ピクシブ百科事典

朔之進

さくのしん

千邪の封魔師に登場する人物。

概要

千邪の封魔師の主人公の青年。

物語冒頭で、白爛丸の封縛に成功する。
幼い頃に記憶喪失になり、行き倒れていたところを草雲師範に拾われ橘一門に弟子入りした。
現在は旅回りの封魔師として、各地で妖魔退治の依頼を引き受けている。

腰ほどまである髪をポニーテールにしており、その中性的な容姿から、女性に間違えられることが多々あり氷牙鬼からは別嬪とすら言われた。白爛丸曰く「男のクセに女みてえな弱くせえツラ」。

本人も白爛丸の封縛を「運が良かった」と認識しているなど、封魔師としては力が弱いとされているが、高度な技量を要する「解封」による戦闘ができることを赤羽に驚かれる・妖魔の心を癒すなど、秘めた実力があることも示唆されている。

年齢は、だいたい17才(五話では15才くらい)。(作者ブログより→http://chumaru.blog.jp/archives/14608989.html


ネタバレ注意!











彼の父親は桃山進太朗(総本山に逆らい処刑された当時最強の封魔師)だと言われていたが、実は橘 草雲だった。
送り子にされるところだった朔之進を桃山、草雲、萩原たちが助け出し、桃山が命と引き換えに朔之進を草雲に託す。
その後、草雲が朔之進の腹の中に忘○鬼を貼って幼い朔之進の記憶を消し、拾い子ということにして道場で育てた。

pixivに投稿された作品 pixivで「朔之進」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7959

コメント