ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

誕生日 1799年6月26日
血液型 O型
星座 蟹座



概要


CV:小原乃梨子

江藤蘭世江藤鈴世の母親。江藤望里(えとうモーリ)の妻。江藤椎羅は人間界の名前で、本名はシーラ=クレリー。作中では「シーラ」と呼ばれている。

狼一族の名門クレリー家の令嬢。吸血鬼であるモーリと種族を超えた駆け落ち結婚をした。ちなみに娘・蘭世はモーリの吸血鬼の力、息子・鈴世はシーラの狼の力を受け継いだ。

種族は狼女で、狼に変身したり、雨や雷を操ったり、他人の夢の中に入り込む能力を持っている。満月の夜には、シーラの意志に関係なく狼に変身する他、怒ると耳と牙が生える局部的な変身をする。そのため、怒るとかなりの迫力を見せる。その迫力は、サンドたち魔界の使者がびびって帰ってしまうほどである。
また、蘭世の様子を見に行ったシーラ(狼形態)が俊に襲いかかり、その結果、俊をかばった蘭世に噛みついてしまい、蘭世を昏睡状態に陥らせたこともあった。


普段は専業主婦をしていて、子供のしつけには厳しい教育ママ。蘭世がテストで0点をとったと知ったときは、蘭世のお尻を叩くなどしてお仕置きしていた。

スレンダー体型でウェーブのかかったロングヘアーの美女だが、性格は短気でやきもち焼きでヒステリック。モーリとはしょっちゅう夫婦喧嘩をしているが、夫婦仲はとてもいい。いわゆる「喧嘩するほど仲がいい」夫婦である。


最初は、自分が種族を超えた駆け落ち結婚した苦労と経験から、蘭世が傷つくことを恐れて人間への恋に猛反対する。魔界の王子アロンが蘭世を好きになって江藤家に居候したときは、アロンと蘭世の結婚を画策する。蘭世とアロンをくっつけることに夢中になって、アロンが惚れ薬を使って蘭世を操っていたことにも気づかず、その計略を妨げたモーリからは「母親のくせに娘の異常に気付かないとは…」とあきれられて喧嘩になったこともあった。

だが、次第に考えを改めるようになり、俊が蘭世が人間でなくても受け入れてくれるならかまわないと、蘭世の恋を応援する考えになっていた。




番外編『江藤望里の駆け落ち』ではヒロイン。少女時代のシーラ(人間状態の姿)は蘭世によく似た美少女だった。狼一族の名門クレリー家の娘でいわゆるお嬢様。しかし、生まれてからずっと半狼人間状態だったことで、狼族では白い目で見られて村八分にあい、祖母・羅々だけが唯一の味方だった。モーリと出会い、互いの種族の壁を越えて惹かれあう。やがてモーリの愛でシーラは半狼人間から人間の姿になる。

人間の姿になったシーラの美しさに手のひらを返した周囲によって、シーラはモーリと引き離されるが、一緒に逃げ出して人間界に逃亡。モーリが人間界に作っていた隠れ家で、一緒に暮らすようになる。

しばらくした後、魔界に所在が明らかになってしまうが、魔界の王が結婚する祝い事の前だったことや、モーリの祖父とシーラの祖母(羅々)が代わりに罰を受けて封印されたことで、恩赦としてモーリとの仲を許され、モーリと一緒に魔界への入り口「あかずのとびら」の番人としての役目を与えられた。

その後はモーリとよく夫婦喧嘩をしつつも仲良く暮らし、蘭世と鈴世をもうけた。



関連タグ

ときめきトゥナイト 江藤望里

pixivに投稿された作品 pixivで「江藤椎羅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215

コメント