ピクシブ百科事典

宇田海深祐

うたがいしんすけ

裏切りが…世界の本質。
目次[非表示]

需要

虚ろな目つきをしており、細身。
天地研究所通称アマケンに勤めている。

流星のロックマン1では

元々NAXAにて働いており、優秀な科学者と評判ではあったものの、小さいころから勉強の毎日であったため他人との接し方がわからず、一人ぼっちで普段は生活していた。
しかし当時彼の上司が優しい態度で接してくれ、信頼の証「ブラザーバンド」を彼は初めて結ぶこととなる。
だが上司の汚い作戦で宇田海は彼が熱心に考えていた発明アイディアをほとんどそっくり盗まれてしまう。この事件がきっかけで心の底から人を信じることができなくなってしまった。
そして事件がきっかけでNAXAを辞めた後は天地研究所で働くのだが研究所長の天地守は彼のことを心から信頼しており、宇田海を自分の助手としている。しかし彼は相変わらず過去の傷が痛み天地を信じることに抵抗を感じてしまった。このときの隙を電波体「キグナス」につかれてしまう。
そして(単なる自分の誤解で)天地に裏切られてしまったと思い込み、天地に「罰」を与え死ぬざまをじっくりと見学することにした。
しかしロックマンと戦い敗北。天地が間違いであるということの主張にも耳を貸さずに「(疑似)宇宙空間にて宇宙服のヘルメットを脱げ」と言う。「自分が(疑似)宇宙空間内に酸素を散布した」という言葉を信じてもらえるかを見ていたのだが天地はいとも簡単にそれを信じ、そのうえでの説得に負け自分の意志でキグナスを葬った。

流星のロックマン3では

1での事件を反省し、その後はWAXAに就職。様々な研究を行っている。
キグナスを再構築し自らの意思で電波変換できる。ちなみにバトル可能。

キグナス・ウィング

白鳥座を象った姿。羽が付いており、浮いている。

登場作品

流星のロックマン1
流星のロックマン3


声優

森訓久



この記事のカテゴリ

天地守 流星のロックマン キグナス キグナス・ウィング 宇田海

pixivに投稿された作品 pixivで「宇田海深祐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147

コメント