ピクシブ百科事典

主人公天津忠尋の実母。稗田家の出身で稗田御幸の妹でもある。

人ならざる者に近しい息子の存在に恐れを抱き、親子として愛情を示す事ができなかった。結果、母親としての責務を放棄し、数えるほどしか忠尋と顔を合わせた事は無い。
政府においては陰陽頭の重職に就き、主君日瑠子に絶対の忠誠を捧げている。同じく政府機関の平田篤瀧とは旧知の仲で昔から気にかけられていた。

職務を全うする事で、母として女性としても私情を棄て、自分を律しようとする。

関連タグ

朝霧の巫女

コメント