ピクシブ百科事典

枕狐

まくらこ

枕狐とはpixiv及びtwitterで活躍している絵師である。
目次[非表示]

概要

同人サークル「カルカリアス」に所属する絵師であり、同人商業問わず活躍している。
過去の名義はcercis→Mik-cis→cis→みこちんぎつね→まくら狐→枕狐(狐乃枕狐)→怠(?)。
電撃文庫「サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣―」の挿絵を担当している。

Twitterでの問題発言

絵師として活動する裏では、Twitterでかなり攻撃的な言動をしており、酷いときには全く一貫性を欠く発言すらする。

例 

・東方絵師として活動していた時期に「艦これを知らない」と発言し、「艦これ関連をNGにするとスッキリする」「艦これ垢はスパブロする」などの攻撃的発言を繰り返した後「ゲーム自体は好き」と手のひらを返し、これらの発言をしたことを「悪質なデマ」とした。

・東方関係で受けたイラストの仕事を直前で放棄し、その結果依頼者側に急遽イラストレーターを変えさせた。ちなみにこのとき枕狐アカウントにて別の仕事を受けてそちらは完遂したことも併記しておく。

・そして艦これに熱中した結果出す予定だった東方の新刊を放棄、それについて愚痴ったファン(以下S)をエゴサして噛みつき、言い負かされたら被害者ぶり、自身のファンを利用した攻撃や住所及び本名の特定を試る。しかもこれと同様の案件を何度も繰り返し、挙げ句の果てにSに対し訴訟する、弁護士に相談していると脅迫を繰り返した。

・そのSに対し「無産」と発言した結果、相応しくない言動だとして炎上するも「燃やされたところでたいしたことない」「もっと炎上させてみろ」と挑発を繰り返す。さらにこの炎上は前述したライトノベルの発売からすぐの出来事であり、その結果作品のAmazonレビューに非難が殺到、枕狐の性格だけでなく挿絵の出来も酷い事から作品全体の評判を大きく落としてしまうが作者への謝罪はしておらず、続編も現在告知されていない事から作品自体が打ち切りになった可能性も十分高い。

・と、思えば突如精神的苦痛を理由に入院し、相方を通じて入院期間や病状の報告したのだが、後の本人の言動と全く合わないものであったために批判集中。その後その相方に罪を擦り付け、サークルから除名した。

・その上、二回目の入院では、スマホ禁止である病院であるにも関わらずtwitter上で入院生活を実況したり艦これイベント海域の実況を始めた(これも矛盾まみれ)挙げ句外泊許可が下りたときに病院を「脱走」したにも関わらず一切の御咎めがない上に例大祭を無断欠席する。

・さらに一連の騒動に加え「他人に合法的に嫌がらせをするために絵を描いている」という発言をした挙句、それに苦言を呈した絵師に対し引用RTで晒した上で「こいつの触ったキャラはうんこ臭いから触りたくない」「犯罪者の素質がある」「(この絵師は)絵師を批判して人気を得ようとしてる」と特大ブーメランを放った。後に修正を図るも主張に一貫性がなく、双方の絵師のファンから大バッシングを受ける事態となった、なお一切の謝罪をしていない。

・突如遊戯王の二次創作に手を出した枕狐に対して、悪評を知っているファンが苦言を呈したのをエゴサして引用RTで晒し上げる。さらに「悪い噂ばかり聞く人が自分の好きな作品に手を出すのは嫌だ」という趣旨を「新参が入ってくるのを嫌う古参オタ」という風に曲解した挙句支離滅裂な反論と暴言を繰り返し、最終的には枕狐に賛同する他者のツイートを引用RTで送りつけるというあまりにも悪質な嫌がらせでアカウント削除まで追い詰め、その後も反省するどころか煽る言動を繰り返し、最終的にはこの出来事に苦言を呈した第三者すらも煽った。

・そして最終的にはそれらの人物に責任転嫁し晒した挙句、それらを原因にして長年延期を繰り返していたシリーズ物の東方同人誌の打ち切りを発表した。

・自らを東方ルナシューターと自称していたが、ひまわり妖精を大妖精と呼ぶという致命的な間違いを常識だと言い放つ。直後に指摘されると逆ギレした。

・コミックマーケット(C90)に参加し、東方新刊及び艦これ新刊を出すと発言。しかし、当日に一切の告知もなく欠席し、スペースには青紙が貼られていた。その翌日になって謝罪よりも前に「チケットは一週間前に返納している」と言い訳とアンチへの挑発を行った。なお、同時に「メロンブックスに委託交渉を行う」と発言したものの、2017/3/31現在どちらも委託されていない状態であり、そもそも完成してないのでは?という疑惑も上がっている。

