ピクシブ百科事典

後藤さくら

ごとうさくら

後藤さくらとは、『メダロットガールズミッション』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:青木志貴
後藤さくらとは、『メダロットガールズミッション』のキャラクター。

ナニワMR塾1号生。
門下最強のロボトルセンスを持つ彼女だが、人に対しては心を閉ざし、バディ坂田リコともまともに話すことができない始末。
さくらのメダロットカネハチまーく2」は、そんな彼女たちの仲を取り持つのに苦労を重ねている。

ロボトルの傾向

メダルはトータスメダル。性格は敵の設置パーツ命中時にクリティカルを発生させるリムーブ。
頭部のみ設置パーツというエネミーは多いので、その手のエネミー相手なら
敵のオーガマキシムレベルを上げずに頭部にだけ大ダメージを与えられる可能性がある。
メダフォース
【ソニックショット】・・・トラップを含む複数のターゲットに回避困難な高速弾を撃ち込む。
威力はかなり低くオブジェクトに対しては非貫通と、あまりダメージ源としては
期待できない。メダルの性格と合わせてトラップの除去が主な用途となるだろう。

むしろ重要なのは、メダフォーズゲージのチャージ時間の短さの方で、光学が得意とされた
トータスメダルらしく、レーザー系やビーム系の威力を短時間で底上げできる。
メダフォースは使わずに光学パーツの火力を維持するのも手。
どうしてもメダフォースで戦いたい場合は、メダチェンジ機体を使うとよい。

バディとしての後藤さくら

多脚タイプで平地・水中に対応している。メダリアは脚部装甲改。装甲は全体的に高め。
バディの中では唯一のホールド格闘持ち。というかホールド格闘オンリーである。
充填数を1にする効果があり、ガトリング・完全ガードに対して特に有効。
手数も多く純粋な攻撃特化型である分、アタックブーストで支援すると戦闘要員として活躍する。
ホールドを維持したいなら移動力(脚部充填)の維持も兼ねてサイクルブーストでの支援が有効。

メダフォースが低威力なので、追い込まれてオーガマキシムレベルが上がっても
メダフォースによる逆転は期待できない。トラップ要員への対策としては有効か。
頭部が攻撃パーツなので機能停止直前まで、まともな火力を維持できる点は強みと言える。

関連タグ

坂田リコ カネハチまーく2 コミュ障 隠れ巨乳 ロリ巨乳

関連記事

親記事

メダロットガールズミッション めだろっとがーるずみっしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「後藤さくら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 567

コメント