2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

動画説明文

或る日、気がつくとそこには当たり前の様に彼女がいた。
彼女は自らを「Rangge Poppel」と呼んだ。
猫が厭味ったらしく笑っている様に見えた。
「遊びましょ」彼女は言った。
ああ、そうか。それなら私はアナタを受け入れよう。

関連動画リンク

【オリジナル曲PV】恋人のランジェ【初音ミク】

関連イラスト

彼女は自らを「Rangge Poppel」と呼んだ。
イスに座る君に幸せを



関連タグ

VOCALOID ハチP 初音ミク

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「恋人のランジェ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「恋人のランジェ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131449

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました