ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この狂った世界で生き残るには、ただ善行を積むだけでは足りない
すべての患者が適切な治療を受けられるわけもなき、すべての医者に慈愛の心があるとも限らない。

概要

医師とはIdentityVに登場するキャラクター、サバイバーの一人である。
本名はエミリー・ダイアー。

容姿

初期スキンは医師というよりは看護婦といった服装。
スキン「過去」では看護学校時代と思われる容貌をしている。


性能

外在特質

医薬精通

治療器具を携帯しており、負傷したときに自分で回復できる。
また、治療器具は何度でも使用できる。

医術熟練

些細な傷でも敏感に察知し、49%以下のダメージも治療可能となる。
治療速度が60%上昇し、自己治療する速度が20%上昇する。
また、サバイバー全員の治療速度がそれぞれ5%上昇する。

中産階級

板、窓を乗り越える速度が15%低下する。

荘園旧友

攻撃を受けた際の移動速度上昇時間が2秒伸びる


背景推理

ネタバレを含みます。

注射研修
「願わくば己の能力と判断力の限りを尽くし、患者の幸せを追求するという信条を守り、人に危害を加えるような一切の行為に反対する。」

診療所開業
写真:見た目がずっと若いエミリー先生が、「リディア・ジョーンズ診療所」と書かれた建物の前に立っている。

技術上達
1ページの帳簿:6月から12月までの収支の記録で、この診療所は収入に比べ支出の割合が著しく大きく、赤字だったことを示している。

優れた技術
1枚の名刺:リディア・ジョーンズ、信頼できる産婦人科医師。高級紙に上品なプリントを施したデザインは、名刺所有者の財力を示している。おそらく彼女は苦境を乗り越えたのだろう。

慈愛の心
1枚の告知:水曜日の午前中、ジョーンズ先生はホワイトサンド・ストリート59号の精神病院にて診察を行うため、水曜日の診察時間は午後2時から6時までとする。

誓約
「私は毒薬を他人に渡さないし、使用指導もしない。どんなに頼まれても絶対に渡すことはない。」

一木難支
診療所の広告:ジョーンズ医師は女性の患者様に秘密の医療サービスを提供しているとのこと。何かを隠しているようだ。

真実を隠す
1枚の写真:写っているのは、お腹を空かせた野良犬たちが、リディア・ジョーンズ診療所の外に出されたゴミ袋を引き裂いているところだ。あの中身を詮索するべきではないのかもしれない。

危険を冒す
1ページの帳簿:収入が大幅に増加した。あの広告のおかげなのか、わずか3か月で、診療所は赤字から黒字に変わった。

崩壊
1件の報道:とある婦人がリディア・ジョーンズ診療所にて違法手術を受けている最中に、医師が患者を置き去りにしたまま診療所を去ったとのこと。

遠くへ逃げる
手配書:年齢と顔つきはあまり一致しないが、リディア・ジョーンズ、偽名をエミリー・ダイアーという医師だと見受けられる。


関連タグ

IdentityV 第五人格

コメント