戦車部隊の言い争いが始まる。
その際、戦車部隊側はホニを「試製一式砲戦車」と呼んでおり、ホニというコードネームもこの時期に付けられた物であると言われている。

「試製一式砲戦車」という名称は、二式砲戦車の前身である試製一〇〇式砲戦車 ホイ(以下ホイ)にも使われている。ホイは1937年より砲戦車として開発が進められてきた車両であるが、ノモンハン事件以降はホイ車を砲戦車として不適格とされるようになる。そして、砲兵の装備として開発が進められていたホニを理想の砲戦車に近い存在とみなし、ホイに代わる砲戦車として運用する構想を立てたことが、上述の砲兵部隊と戦車部隊の争いの発端となったのである。

最終的には、ホイとの比較試験やその後の協議を経てホニ車は、当初の予定通り砲兵部隊所属の兵器、つまり自走砲として生産配備を進められることとなった。
一式砲戦車という名称は、この砲兵と戦車兵との一悶着のさなかに、戦車第三〇連隊側がホニ車を一式砲戦車と呼称したのが大元であり、この争いの名残でもある。
また、この一式砲戦車という呼称は、この後も情報の改定の遅れのためしばらく使われ、戦争末期には戦車部隊の中に砲戦車とは別個に自走砲部隊を組み込むこともあったようで、この自走砲部隊に配備されたホニが戦車部隊側が想定した砲戦車の運用法にいくらか似ていたため、戦車部隊関係者からは「一式砲戦車」と呼ばれることもあった。
(ちなみに、少なくとも一両のホニ車が代用砲戦車としてビルマに配備された。)
また、兵器開発・配備を取り仕切る部署からは砲戦車=対戦車能力が優れた車両全般を指すようになったため、自走砲・砲戦車の区分もあいまいになったことも、一式砲戦車という呼称の方が有名になる原因になったと思われる…多分。

本車の作り

 一式砲戦車は九七式中戦車の車体に直接九◯式野砲を搭載したもので、オープントップの簡単な戦闘室(装甲板の囲い)を持ち、搭載される九◯式野砲は対戦車兵器ではないが装甲貫徹力が比較的に高く、特に大戦中期にM4シャーマンが登場すると日本軍の対戦車兵器では対処困難になったため有力な対戦車砲として活用された。また、大戦初期の突撃砲に似た運用法も想定されていたため正面装甲はチハ車の二倍の50㎜になっていた。

この車両は何なのか

欧米諸国が既存の野砲を自走化し効率と火力を増そうと研究・開発を開始したため日本もこれに倣い
開発研究されたのが本車両である。本車両はあくまでも野戦砲を自走化しただけであり、いわば、自走九〇式野砲といったところであろうか。(後述の一式十糎自走砲も同様である)あくまで野砲なので対戦車戦闘は二の次で、照準器も陣地用のままであり移動目標用の照準器は付いていなかった。

本車の開発はノモンハン事件の直後に始まっており、二年後の1941年半ばには開発が完了した。しかし、具体的な運用法が定まっておらず、さらにアメリカとの戦争が確定したことで航空機重点主義が強まり、既存の機甲兵器の生産に追われたため生産が始まったのは、
アメリカとの戦争が開始されて間もない 1942年頃である(ホニを開発・研究を開始した当初、自走砲というジャンルの兵器はある種、未知の兵器であり、列強でさえ目立った活躍の情報もなく、研究も余り進んでいなかった)。

主砲の九〇式野砲が対戦車戦闘において安価な対戦車砲になりえることは分かっていたので、情勢の変化によりアメリカが投入した強力な戦車の対処に苦慮するようになると、本砲を搭載したこの車両は当初のような野砲的な運用ではなく対戦車戦を意識するようになるのは自然なことだった。それにともない、三式砲戦車に改良されることになるが結局温存され、前線に送られたのは素のホニである。

主砲の対戦車能力

主砲は一式徹甲弾をした場合1000mの距離で厚さ70mm弱の装甲板を、500mでは約80mmの装甲板を100mでは約90mmの装甲板を貫通できた。
これはM4を正面から撃破するにしては不十分な物でした。が実戦では500m前後の距離でM4を正面から撃破したという報告例があり本車両を鹵獲した米軍からも「あらゆる連合減車両を撃破しうる兵器である。」という高評価をもらっている。
(実は本車の貫通性能では、500mでのM4の正面貫通は不可能に近くM4の型式の中でも対弾性能が劣るタイプの車両が相手だったのが原因だったか事実誤認ともいわれ、他にも車体下部の垂直部に命中した、起伏に乗り上げ傾斜が減少していたなど様々な説がある。)

活動

 ホニは、1944年頃に運用法が対戦車用途に変更され、前線へ送られたものの、片ッ端から輸送船が撃沈されたためほとんど戦地に届かなかった。しかしそれでもなんとかフィリピンに届いた機動砲兵連隊所属の
四両が「一式七糎半自走砲」として実戦に参加している。

結局は全滅し戦局には何ら影響も与えなかったが、一式砲戦車は友軍と連携し敵の陣地や車列を攻撃しまくり、輸送トラックを多数、M4戦車を複数破壊したようだ。

この他にビルマの第十四連隊に少なくとも一両のホニが配備されたが目立った戦果は無く、フィリピンでの戦いが本車のほとんど唯一の活躍と思われる。

つまるところ

 ホニは恐怖のM4シャーマンに対して(わりと)積極的に機動して攻撃できる、たいへん心強い車両であったであろう。米軍の本車に対する評価も高い。ただしあくまでも本兵器は即興の対戦車兵器であることは否めず、あくまで本兵器は本質は素早く動ける野砲であるがゆえに対戦車戦闘は苦手であり装甲も限られた箇所しかないため生存性が低かった。
(当然ながら戦場では(対)戦車砲などに直接撃たれる機会より小銃弾や有効距離内で炸裂した榴弾の破片を被弾する機会の方が多く脅威である。)


 派生車両

一式十糎自走砲

九〇式野砲の代わりに九一式十糎榴弾砲を搭載した車両。実戦参加は無し。
歩兵支援用だが主砲の九一式十糎榴弾砲はM4シャーマンとの戦闘においても実績あり。
また成形炸薬弾も用意されており、命中すれば距離に関わらず120mmの垂直装甲板を貫通可。

三式砲戦車

一式砲戦車の密閉戦闘室版。砲戦車甲とも呼ばれ一式砲戦車こと一式七糎半自走砲を対戦車戦の中核をこなせるよう改修した物。
固定戦闘室でもいいからと三式中戦車の代用ともいえる車両で、一式砲戦車とは違い四式十五糎自走砲のように最初から対戦車戦闘を想定した対戦車自走砲であり火力支援車両でもある。戦闘室は旋回砲塔風だが前述のとおり固定式なので絶対に回らない。
実戦参加は無し。

関連タグ

戦車 自走砲 突撃砲 駆逐戦車

pixivに投稿された作品 pixivで「一式砲戦車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16037

コメント