・本垢にて「六人から嫌がらせを受けている」「疑惑の仕事はしっかりとやっている」として六名のアカウントを晒し「(前述したファンとの)裁判でも有利になる」とまで発言したが、晒した中には後述するなりきりアカウント騒動にのみ言及したアカウントが入っていたこと、同時に受諾のメールのスクリーンショットをアップロードしたことを問題視され、枕狐はひっそりとツイートを削除し黙秘を続けている。

・2/1には、「Sへの興味がなくなった」と発言したと同時に、過去に行なった問題行動についての謝罪やSとの訴訟に対する和解交渉を全て夫である相方が独断でやった事だと言い訳、相方と争うと発言したと思いきやまたSに対し訴訟すると意味不明な行動を取った。なお、枕狐本人は過去に「訴訟は親に委任した」と発言しているため矛盾が発生している。

・さらに最近では刀剣乱舞の絵描きアカウント、「なまこUC」が枕狐ではないかという疑惑が浮上。疑惑について黙秘を続けており、絵の描き方や塗り方・筆跡などが全く同じであることや枕狐に関係してる絵師含むアカウントを無言でブロックしている事などから同一人物である可能性が極めて高かったのだが、ある日、「枕狐となまこUCは同一人物であり危険である」と確かな証拠があるまとめを拡散した人物に対し「指摘は間違いでありそのような感覚で動かれると非常に迷惑」と発言し、相手の参加するイベントを晒すなどの脅迫に近い行動を取ったが、相手に論破されツイートを削除、またまとめを拡散した人物からも反撃を食らった。その際最も肝心な部分であったなまこUCとの同一人物疑惑についても完全に黙秘したため、なまこUCが枕狐である事が確定となった。

・2017年6月9日夜から10日早朝にかけて、枕狐アカウントにて「ことの経緯を説明する」「(説明中において)被害者だという主張はしない」などと発言した。が、ことの経緯の説明自体に悪意のある改ざんがあり、また、上記における東方のイラストの仕事を急遽キャンセルした件、ライトノベルの発売日直後に騒動を起こした結果その作品をお蔵入りに追い込んだ件については一切言及がない。それだけでなく「事件にかこつけて個人情報を要求してくる」として事件を追及してきたアカウントを晒した。が、これも大きな事実誤認を誘う文面であり、一連のツイートは全体的に自分の擁護にしかなっていない。

・2017年10月10日、枕狐は本垢にて再び一連の問題について言及を行ったが、そのアカウントが実際には行っていない行動をさもやったかのように言ったり、「批判者の発言はデマである」と発言したりし、その上で自分が
した言動については全く言及しなかった。その上で、今まで自分が攻撃してきた相手同士の関係を事実無根の物言いで不当に貶めた。

・また、上記日時においては「(今まで争ってきた)相手の批判で疲れた」として、pixivアカウントを削除したことも報告している。

・2017年11月9日、旧なまこUCアカウントにて「デマを広げられている」「既に過去の行動については謝罪した」と発言した。しかし、「デマ」の内容には事実から若干恣意的な編集が見られ、過去の行動に対する謝罪は実際にはほんの一部であったし、またその直後に攻撃を行っていたのを、まるで全てに謝ったかのように見せかけている。

・2018年2月16日、旧なまこUCアカウントで、「自分の個人情報が書かれた張り紙があった」として写真を公開した。この張り紙は確かに犯罪であるが、しかし、何の証拠もないのに「以前注意喚起を流した絵師と人物」を犯人であるかのように書いたり、またその中でその行動を一部脚色した。

・2018年2月21日、旧海鼠アカウントが突如として凍結され、新アカウントを立ち上げた。その際に「謝罪」として16日の件のミスリードについて「(絵師さん)はビラを貼った犯人ではありません」と訂正をしたが、注意喚起周りの出来事についてはミスリードを直さず、その後ある一つの注意喚起を行っているアカウントに対し「注意喚起をやめなければ(絵師さん)に直接謝罪しに行く」と発言した。その上、22日にはその絵師の住所と思われる地名を挙げるなどの行動に出ており、脅迫ではないかとの批判が出ている。

問題行動まとめ

関連タグ

東方project 艦隊これくしょん
pixivユーザーの絵師一覧

コメント