ピクシブ百科事典

凄乃皇・四型

すさのおうよんがた

凄乃皇・四型とは『マブラヴオルタネイティヴ』に登場する兵器
目次[非表示]

概要


XG-70d 凄乃皇・四型 【すさのお よんがた】 SUSANOH 4th

凄乃皇弐型の後継機で、オリジナルハイヴ攻略用。
動力仕様は弐型と同じくML(ムアコック・レヒテ)型抗重力機関。
HI-MAERF計画とオルタネイティヴ計画の混血機。
弐型で実装出来なかった近接防衛能力と通常攻撃能力を付加された真のXG-70。
近接戦闘用の武装が追加(腕部及び脚部)された為に大きさは弐型よりもさらに巨大化し、戦術機の約10倍(約180m)にもなる。
弐型と異なり、ラザフォード場の多重干渉の問題が解決した為、00ユニット以外の常人の搭乗を可能とし、複座型制御によるマルチタスクで00ユニットへの負担を軽くしている。
弐型のネックであった、ラザフォード場の自動制御が可能になり友軍機が近づいても重力偏重に巻き込まれる心配は無い。
抗重力機関による自力での重力圏突破が可能。場の雰囲気にそぐわないとして、桜花作戦の駆逐艦打ち上げシーンからは外された。
また作品中では00ユニットである純夏の意思制御により、味方戦術機の周辺を囲むようにラザフォード場を制御、敵の攻撃からの防御を行うことなども可能なようである。ラザフォード場の多重干渉を最大限に防ぐため、00ユニットである純夏にとって最も大切で守るべき存在である、武と霞が複座で搭乗した。
00ユニットである純夏は別室の00ユニット専用シートにて搭乗した。
弐型の失敗を踏まえ、作戦失敗時及び本機での離脱困難な場合、XG-70dの頭部が展開し、管制ブロックに格納された装甲連絡艇での脱出が可能になった。

前方は砲主兼操縦士席で、前方はシームレスの全球スクリーンとなっている。後方は航空士席。操縦桿の類は存在しない。(リーディングによる管制補佐が役割だったため)

武装


2700mm電磁投射砲/2700mm Electromagnetic Projection Cannon(レールガン)

2門搭載されている(桜花作戦に於いては主機換装による出力不足の為、搭載は見送られた)
2本のレールに電流を流し、発生するローレンツ力によって砲弾を発射する砲。
レールガンの理論自体は古くから存在し、火薬式の砲よりも高速で砲弾が発射できるが、莫大な電力が必要とされる為実用レベルには至っていなかった。しかしラザフォード場生成に伴って発生する膨大な余剰電力を利用しその実現を可能とした。


•120mm電磁投射砲/120mm Electromagnetic Rapid Fire Cannon(レールガン)

8門搭載されている(桜花作戦に於いては主機換装による出力不足の為、搭載は見送られた)
小口径のレールガン。帝国軍技術廠が試作した電磁投射式速射機関砲、通称試製99型電磁投射砲は凄乃皇四型の120mm電磁投射砲が元となっており、ブラックボックス化された機関部を横浜基地の兵器開発部門が技術廠に提供した事が開発成功の切っ掛けとなった。


36mmチェーンガン/36mm Chain Gun

12基搭載されている。(桜花作戦に於いては制御調整の問題があり、6基搭載)
戦術機の突撃砲に搭載されているチェーンガンを転用したもの。当然ながら弾数は戦術機の比ではない。


•小型VLS/Small VLS

36基の発射筒を持ち、12箇所に搭載されている。
対レーザー弾頭、広域制圧弾頭、通常弾頭の3種類のミサイルが発射可能。


•大型VLS/Large VLS

16基の発射筒を持ち、2箇所に搭載されている。硬隔貫通誘導弾頭弾(バンカーバスター)が発射可能。弾頭にはS-11が使われている為S-11弾頭弾とも。
劇中では荷電粒子砲発射と同時に頭上に斉射しているがその場面は描かれていない。


•荷電粒子砲/Charged Particle Cannon

1門搭載されている。
水素原子を磁石の列の中で加速させ、十分な速度を得た所で撃ち出す運動エネルギー兵器。基本構造は弐型と同一のものであろう。
発射時には空気がプラズマ化し、粒子の熱と衝撃によって目標を破壊する。
粒子はレーザーとは異なり質量を持っている為、ニュートンの法則に従い射撃時に反動が発生する。
そのため射撃時には、反動を相殺するラザフォード場を機体後方に展開する必要が有る。


•ラザフォード場/Rutherford Field

凄乃皇弐型と同様、機体制御と機体防御に必要な重力場だが四型はラザフォード場の自動制御が可能になり友軍機が近づいても重力偏差に巻き込まれない様設定し直された。
しかし四型は基地防衛戦の時にBETAの攻撃を多数受けたので、出撃の際は上記の通り兵装艤装が不十分なままでの航行となった。
出力確保は60%が限界とされ臨界運転は大気圏突入と主砲発射直前の2回までと定められた、進軍中規定耐久値を上回る事態が何度か発生したものの、00ユニットの頑張りもあり何とかあ号標的ブロックまでラザフォード場を維持し続ける事ができた。



関連イラスト



別名・表記ゆれ


凄乃皇四型


関連タグ


スサノオ マブラヴオルタネイティヴ 00ユニット 社霞 白銀武 決戦兵器

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 ゲーム セリフ

コメント