ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

誕生日8月7日
血液型AB型
身長145cm
スリーサイズ68/54/74

公式Twitterより。



概要

新曲『FIRE SCREAM』が流れるセカンドオープニングムービーにて存在が明らかになり、イベントクエスト『Stand_up!_Girl!!』から登場する並行世界のマリア・カデンツァヴナ・イヴ

ゲーム中の表記は「マリア(Another)」。


正史世界では最年長のシンフォギア装者だった彼女だが、どういうわけか外見が10代前半程度になり、髪をツインテールに纏めている。

見た目こそ幼いが、自分の世界の妹などの周囲に対しては年長者らしく振舞おうとしている。(だが、スタイルは年相応気にしてるらしくLOST_SONG編においてIF装者が集まって、トレーニングを行った際、同じロリ体型なのに巨乳なIFクリスを一方的にライバル視している。)

正史世界の自分と妹が会ってすぐなのに息の合った連携で敵を切り刻んでいくのを見て嫉妬したり敵への対応が後手に回りすぎて状況が悪くなって自身の所属してる部隊Appleの基地である船が敵に乗っ取られてその対応が後手に回って責任感から隊長を引退しようとするなどオリジナル同様豆腐メンタルの部分もある。また、2023年8月3日に配布された恒例のマリアバースデー限定メモリアによるとひょんなことから限定ドーナツを買おうとした店で偶然鉢合わせドーナツを買た後、公園で2人喜びながら食べた描写を見るからおそらく誕生日がオリジナルと同じ(8月3日)かつ甘い物に目がない素の面(子供っぽい)面ものぞかせてくれる。

【想像】並行世界のロリマリアさん

使用するギアはガングニール

プロテクターはマントを着用し、カラーリングは橙と白を基調としている。

ギアの形状は響のに近く、色は奏のに近いと言う見た目がオリジナルのマリアよりも別のガングニールの使い手の2人のギアの特徴を混ぜた感じになっている。

アームドギアの槍は本編でオリジナルのマリアが使っていたのとは形状が異なる。


なお、2023年に配布される恒例バースデーイベントにおいて、オリジナルと一緒に

関連タグ

戦姫絶唱シンフォギアXD 並行世界の装者 Stand_up!_Girl!!


マリア・カデンツァヴナ・イヴ

大人セレナ












ネタバレ注意、『Stand_up!_Girl!!』をクリアorイベントストーリーしてから見る事を推奨




















10代前半の姿なのは自分の世界を襲撃して来たウロボロスのある人物により、成長しなくなる呪いをかけられてしまい、その時の姿で固定されてしまった故であった。























更なるネタバレ注意 円環砕く白銀の意志 のイベントストーリーを見るorクリアしてから見ることを推奨































10代前半の姿になったのはウロボロス幹部石屋による仕業であることが判明。

その際に使われたのが運命を変えることが出来る完全聖遺物タルタロス。

円環砕く白銀の意志にて、タルタロスを通じて一時的に奪われていた時間を奪い返し、大人の姿になったが、セレナを人質に取られて結局すぐもとに戻ってしまう。

この際、頭痛など、原因不明の症状が見られたほか、石屋からは「私はあなたがたからは感謝されてしかるべきだ」と意味深な発言があった。


実は、マリアの中にはフィーネの魂が眠っており、順当に成長すればフィーネに意識を乗っ取られているはずだった。石屋の目当てもマリアの運命に含まれるフィーネの魂である。

つまり、この世界のマリアは子どもの姿だからこそ自分を保てているわけで、最終的には年齢相応の肉体になることをすっぱり諦めた。

石屋には皮肉とも取れるような礼を言っており石屋も自分の目的のためにしたためだと言って返していた。


ちなみに大人化した際はツインテールを結った本編のマリアそのものの姿になっているが、キッと口を結んだ際の表情が本編のマリアはおちょぼ口、平行世界のマリアはへの字口になっている。

関連記事

親記事

並行世界の装者 へいこうせかいのそうしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362832

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました