ピクシブ百科事典

三遊亭歌之介

さんゆうていうたのすけ

三遊亭歌之介は日本の落語家。2019年3月に四代目・三遊亭圓歌を襲名。

概要

鹿児島県肝属郡錦江町(旧:大根占町)神川字皆倉出身。
小学校1年生の頃に両親が離婚し、母に連れられて兄、姉と共に夜行列車を乗り継いで当時住んでいた京都府から鹿児島県に帰った。少年時代のエピソードは後に自伝落語『母ちゃんのアンカ』にまとめられた。


高校卒業し1978年(昭和53年)3月に3代目三遊亭圓歌に弟子入りし、前座名『三遊亭歌吾』(さんゆうてい うたご)を拝命。
1982年(昭和57年)5月、二つ目に昇進に際して『三遊亭きん歌』を襲名。
1985年(昭和60年)に若手演芸大賞最優秀二つ目賞、並びにNHK新人落語コンクール入賞。
1987年(昭和62年)5月、落語協会の真打昇進試験を受験して自作の新作落語『寿の春』で合格。
同年10月、18人抜きの大抜擢を受けて『三遊亭歌之介』の名で真打昇進。
2018年4月22日、国立演芸場で行われた「三代目 三遊亭圓歌 一周忌追善落語会」の席上、翌2019年3月鈴本演芸場下席より4代目圓歌を襲名することが発表された。
これは師である3代目圓歌が生前、「圓歌の名跡を歌之介に襲名させたい」と同協会長の4代目柳亭市馬に伝え、2017年に3代目が死去した2017年末の協会理事会で承認を得たためである。

関連記事

親記事

三遊亭圓歌 さんゆうていえんか

pixivに投稿された作品 pixivで「三遊亭歌之介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント